エンジニアの心

従来型は登山、アジャイル型はテトリスのようにプロダクトを作るという話

アジャイル開発の導入支援を行っていると、従来型の開発とアジャイル型の開発の違いを必ず説明している気がしています。今回は、その説明でよく使っている例えである「登山」と「テトリス」について解説します。
我思う

マッサージガンREBIVE(リバイブ)買ったら整体行かなくてよくなった

コロナ禍でジョギングをするようになり、今では週に20キロ走っています。走っているとだんだん疲れがたまり、ふくらはぎの上部分に痛みが出てきました。整体に通ってもなかなかよくならなかったのでマッサージガンREBIVEを試してみました。
我思う

オミクロンが強いので横浜旭区でネットスーパーを比較してみた

コロナになって、一番健康な僕が週に2回スーパーの買い出しを担当していました。登山用ザックを背負ってのまとめ買いはいい運動になりましたが、オミクロンで一家全滅するのをできるだけ避けたいので、ネットスーパーを活用することにしました。僕が住む地域は「楽天西友ネットスーパー」、「イトーヨーカドーのネットスーパー」、「イトーヨーカドーのネットスーパー」の3つ...
我思う

国際コーチング連盟のアソシエート認定コーチ(ICF ACC)に合格したので道のりや申請手順をまとめておく

スーパーアジャイルコーチとして働いている手前、その質を高めるために国際的なコーチング団体であるICF(国際コーチ連盟)の認定資格「アソシエート認定コーチ(ACC)」を取得しました。最短で半年から1年ぐらいかかる、なかなかヘビーな資格でした。今回は合格までの道のりや申請手順をまとめてみます。
エンジニアの心

モニターアームは高いけど使いはじめるとやめられないやーつ

パソコンを使った仕事をしています。リモートワークが主流になり、パソコンの前に座る時間も長くなりましたが、大きなモニタとそれを支えるモニタアームはとっても便利です。モニタアームって、ちょっとお高すぎるんですが、一度使うとやめられなくなる魅力があります。
旅に出る

京都「unknown kyoto」でワーケーションしてみた

京都にあるUNKNOWN KYOTOでワーケーションをしてきました。ここは元遊郭建築を改装した複合施設で、宿泊施設、コワーキングスペース、レストランと、全部が揃っていて快適に過ごせます。
旅に出る

糸島でワーケーションを試してみた

奄美大島に続き、糸島(正確には福岡市西区らしい)でワーケーションを試してみました。今回は、昔の職場の後輩とその友達の3名です。
エンジニアの心

テスト自動化の次はデータとインサイトの時代へ。mablをBigQueryに統合する

mablはカバレッジデータなどをグラフィカルに表示し、人間に「インサイト」を与えます。 mablの「Experience Japan 2021」というイベントのキーノートで、mabl創業者兼開発トップのDanと、アトラシアン者のPOが「データとインサイト」について話しているのを聞いて、テスト自動化というものを次の段階に進めるとそうなっていくんだろうな...
旅に出る

ふと百名山に登る。2021年の登り納め第6座は「丹沢山」。そして蛭ヶ岳ピストンへ

今年の登り納めは、自宅から近い百名山「丹沢山」です。近くの高台から見える山。でもせっかくなので、今回は蛭ヶ岳までの22キロを日帰りピストンで挑んでみました。結論を言うときつかったです。
旅に出る

ふと百名山に登る。第5座は「筑波山」

家族を連れて筑波山に登ってきました。筑波山はロープウェイで頂上付近に登れる山です。僕は科学とテクノロジーの力を信じているので、全部自分の足で登るつもりなんてないさー。
旅に出る

ふと百名山に登る。第4座は九州の「祖母山」

阿蘇山は噴火で登れなかったので、二日目は祖母山を目指します。一の鳥居登山口までしか車で入れないので、そこから北谷登山口までウォーミングアップを兼ねて歩きます。
旅に出る

ふと百名山に登る。第3座は九州の「九重山」

山の漢字の元になったような山だ。 九州に仕事でいったので、ついでに九州の百名山を登ってきました。まずは九重山です。
旅に出る

ふと百名山に登る。第2座は「天城山」

自宅で筋トレ、定期的なランニングを続けてこれたので、その成果を試すために登山をはじめてみました。日本にはたくさん山があるので、とりあえず百名山を登ってみます。富士山は登ったことがあるので、ふたつめは比較的近場で難易度の低い天城山です。
旅に出る

PICA富士ぐりんぱ テントサイト電源無(グリーン)で、子供二人と俺でキャンプは激務だったよ

雨が振りそうなので、避難場所としてタープを先に張りました(写真真ん中付近)。この後、土砂降りとなります。 PICA富士ぐりんぱで、娘と息子と僕でキャンプをしてきました。娘がテントを張ってみたいというのでテントサイトを利用しましたが、ついた瞬間からの土砂降りでかなりのハードキャンプとなりました。
我思う

ICLで視力を矯正してみた

Photo by Adrian Gordon on Unsplash もう30年以上メガネとコンタクトのお世話になってきましたが、40歳過ぎて人生の折り返し地点だし、これからはできるだけ不便なものを取り除こうと思い、ICLの手術を受けてきました。
我思う

卓球アドミニストレーションチームとしてパラリンピックボランティアに参加してきた

死ぬまでにやりたいこととしてあげていたオリンピック・パラリンピックボランティアが終わりました。去年と同じく2021年の夏もどこにもいけなかったけど、このボランティアの経験は、新しい世界が広がるような経験になりました。
エンジニアの心

mablはメールに添付されたPDFのテストができる

たとえば、ユーザ登録の場合、メールが送信されて、そのメールにあるURLをクリックしてアカウントをアクティベートする・・・なんてことがありますが、前にも書いたように、この一連の流れをエンドツーエンドテストとしてmablは実行できます。さらに、mablは添付されたPDFのバリデーションも可能です。
エンジニアの心

アジャイル・DevOps時代におけるQAエンジニアのあるべき姿

Photo by Antonio Janeski on Unsplash 最近、話す機会が多くなった「アジャイル・DevOps時代のQAエンジニアのあるべき姿」について書いてみようと思います。
我思う

フリートドライバーとしてオリンピックボランティアに参加してきたよ

大会関係者(各国のオリンピック委員など)を送迎するフリートドライバーとして、オリンピックボランティアに参加してきました。初日は散々でしたが、だんだんボランティアというものがわかってきた気がします。
我思う

オリンピックボランティア輸送局フリートチームの初日に参加して散々だったよ

今日はオリンピックボランティア初日でした。↑のようにやる気はまんまんです。が、実際に行ってみるとやることがなかったので、1時間で帰ってきました。
タイトルとURLをコピーしました