Struts

エンジニアの心

Struts1.3.5のhtmlタグライブラリ

HTMLタグに対応したタグリブ郡。 このタブリグを使うとHTMLとStrutsの架け橋になってくれる。 <%@ taglib uri=""prefix="html" %> html html:html HTMLコントロールを生成するHTMLカスタムタグはすべてHTMLタグ内にネストする必要がある。(らしいんだけど、tilesを使ってLayout...
エンジニアの心

Struts1.3.5のbeanタグライブラリ

JavaBeansの操作に対応したタグリブ郡。 <%@ taglib uri=""prefix="bean" %> bean bean:define 変数をbeanから取得する。ActionFormから取得するときもこれ。 <jsp:useBean id="test1" scope="page" class="org.apache.str...
エンジニアの心

Struts1.3.5のタグライブラリ

設定 TLDファイルはstruts-taglib-1.3.5.jarに入っているので、web.xmlにタグリブの指定はいらなくなったみたい。 なんかJSPでの書き方(Standard Syntax)がかわってた。 <%@ taglib uri=""prefix="bean" %> <%@ taglib uri=""pref...
スポンサーリンク
エンジニアの心

Struts1.3.5でstrust-config.xmlの分割する

単純にファイルを分割する <servlet> <servlet-name>action</servlet-name> <servlet-class> org.apache.struts.action.ActionServlet </servlet-class> <in...
エンジニアの心

Struts1.3.5のstruts-config.xml

XML宣言 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?><!DOCTYPE struts-config PUBLIC "-//Apache Software Foundation//DTD Struts Configuration 1.1//EN" ""> data-s...
エンジニアの心

Struts1.3.5を使ったアプリケーションの初期化

以下の2種類の方法がある。 ServletContextListenerを使うStrutsのPluginを使う PluginだとStrutsに依存した処理ができる。
エンジニアの心

Struts1.3.5のvalidation.xml

validator-rules.xml jarに含まれたらしい。validatorの定義が書かれている。 validation.xml Validatorの設定ファイル。 XML宣言 <!DOCTYPE form-validation PUBLIC "-//Apache Software Foundation//DTD Commons...
エンジニアの心

Struts1.3.5のRequiredValidator

必須チェック。空白だけをいれるとこのチェックにひっかかる。 サンプル <field property="loginID" depends="required"> <msg name="required" key="errors.required" /> <arg name="required" key="ログインID" re...
エンジニアの心

Struts1.3.5のMaskValidator

requiredとmaskだけ使えばほかいらないんじゃないかな?と思うわけだ。 サンプル <field property="loginID" depends="required,mask"> <msg name="required" key="errors.required" /> <msg name="mask" key=...
エンジニアの心

Struts1.3.5のIntRangeValidator

範囲内のint値。 サンプル <field property="loginID" depends="intRange"> <msg name="intRange" key="errors.intrange" /> <arg name="intRange" key="年齢" resource="false" /> ...
エンジニアの心

Struts1.3.5でValidatorを使う

StrutsではValidate機能が付いている。 Validatorは以下のチェックができる。 クライアントサイドのエラーチェックサーバーサイドのエラーチェック クライアントサイドではJavascriptを用いてチェックする。クライアントサイドJavascriptチェックを使うと、サーバ間通信が減るので、パフォーマンスを抑えることができる。(多少だと思うけ...
エンジニアの心

Struts1.3.5でTilesを使ってみる

左にメニューがあって、右にコンテンツ・・・というようなレイアウトを使う場合、tilesを使えば、画面の構成要素の定義ができる。また、継承を使って、画面の一部分だけ変更する・・・という処理も可能。 インストール pluginとしてstruts-config.xmlに記述する。 <plug-in className="org.apache...
エンジニアの心

Struts1.3.5のログ

Struts自体がcommons-loggingを使っている。これを制御するためには設定ファイルを用意してやる必要がある。デフォルトでは設定ファイルがないので、Webサーバの起動時にWARNが出力される。多分、クラスパスの通っている場所にcommons-logging.propertiesをおくとかでいけるはず。 尚、開発時はStrutのログを出力したほうが...
エンジニアの心

Struts1.3.5でLookupDispatchActionを使ったディスパッチ

DispatchActionとは異なり、メッセージリソースのキーからディスパッチを行ってくれる。 使い方 LookupDispatchActionを継承したActionクラスを作成。getKeyMethodMapをオーバーライドする。 public class LoginAction extends LookupDispatchAction { pri...
エンジニアの心

Struts1.3.5でDispatchActionを使ったディスパッチ

「org.apache.struts.actions.DispatchAction」を使う。 このクラスの特徴は、struts-config.xmlにディスパッチ情報を記述できること。これによって、すっきりーすっきりーする。 ActionはActionServletとビジネスロジックとをつなぐアダプタクラス。Actionクラスごとにビジネスロジックをわける...
スポンサーリンク