2006-08

我思う

パワー オブ ポジティブシンキング

僕は極力楽しいことしかしたくないと思っている。それは高校生活を終えたときからはじまる思いだ。だって、一回死んじゃったら終わりなんだもの。マリオみたいに個人の命は増えない。 そうおもって、社会人になるために勉強して、なりたいものになって、やりたい仕事をしている。そりゃ、たまには働きたくないなーとか思うことはあるんだけど、それは愛嬌みたいなもので、毎日とても楽し...
我思う

ぐるぐるまわる

障害となるものは、回避するか解決するか無視するかぐらいしか対応策がない。 ただ、その障害が人間であると選択肢は減ってしまう。 だとすればどうすればいいのか。 どれが一番最適な方法なのか。 ケースによって異なる選択。 どれが一番いいのか考えがぐるぐるまわる。
我思う

DIGICAM NV-GS300を使ってみて

衝動買いで旅行前に買ったPanasonicのNV-GS300。初めてビデオカメラを買ったのだけどもう大満足です。で、はじめてビデオカメラを買ったことについておすすめのポイントや使用感をまとめておく。
我思う

映画「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」

ウォーク・ザ・ライン ・・・ まっすぐに歩く リーズ・ウィザースプーンがアカデミー賞をとって新女王になったのが印象的だった。しかしまーホアキン・フェニックスも年々かっこよくなってきたし、こういう反逆的な役はぴったりな感じがするのは、「戦争のはじめかた」でもはまっていたからだろう。 プレスリーなどと同じ時代を歩いた伝説的な男「ジョニー・キャッシュ」。ボブ・デ...
我思う

夏の風邪

風邪をひいた。 なんだかんだで疲れているのかもしれない。 あー疲れた。 今日が土曜日なんてついさっき知った。
思い出し笑う

料理のさしすせそ

料理のさしすせそについて先輩に聞いてみた。 藤原「ねえやん、料理のさしすせそを全部言えますか?」 先輩「うーんとね さ・・・砂糖 し・・・塩 す・・・酢 せ・・・正露丸 ・ ・ ・ というわけで「せは正露丸」と言う方向で。
我思う

ツバサ

写真:竹富島のなごみの塔 石垣島を旅してあらためて気がついたことがある。 多分、僕と仲のいい友達に共通するのは、想像力の豊かさだ。コミュニケーションで重要なのは会話。その会話からどこまで想像を共有できるかがポイントになるのだと思う。 好きな男性のタイプはーえーっとー・・・みたいなことでも同じことが言えるのだと思う。たまに「笑いのツボが同じ」ということを聞く...
思い出し笑う

やきもの工房 シーサー館の説明書

シーザー!!!!! by ジョセフ・ジョースター あ、僕は花京院が最期にエメラルドスプラッシュを時計に向けて打ったのがすごかったと思いますね!(わかる人にはわかること祈って) * 石垣島の繁華街「あやぱにもーる」にある「やきもの工房 シーサー館」。 僕は前からシーサーがほしくてたまらなかった。なぜなら、僕はゴジラがとても好きなのだけど...
思い出し笑う

最近聞いた面白い会話

・石垣島の御神崎灯台下での一言 「灯台どこにあるの?」 ・高校生ぐらいの子が電話で怒鳴っていたときの一言 「絶対女子がからんでるんだろ!」 ・夏休みをあけて先輩から受けた会社での一言 「絶対こないとおもってたよ!」 ・大阪に住んでいる後輩から来たメール 「僕の電話はこっちの声が届かないみたいなんですよ」
思い出し笑う

思い出のアルバム

八重山旅行の写真を現像しようと思ったらいいことが思いついた。そうだ!アルバムを作ろう!というわけで、急遽友達の家に行くことになり、2人でわいわいアルバムを作ることになった。 友達の家は妹と2人で住んでいて、リビングがとても広く、写真整理にはもってこいだった。5時間ほどで完成したんだけど、この間とこの後に起こった事件をここに記そうと思う。 < 事件1>5時間の...
我思う

映画「太陽」

「天皇はタブーである」 というのが子供の頃に思った印象だ。そして僕はずっと思っていた。なんでこの人のためにたくさんの人が死んだのに、こうやって車に乗って手を振っているんだろうと。 * ロシアのアレクサンドル・ソクーロフ監督が描いた映画「太陽」。この映画は日本人には決して作ることができない映画だったと思う。しかし、天皇と言うとてもデリケートな主題をこの監督が描...
思い出し笑う

八重山諸島ツアーの裏話 その2

ここんとこずっと「石垣島にどうやって移住するか」を考えている。やっぱり10月あたりに超割で行くべきか!行くべきなのか! 今回の沖縄旅行。素泊まりホテルを利用して居酒屋で晩飯。その他は気が向いたら食べる。というのを繰り返した。竹富島、西表島では歩いてぶらぶらしたんだけど、女子はやっぱりだれていたな。おーのと僕は結構歩く派なので、きつかったのかもしれない・・・けど車は知らせても風景は見れない。
思い出し笑う

八重山諸島ツアーの裏話

じつは、おーのは専門学校からの友人なので5?6年ほどの付き合いで、歳は4つ離れているがとても仲良しだ。まー一緒にいて楽というのが一番の理由なんだろうと思うが、これってとても大切なことなんだと思う。 おーのと2ショットの写真を僕は持っていない。これからさき、こうやってずっと遊べるといいんだけど、どちらかが結婚したりしたらそうもいかない可能性もある。なので、旅行...
思い出し笑う

はじまりの合図

鬼監督、笑って終幕「うちの子は日本一」八重山商工 by asahi.com 八重山商工の夏が終わった。前の日に八重山商工の特集をTVで見て、改めて応援していたんだけど、友達が「みんな笑顔で素敵だった」といっていたのを聞いて、あらためてありがとうと思った。 それにしても石垣島住人の応援はすごかった。町中に垂れ幕がかかり、募金活動も盛んだったらしい。タクシーのお...
旅に出る

沖縄旅行の反省

初めて沖縄に行っての反省点。 日焼けについて コパトーンのSPF4ぐらいだと「すごい焼けたね?」っていうぐらいになる。ただ、今回ははしゃぎすぎて浜で寝ることをしなかったので、ほぼ日焼け止めについて語ることができない状態だった。おかげで背中と鼻と耳の皮がめくれました。 また、ラッシュガードとかきて泳いだほうがいいのは事実だった。僕はほぼ上半身すっぱで...
思い出し笑う

夏の思い出と共に

なんかイライラする。明日から仕事だからだ。 昨日の夜は沖縄にいった友達と藤原大第1回監督作品である「男女4人夏物語」のDVD鑑賞をした。これは沖縄で撮影したビデオ映像を12時間かけて急いで編集したものだ。 5時間ぐらいのテープを編集して音楽を入れると、オープニングのところで泣きそうになった。これに加えて思い出のアルバムもつくったので、みんなこの夏を思い出して...
旅に出る

沖縄八重山諸島巡り(四日目) – さよなら石垣島

さよなら石垣島。さよなら竹富島。さよなら西表島。 今回は3つの島をめぐることができた。八重山にはまだまだ美しい島があるので、またぜひ来たいなーと思う。 僕は初めて沖縄にきたんだけど、ここは本当にいい島だった。ここに住みたくなる人の気持ちがわかった。 今回の旅行は海ばっかりで遊びまくった。なので、あ!っという間に時間が過ぎた気がする。次にきたときは石垣島のゆっくりした時間を楽しめるのかもしれないな。 ぜったいにまた来ようと思う。夏は毎年やってくるのだ。
旅に出る

沖縄八重山諸島巡り(三日目) – 西表島

3日目は波照間島を予定していたんだけど、台風が来ていたので西表島へ変更。星砂の浜は今も「星の砂」「太陽の砂」が残るビーチだった。こういうのは大切にしなきゃね。
旅に出る

沖縄八重山諸島巡り(二日目) – 竹富島

2日目は石垣島からフェリーで10分のところにある竹富島へ。ここにはきれいな赤瓦の町並みが並ぶ美しい島。
旅に出る

沖縄八重山諸島巡り(一日目) – 石垣島

初めての沖縄。個人旅行を楽しもうと計画したのだけれど、石垣島を拠点に雰囲気の違う島々をめぐる旅はとてもよかった。
タイトルとURLをコピーしました