人生

これもすべて同じ一日

(写真)窓の外では月が昇ろうとしていた。 「さよなら。」 この言葉はとても寂しいものだと思ってた。 「ばいばい。」 この言葉はとても寂しいものだと思ってた。 「また明日。」 この言葉が一番寂しい。 明日逢えなくても、この言葉を言う。 これは未来を見ていると思っていた。 未来を見ることは、未来を選択しているということ。 未来への答えを、自分は知っているという...

クロスロード

(写真)雨が降る前の一瞬 だいぶ前に友人からもらった手紙を久々に読んでみた。 >だから恋愛において誰かのためという言葉は通じないと思う >好きということは難しい >考えてわかるはずない >だったら先を考えず >今の自分の気持ちを大切にしたらいいと思う >昔の俺ならと大は言う >しかし人は絶えず変化している とくに心...

ショータイム

(写真)関内セルテ前 中途半端なキレイゴトより バカみたいな夢物語を語ったほうがいい なぜかそんなこと考えた。 ねむ。

Fly High!!

(写真)海が見えたらなぜかうれしくなるもんだ 僕の血は鉄の味がする >あなたならきっとなれるよ どうやってそれを受け止めればいい? >あなたは一人で大きくなった なんで俺ばっかり >生きてお金を出すしかできないからな 本当にごめん >これってすごいことだよね! ただなんとなく生きてるだけだって、つまらない >ずっとこうしていたい 永遠を信じれるか? >その...

それいけ私

笑える現実の話。 今度、会社の行事でプレゼンをしなければならない。 残すところあと1日と少しの時間。 言うこととかは考えてみたが、まーーーったく準備はしていない。 周りの安心の為に、やってる振りしたりなんかして。 こういうのもお付き合いだ!なんて社会人ぶってみたり。 「こういう発表ってなかなかない」っていうけどさ、 言いたいことは言いたいときに言うって。 思...

無題

(写真)俺の街(っていうのは悪い癖だ) 眠らない体を。 全てほしがる欲望を。 軽く笑い飛ばせるユーモアを。 うまくやりぬく賢さを。 やさしい気持ちを。 生きている実感を。 生命力を。 協調性を。 壁をなくす努力を。 人を信じる強さを。 人を愛する感情を。 天に向かってつばを吐く。 少しだけ自分にかかるが、 その少しが痛かったりするもんだ。 もうすぐ26歳。...

新宿をさまよう

(写真)歌舞伎町の昼の顔 今日は、部長のお誘いを蹴り、部内の飲み会を蹴り、 最近知り合った女の子と映画を見に行った。 今自分に必要なものは、今までできてただろう簡単なこと。 だから、これが僕の優先順位。 その女の子はなぜかほっておけず、わがままにもならない ことを平気で言う。いつも楽しそうに笑い、いつも一生懸命なことをいう。 なぜか僕はいろんなことを話し、...

ザ・ノンフィクション 居酒屋社長の学校改革激震の教室

(写真)馬車道 サンマルクカフェ クールブラック最高 学校で勉強したことは、恐ろしいほど役に立たなかったりする。 人の脳みそを判定するのに、「学校の勉強」というのは とても役に立つが、その考え方は子供にとって無責任なもんだ。 その前に、何が大切なのか説明できる大人はいないものか。 「ザ・ノンフィクション」をはじめてみた。 「我輩は猫である」にも登場する学校...

日劇発見

(写真)大人の。。。。 探してた靴を買って、のんびり歩いた。 友人から電話があり、あてもなく映画館を探した。 探しているのは日劇という映画館。 どうやら「探偵濱マイク」というドラマででてきたところ らしい。 「あっちだよ?」「いやこっちじゃない」なんていいながら、 曙町のはずれを歩いた。伊勢崎の通りは、はずれると風俗街が 軒を連ねている。狭い道がひしめき、...

僕があきらめたこと

(写真)空に線を引く 映画が好き、音楽が好き、友達とのバカな会話が空き、 本が好き、人生が好き。 僕は物語が好き。 始まりをしってしまうと、僕は最後を知りたくなる。 歴史の1ページを知ったりすると、そのすべてを知りたくなり、 関連する情報まで調べてしまう。 どこかに行くときも、何も考えず出発して、 「地球屋」のようなとても素敵なものと出遭う喜びも好き。 行...

(写真)私はこれが欲しかった。 渋谷で映画を見ようとやってきた。 渋谷の夜は初めて。 金曜は人が多いだろうな?と思ったとおり。 様々な人種、文化を持った人たちがたくさんいる。 ハチ公前でタバコを吸いながら周りをみわたす。 みんな顔に携帯をひっつけたり、手書きのプラカードかかげたり、 歌をうたっていたり。 道はごったがえし、大きな看板をつけたトラックが 信号...
我思う

魂の絶対数

(写真)夕暮れのブレイク まだ見つからない。 人間は死んでしまうと21グラム軽くなる。 それは魂の重さなのかはわからない。しかし、私はある事実を 知ってしまった。 それは「魂の絶対数はきまっている」ということ。 すべての生きとし生ける者には魂がある。 その魂はには絶対数があり、変わることはないらしい。 例えば木が枯れる。そうなればその失っ...

10発の銃弾

(写真)ゆうくも 目の前に拳銃がある。 急増する凶悪犯罪。下がる警察の検挙率。 ついに政府はさじをなげ、自己防衛として国民全員に 拳銃を配布した。ついに日本で銃社会が始まったのだ。 私の目の前には拳銃があり、10発の銃弾が入っている。 一人一人が拳銃を手にすることで、「個人の範囲での正義」 が試されることになった。人は正義の名の下に拳銃を使用する ことが認...

災難

(写真)関内桜通り 会社抜け出して、桜の写真をとりに行ったら、道を工事中。 電車に乗って、イトーヨーカドーにトイレットペーパーを 買いに行こうと思ったら、財布忘れて無一文。 家に到着して、ご飯を久々に作ったら、なべがひっくり返る。 ご飯を食べているときに、蛾が侵入して、捕まえようと さがしてもいない。 今日の私、プライスレス 泣きそうです。
思い出し笑う

イラク邦人人質事件

ネットでは様々な議論がされている。 その中で、 >「自衛隊派遣と同じまな板にのせるのはどうなの」 (参考:ailand cafe) という言葉が印象に残った。 この事件を調べようと思ったのが、テレビで家族の方が 「3家族では国はうごかない」という会見を聞いたからだ。 そりゃそうだろう。というのが私の感想。 そんな国あるんだったらいってみたい。 会見を見てとて...

元気をもらう

(写真)横浜スタジアム 阪神VS横浜 いってまいりました。 スタジアムでは人間の境目があまりない。 同じチームを応援する者は、みんなトモダチなのだ。 試合はハラハラどきどき。 まけちまったけど、今岡が5の4、ホームラン2、2塁打2 というすばらしい打席をみせてくれ、点が入るたびに球場がわく。 いえーい!と前のおにいさんとハイタッチ。 ものすごい怖そうなヒト...

小さくても暖かいのが

(写真)ざぱーん。・・・効果音 週末はワクワクデーだった。 遊び疲れ果てたため、日記はかけず。。。 長浜(なはま)へいってきたのだが、ここ最高。 波はうねるし、雰囲気抜群。 海岸線の岩場を歩けるらしく、早速飛び出していったのだが、 予想以上の冒険だった。 絶景。 波はざぱーん。 俺は「おおー!」 見渡しのいい場所では立ちすくんでしまった。 波が引くまで歩け...

足りない部品

(写真)私が自分を追い込んだときに、いつも来ていた公園のベンチからの風景。ここで「ほら、みちゃいけませんよ!」と子供づれのお母さんにいわれそうなぐらい、死んだ目ですごしていたことを思い出す。 ここには片足のもげた鳩がいた。そいつはいつも堂々としていて、えさをあげたときに他の鳩もやってくるのだが、そいつらを蹴散らしながらえさをたべるのだ。 そういう強さが欲し...

幸せを配るヒト

(写真)花が咲く 思いつきで六本木ヒルズにいったのだが、東京の平野にそびえたつ巨大なビルは、天に向かって伸びるバベルの塔のようだった。 お店が閉まる頃だったので、土曜日ながら案外すいている。 途中「花とアリス」をみようとおもったが、終電で帰れないことが わかり断念。でもどんな映画館かワクワクだったので、いつか いってみたいな。 ぐるっと一周して近くのカフェ...

春 はじめました。

(写真)つくしものびる。 桜のつぼみも大きくなり、フライングで花を咲かせるものもあった。 川原は冬の名残が残る中、上書きするように緑が塗られている。 たまに差し込む太陽の光で、葉を透かせながら光る土手の中に、 土筆がのびていた。
タイトルとURLをコピーしました