読書

我思う

Knockin’ On Heaven’s Door – 天国の階段

【所感その1】 ビートキッズの試写会が当たったけど、 これ以上早退していいのか俺。 >もちろんOK 【所感その2】 sakusakuが面白い。神奈川テレビで放送されている増田ジゴロウで有名な番組だが、あのなんともえないファミレストークに似た感覚にはまっている。木村カエラさんが好きになってきた。 【所感その3】 auのW31KのCMの曲「COME B...
我思う

2万円の図書カード

会社より2万円の図書カードをもらった。というわけで、ほしい本をたくさん買ってみたのだが、ハードカバーを買うのはとても久しぶりだ。庶民派藤原としては、文庫になるまで待つのがセオリー。 贅沢をしてごめん。 人に教えてもらった「ダ・ヴィンチ」という本を紹介する雑誌をはじめて買ったが、ものすごく読んでいて楽しい。これから購読になりそうだ。 ねらい目は村上春樹さんの...
我思う

三国駅

aikoが「三国駅」というCDをリリースしたらしい。 なぜに三国駅なのだ? と取り乱してしまったが、彼女の学生生活の思い出の場所らしい。 歌詞に出てくるボーリング場って「アルゴ」のことか? なんてふと懐かしい地元を思い出してしまう。 北大阪に行くには、阪急を利用するか御堂筋線を利用するかの2つがメインだ。 三国駅は阪急にのって宝塚方面への電車に乗り、淀川を...
我思う

ドラえもんの最終回

ドラえもんの最終回に関する都市伝説を読んでみたのだが、 びっくりするぐらい泣ける内容だった。 都市伝説ということで本当の最後ではないのだろうが、 「うぉ?!!!」と叫んだぐらいいい話なので、ぜひお勧めしたい。 (参考)ドラえもんの最終回 日本人でドラえもんをしらない人間なんているのか?というぐらい 愛されているドラえもん。誰もがドラえもんが欲しいとおもったり...
我思う

優駿

(写真)コンタクト置き場。このシリーズの商品にくびったけです。 最後のレース描写ではテレビ中継よりも鮮明に頭の中に浮かび、 電車の中で「おおー!」といってしまった。 競馬の世界はそんなに甘くない。 夢だ希望だというものも、宝くじ以上に難しい賭けでしかないのだ。 それでもおんまはぱっぱか走る。 その姿に感動してしまうのだった。 優駿 宮元輝
我思う

VERTIGO

U2は「With or without you」ぐらいしか聞いていなかったが、 新曲である「Vertigo」はすっごくよい。 これを聞きながら仕事したり、夜の道を帰ったりすると、なんかとても体が軽くなる。 ヴォーノの歌声もさることながら、軽快なギター音は初めて聞く人でもたまらなくなると思う。 Vertigo(めまい)にあわせて、バリバリのりにのって駆け抜け...
我思う

大河の一滴

私たちは泣きながら生まれてきた。 By シェークスピア リア王より 世の中は結構シンプルである。 ・誰かがやってくれると思っている人間。 ・誰もやってくれないからやれたっぽくする人間。 ・俺がやろうという人間。 俺は笑いながら死にたいぞ。 大河の一滴という本を読んでいるが、僕にとってとても面白くない本だった。 小説だと思ったけど、サクセス本、人生本というも...
我思う

人間の証明

母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね? 西条八十の詩集の一言で有名な「人間の証明」。 ある黒人がなぞの死をとげる。 棟居刑事は被害者の過去を追い、日米同時で捜査が行われることになるが、 その結末は、意外な事実で幕を閉じることになった。 人間を証明することとはどういったものだろうか? 「人は殺してはいけない」、「年寄りを大切にする」といった、たくさんの規律...
我思う

最後の一葉

オー・ヘンリー(O.Henry 1862-1910)の短編集はとても面白い。 著者の人間性がとてもよく伝わってくる気がした。 アメリカを舞台としたショートショートは、心を暖かくしてくれ、時にブラックなユーモアで包み込む。 解説に書いてあったが、ヘンリーの生涯は安定したものではなかった。 アル中になったり、警察に捕まったり、事業に失敗したり、、、 トホホ・・...
我思う

賢者の贈り物

(写真)おいらはヘタレだから何にでも頼っちゃいますよ。 このサイトのタイトル「賢者の贈り物」という名前はO.ヘンリーの短編小説から取ったものです。 あるところに貧しい夫婦がいました。 クリスマスの日。 妻は自分の髪を売り、夫の為に時計の鎖を買いました。 夫は時計を売り、妻の美しい髪のために綺麗なクシを買いました。 このサイトのタイトルにある「賢者」とは僕の...
我思う

インザ・ミソスープ

(写真)渋谷センター街 ぶんぶんと僕の周りを飛び回っていた。 やがて、膝のあたりで小さく旋回し、2?3度着地を試みるが失敗する。 4回目にやっと、ハーフパンツの端っこにつかまるようにしてとまった。 僕はそっと左手を持ち上げ、ゆっくりした動きから突然スピードをあげるようにして、足元の蚊をつぶした。 パン!という肌を叩くかすれた音がして、手を止める。 そっと手...
我思う

ハイウェイスター

(写真)言葉なんてねぇ。 今日は20時ごろから雨が降るらしい。 でも、そんなこと気にせず、遊びに出かけた。 あと10分早ければ、橋の上ですごい景色が見れたかもしれない。 雲が流れている。 今日の収穫は映画のチラシ。 家に帰ったら壁に貼ろうと思った。 帰り道。 Deepest Purple: The Very Best of Deep Purple - De...
我思う

ひとつだけ

(写真)本日の作品です。花を運んでいます。 いきなり喉が渇く。 空を覆っていた雲の隙間が、どんどん広くなり、 目を開けることすら許されないぐらいにまぶしい。 03.Brand New Wave Upper Ground ASIN:B00005G4SK バイクに乗り、ベイサイドマリーナへ直行。 止まるとうだるように暑く、汗がどっとにじむ。 エンジンからは空気...
我思う

Sign

(写真)タバコ・鉛筆・切符・時計・携帯置き場の完成。もちろんレゴです。 「ありがとう」と「ごめんね」を繰り返して僕ら 人恋しさを積み木みたいに乗せてゆく 寮と言うものはとてもやっかいなもので、 「エアコンの清掃」という名目で、自分のいない時間に 知らない人がはいってくるらしい。 ありえない。 僕のポリシーとして、ベッドは男子禁制である。 へたをすれば、部...
我思う

Can’t Help Falling In Love

(写真)今のお気に入り。 Can't Help Falling In Love Hi-Standard - Love is Buttlefield(ASIN:B00004TAJL)より 俺の感情論。 求めている自分がいる。 罪に後悔する自分がいる。 助けを求める自分がいる。 だからどーした。 人にどう見られるかが問題だったら、俗に言われる普通の人生を 考え...
我思う

This is Love.

(写真)大好物。この夏は冷蔵庫いっぱいにしてやる。 友人によく聞くこと。 今の彼女とまったく同じ性格の人間がいたとする。 そして、今の彼女よりもっと美人、もしくはかわいい子が 現れたらどっちを選ぶ? ってきくと、みんな答えは様々。 圧倒的なのは「かわいいほう」を選ぶこと。 やっぱそうなのかな。 いまいち僕にはそういったことがわからない。 損か得か考えるのは...
我思う

鉄コン筋クリートと私

「心配するな、シロ。俺たちは誰にも壊されたりしないよ。みんなポンコツばかりさ。」 自己防衛。 その為に僕はいろんなことをしてきた。 すべては自分が生きるため。そう割り切って。 クロの心はカチンカチンにかたまり、傷がつかないほど 固まっている。 これもまた、この街で呼吸する上で必要なのかもしれない。 「人の事いっぱい傷つけたり、嘘ついたりしたときね。シロ、神...
我思う

Surrender つよがり ロードムービー

とっとと片付けた仕事も、無気力な自分には関係ない。 嵐の前触れか、大きな雲が今日は多い。 Mr.Childrenのアルバム「Q」を聞きながら、帰りは歩いた。 「Surrender」 「つよがり」 「ロードムービー」 が心にのこった今日。 歌詞が響くんだな。 教えてくれてありがとう。 「死んだもん」だと思ったときに、こんな風景が見えた。 ユナ...
我思う

鍵をかけない 口笛

■ 鍵をかけない 22:08 (写真)切符。お前いい色してんな! 家にいるときに鍵はかけない。 風呂はいるときとかはべつだけどね。 誰かが入ってくる予感を味わいたいだけかもな。 なんかを待っている。 だから今日も鍵をかけていない。 今日はなぜかビールを飲んだ。 「オレンジデイズ」見ながら飲んで、顔が熱い。 たまにはいいかも。今日はのどごしを味わっている。 ...
我思う

木更津キャッツアイ AM11:00

■ 木更津キャッツアイ (写真)また夏が始まる 夜中に木更津キャッツアイの1巻とMr.Childrenのアルバム「Q」を借りた。 シザーハンズは迷ったけど今度にしよう。 なんかおとぎ話のような物語。 けだるい感じ、なんでもない風景。 木更津いってみたくなった。こんど写真取りにいこ。 週末の楽しみが増えたな。 無意識の中に、新しいものが入っている。 好きなも...
タイトルとURLをコピーしました