エンジニアの心

エンジニアの心

Apache2.0.55のworkers2.properties

Apache/ApacheとTomcatの連動で必要となる「mod_jk2」の設定ファイル。mod_jk2をダウンロードすると、confフォルダにサンプルが入っている。 サンプル #共有メモリの定義info=Scoreboard. Requried for reconfiguration and status with multiprocess server...
エンジニアの心

Apache2.0.55のhttpd.conf

Apacheの設定ファイル。Apache2をベースに記述している。 最低限の設定の確認 ServerRoot Apacheのインストール先。 ServerRoot "C:/Program Files/Apache Group/Apache2" Listen サービスポートの設定 Listen 80 ServerAdmin サーバ管理者のメールアドレス Ser...
エンジニアの心

Apache2.0.55とTomcatの連動

TomcatのWebサーバとしてApacheを利用するにはモジュールを組み込み、設定を行わなければならない。モジュールには「mod_jk」や「mod_jk2」などがある。 仕組み 連携時の動きは以下のようになる。 ユーザがあるアドレスにアクセス。普通ポートは80番。80番で待ち受けていたapacheは、まずそのアドレスがconf/workers2.prope...
スポンサーリンク
エンジニアの心

Apache2.0.55でProxyを設定する

ApacheのProxyを使ってサーバへのアクセスと一元化してみる。 設定 <IfModule mod_proxy.c> ProxyPass /fujihara ProxyPassReverse /fujihara これで、「のip/fujihara」にアクセスすると「」に飛ばしてくれる Listenの設定もいるかなと思ったけど、これ...
エンジニアの心

Apache2.0.55でBasic認証を設定する

Basic認証は「基本認証」とも呼ばれる。HTTPプロトコルが備える、もっとも基本的なユーザ認証方式のため、こう呼ばれる。 注意としては、ユーザ名、パスワードは暗号化されずクリアテキストで送受信される。よって、簡単に盗聴や改ざんが可能というわけだ。どのWebブラウザ、Webサーバでも利用できるのがウリ。 参考:IT用語辞典 Basic認証の設定 Apache...
エンジニアの心

Apache Commonsのlogging1.1

ログの実装を意識せずに、開発を進めることができる。ログの実装自体はLog4JやSDK1.4のloggingなどが使える。 便利なのか? Log4jやJDKのLoggerをそのまま使うのであれば、切り替えが簡単なので便利だと思う。ただ、Loggerをプロジェクト向きにカスタマイズした場合、commons-loggingでカバーできない部分も出てくる気がする。ま...
エンジニアの心

Digester1.8のルール応用

既存のDigesterのルールを使って、いろんな例の実現性を検討してみる。 繰り返し要素の対応 繰り返し要素を使いたい場合、ちょっと工夫しなければできなかった。 <user id="user0001"> <name>藤原</name> <age>20</age> <telList...
エンジニアの心

Digester1.8のルール

Digesterの命でもあるルールを勉強なのだ。ルールを極めるものはDigesterを制す。 用語 ルートオブジェクト一番最初に作られたオブジェクトトップオブジェクト一番出口に近いオブジェクトを差す親オブジェクトトップオブジェクトの一つ前に作成されたオブジェクト子オブジェクトトップオブジェクトと同意 object-create-rule オブジェクト作成し、...
エンジニアの心

Digester1.8を使ったデータバインディング

XML to Javaのデータバインディングツール。元はStrutsの設定ファイルの読み込みで使っていたらしい。「読み込み」だけしかできないが、使い方が簡単。 推奨環境 Logging 1.1.xBeanUtils 1.7 互換性 Logging 1.1.xBeanUtils 1.xCollections 2.x 今回は Digester 1.8Bean U...
エンジニアの心

BeanUtils1.8でBeanUtilsクラスを使ってオブジェクトをまるごとコピー

Beanの操作に役立つユーティリティクラスを提供する。 apache.org beanutilsbeanutils 1.8 User Guidebeanutils 1.8 Javadoc依存するライブラリは以下の2つ。 Collections Package (Apache Commons), version 1.0 or laterLogging Pack...
エンジニアの心

Struts1.3.5でのシリアライズ

Strutsで注意したいシリアライズについて。 Sessionに入れたオブジェクトはメモリからディスクに書き出される可能性がある。StrutsならばActionFormを継承して作ったクラスが該当する。よって、Serializableをimplementsしたほうがよい。 参考:ユーファームさんのコーディングの落とし穴 ActionForm...
エンジニアの心

Javaコマンド

Javaアプリケーションを実行する。 -classpath と -cp を使用せず、CLASSPATH も設定されていない場合、ユーザクラスパスは現在のディレクトリ (.) になる。 使い方 // クラスファイルのある場所を指定して実行java -classpath /home/test/bin jp.testtest.Sample02 // jarファイル...
エンジニアの心

Jarコマンド

classファイルを固めてくれる。 jarを作る時に「じゃぁJarを作ってね」とか言ってしまうと冗談になってしまうので注意。 jar destination input-file classファイルなどをまとめるために使用する。jarはZIPおよびZLIB圧縮形式のアーカイブなので、解凍ソフトで解凍することが可能。 使ってみよう 「-C /home/t...
エンジニアの心

リフレクションを使ってオブジェクトの値を表示

前々からフレームワークとかってどうやってメソッドよんでんのかなーと思っていた。で、噂でしか聞いていないけれど「リフレクション」とよばれるAPIがあるのね。 なぜ、リフレクションに興味がわいたかにはもう一つ理由があって、VO(ValueObject?)とか、StrutsのFormとかって、トレースするときにいちいち「get?」ってやらなければならない。 めんど...
エンジニアの心

クラスパスについての覚書

Eclipseなどにたよっていると、Unixでクラスパスと押すときに「あれ、クラスパスってそもそもなんだっけ」となる。 クラスパスの指定 classファイルは -classpath c:\project\classes とかできるけど、Jarファイルは -classpath c:\project\lib\aaaa.jar という風に、ファイル名を指定しないと...
スポンサーリンク