Struts

エンジニアの心

Struts1.3.5でActionの自力ディスパッチ

Webアプリケーションは1ページに1機能というのが一般的だと思うが、その1機能の中に複数の処理があることが多い。 例えば、一覧画面にデータのいちらんを表示して、修正ボタンと削除ボタンをデータごとに表示する。修正ボタンが押された場合は、修正画面に移動してFormに修正するデータをセットし、削除ボタンが押された場合は、そのデータ自体を削除したい。 こういうことを...
エンジニアの心

Struts1.3.5のActionFormクラス

ctionFormのresetでリセットできる。ただ、これはチェックボックスの初期化問題などに使うメソッドとして推奨されている。 参考>
エンジニアの心

Struts1.3.5でリクエストをフォワードする

画面遷移だけを実現する方法。 Strutsには遷移する(フォワードする)だけのクラスが存在していた。それがForwardActionクラス。 struts-config.xmlのforward属性を使う場合 以下のようにActionを定義してあげる。 <action path="/tologin" forward="/login.jsp" /> ...
エンジニアの心

Struts1.3.5のActionクラス

ActionはHTTPリクエストの内容とそのリクエストを処理するために実行されるべきビジネスロジックとの間のアダプタクラスです。 コントローラ(ActionServlet)はリクエストに適切なActionを選択して(必要に応じて)インスタンスを生成し、performメソッドを呼び出します。 コントローラは同時に発生した複数のリクエストに対して同一のインスタン...
エンジニアの心

Struts1.3.5インストール

Struts1.3.5Javadoc インストール 「」からダウンロード。libフォルダのjarファイルを /WEB-INF/lib などにコピー。web.xmlに以下を記述。 <servlet> <servlet-name>action</servlet-name> <servlet-class> ...
エンジニアの心

Struts1.1からの移行

1.2へ移行 1.3へ移行 参考リンク セキュアなStrutsシリアライズ
エンジニアの心

Struts1.3.5でのシリアライズ

Strutsで注意したいシリアライズについて。 Sessionに入れたオブジェクトはメモリからディスクに書き出される可能性がある。StrutsならばActionFormを継承して作ったクラスが該当する。よって、Serializableをimplementsしたほうがよい。 参考:ユーファームさんのコーディングの落とし穴 ActionForm...
スポンサーリンク