2005-01

我思う

十二人の怒れる男

三谷幸喜さんの「12人の優しい日本人」を人に教えてもらい、元となったこの作品もみたいなーとおもったらDVD版が出ていたらしい。40?50年ぐらい昔の作品になるが、人だけで撮りました!と堂々といえるこの作品を見ると、脚本というもののエネルギーを強く感じることができる。「スティング」などで感じた映画の醍醐味を味わえる映画だ。 ある殺人事件で陪審員となった12人...
我思う

社会の窓

リーダーが優秀なら組織も悪くない こんな言葉をいつかいうことがあるのかなと思ってしまった。 少なくとも今の会社でいうことはないだろう。 社会人になって、「こんな会社あるんだー」と思うぐらい現実にがっかりしたが、 他の会社に行って、他の会社の人たちと知り合っても同じことを思った。 なんだこんなもんかと。 性格がきれいに曲がっている(らしい)僕だが、フリーター...
我思う

カレンダーガールズ

(写真)新大阪。 イギリス、ヨークシャーの田舎町。 女性連合という超保守的なグループの集まりで、カレンダーを作ることになるのだが、 夫を白血病で亡くしたアニー(おばちゃん)は、病院にソファーを送るために、 カレンダーで資金を集める計画をクリスと考えることになるが。。。 実話を基にした美しい映画だった。 花はヨークシャーの女性と同じである。 年をとるごとに美し...
我思う

ゾンビと戦う場合

どうも風邪をひいたみたいだ。 ドーン・オブ・ザ・デッドという映画を見た。 これは名作「ゾンビ」のリメイクになるのだが、アメリカ?のCM界で活躍している方が監督をしたらしく、映像がとても愉快だ。簡単に言うと「トリック」みたいな感じになっているのだが、結局似たような感じになったらおもしろくなくなるなーとかなんとかね。 ホラーが嫌いな人も、「ゾンビ」はぜひ見て欲...
我思う

からあげ弁当

(写真)よこはま。 私は夜11時ぐらいに蒲田駅について、西口のオリジン弁当で飯をかってかえるのだが、 そのオリジン弁当で25分も待たされた。 で、むかついたので金を返してもらい扉をばし!とたたいて帰ってきたのだが、あの店はどうもおかしい。 まず、店員がいつも違う。 そして、要領が非常に悪く、回転が遅い。 注文まちがいがおおい。 今まで数回は我慢できたのだが、...
我思う

スイカとイコカ

(写真)サボ太となづけてみた。 吉野家へ警官が3人入っていったので、晩飯は吉野家のカレー丼です。 こんばんわ。 関東では「スイカ」と呼ばれるカードが普及している。 JR各線で使え、お金をチャージ(入れる)ことができるカードだ。 最近、大阪では「イコカ」というカードがでてきた。 JR西日本はこのカードが使えるらしい。 どうやらこの「イコカ」。関東でも使えるらし...
我思う

ラブストーリー

とりあえず主人公の女性がめちゃんこかわいかったぞこのやろー。 猟奇的な?の監督が作った作品だけあって、最後にイエーイといえる部分がとてもよい。 アメリカ映画の恋愛ものは見ていても全然面白くないが、韓国映画のそれは、見ていて軽快でとても楽しめる。文化の問題かどうかはわからないが、アジアの物語が注目されるのは、やはり同じ人種である部分になにか関係があるのかもし...
我思う

普通ってなにさ

(写真)川崎。 普通(名詞・形容動詞) ・いつでもどこにでもあって、めずらしくない・こと(さま)。 ・ほかとくらべて特に変わらない・こと(さま)。 ・特別ではなく、一般的である・こと(さま)。 今の世の中って「普通」とよばれるものの枠組みがどんどんあいまいになっている。 たまに「常識」などと置き換えられることがあるが、「普通は・・・」とか「常識で考えて・・・...
我思う

ネバーランド

子供は30秒で大人になる。 永遠の子供であるピーターパン。 彼が連れてってくれるネバーランドは本当に永遠の世界。そこへいく方法はただ一つ。 劇作家バリ。舞台袖から自分の作品を眺める表情は明るくなかった。 彼はボーイにこう尋ねる。「この劇は最高だといえるか?」 あるとき、いつも行く公園でピーターという少年に出会う。 父親を亡くしてから彼は誰にも心を開かず、バ...
我思う

最近の想像力

(写真)マリモのマリリンとモンロー。名前は仮。 最近、漫画を原作とする映像が多い気がする。 いまやってる「H2」とか、「オールドボーイ」って言う映画などなど。 ドラマなんかじゃほとんどが聞いたことある漫画なのである。 また、ドラマのタイトルにも海外の有名な映画をもじったり、そのまんまドラマ化したりしている。 昔、トレンディードラマが流行した時代では、毎週楽し...
思い出し笑う

思い違い

(写真)むつみやのみそラーメンは絶品。 仕事中に爆笑してしまったこと。 ある部分を違って覚えてしまい、それをずっと言い続けることがある。 間違っているのだろうけど、間違っていることに気づかない点がとても面白い。 昔、コンビニでバイトをしていたときに、バイト先の店長が プロバイダーをプロダイバーといっていた。どこにもぐるのだろう。 また、Windows Me(...
思い出し笑う

大阪人の習性

(写真)夢の札束完成。 後輩の理論だと、大阪人の頭には次の公式があるらしい。 高い品物=金が入っている。 高い時計などを見ると、「この時計金がはいっているんや」といい、 高いマンションがあると、「金でできているんや」といい。 まったくもっておもしろい人種だ。 また、最近わかったことなのだが、 大阪人は何でも「屋」で売っていると思っている。 かさがなければ「か...
我思う

前の持ち主

(写真)自分というものは自分にすらわからない。 優駿(宮元輝)をとても楽しく読ませていただいたのだが、 貧乏生活を続ける私にとって、「BOOK OFF」はなくてはならない存在でもある。 本をある程度読み終わると、週末に近所の店で本を買いあさり、たまーに仕事に関係ある 本などを購入しているのだが、安い古本がこんなに簡単に変えるようになったのは、本当にありがたい...
我思う

ミスティックリバー

(最近)「ガチャピンチャレンジを買ったらムックがあたったんですけど。 ミスティックリバー クリント・イーストウッドがどうも好きでないのだが、ティム・ロビンス見たいと思ったので借りてみた。内容はアメリカの性犯罪や、社会情景がよく出ているのだが、やっぱり「クリントさんの映画」というにおいがぷんぷんする。強いものが生き残り、運のいいやつが生きていく。当たり前のよう...
我思う

10億分の1の男

(報告)どうやらうちのマンションのマルチっぽいお店に警察が来たようです。 飛行機事故の唯一の生存者。 ナチス強制収容所の生存者。 交通事故の唯一の生存者。 強運とよばれるものをもった人たちが、さまざまなゲームによって、 運とよばれる不確かな存在を賭けていく。 車が行きかうハイウェイを目隠しでかけぬけたり、 気が密集する森を目隠しではしったり、「運」としかいい...
我思う

優駿

(写真)コンタクト置き場。このシリーズの商品にくびったけです。 最後のレース描写ではテレビ中継よりも鮮明に頭の中に浮かび、 電車の中で「おおー!」といってしまった。 競馬の世界はそんなに甘くない。 夢だ希望だというものも、宝くじ以上に難しい賭けでしかないのだ。 それでもおんまはぱっぱか走る。 その姿に感動してしまうのだった。 優駿 宮元輝
我思う

ほないこか

(写真)ついにきました。 こんな夜中にエンコード、デコードについて調べている俺は偉い子だとほめてやりたい。 会社でICカードについて調べてみた。 お金をカードに入金することができたりするカードとして、関東には「スイカ」と呼ばれるものがある。 関西にも「イコカ」というものがでてきた。 調べてみると全国でかなり増えてきているようだ。 ・JR東日本の「Suica」...
我思う

人に物を教える

(写真)Jackグッズを整理しました。 電話してたら隣の部屋の人が壁をどーんとしてきました。 年賀状を送ってきたのはこいつだな! よく言われることだと思うのだが、 何でも質問をするのではなく、自分で調べることが大切なのだ。 また、教える側はそう伝えるだけではなく、調べ方を教えなければならない。 さらに深く考えてみた。 なぜ調べ方を教えなければならないのか?後...
我思う

悪いやつは誰だ

(写真)京浜東北。 プロジェクトがうまくいかないので、 「偉い人」とよばれる人間が「誰が悪いか」を探しているようだ。 そういうバカどもを見ていると、ふとこんなことを思った。 「悪いやつを探そうとしている人間が一番悪かったりする。」 結局は、みんな悪いのだ。 かかわっている人間全員が悪いのだ。僕を含めそんなことわかりきっているのに、 くだらない労力が好きな人っ...
我思う

くつがない

(写真)星がかっこいいから買ってしまった。 というのはいいわけで、実は銭湯でくつをなくした。 湯上りにフルーツ牛乳を飲み、さてかえるかというときに、鍵がないことに気がついた。 そして、友人に探してもらっているときに胸のポケットから鍵を発見! 気分がよくなったので、友人とソフトクリームを食べることにした。 友人が買っている間にジャックのガチャガチャに挑戦。 残...
スポンサーリンク