Subversion

エンジニアの心

4コマでわかるSVNからgitへの移行

SVNからgitに移行してみようかなーと思ってネットで見つけた手順をやってみたのだけれど、自分の知識レベルではそれぞれのコマンドが何を意味しているか理解するのに時間がかかったので、この苦しみをあとで理解できるように簡単にまとめてみた。
エンジニアの心

SubversionでCommitしたときに”Can’t get exclusive lock on file”と怒られる

コミット時に以下のように怒られる。 svn: Can't get exclusive lock on file 'REPO/db/write-lock': No locks available Google先生に聞いてみるとリポジトリがNFSにあると同じ現象ができているっぽい。SubversionのFAQをみるとlockをサポートしているNFSならOKとある...
エンジニアの心

WebDAV transparent write-through proxyでMKACTIVITYとか怒られた

WebDAV transparent write-through proxyの実験中、Slaveでコミットしたときにwrite-throughしてくれない・・・。なーぜーだー。コミットすると以下のエラーが出る。 コミットに失敗しました (詳しい理由は以下のとおりです): サーバが、リクエストへのレスポンスとして予想外の戻り値 (500 Internal S...
スポンサーリンク
エンジニアの心

Subversion1.5 svnsyncを使ってるときのリポジトリ復旧

通常はバックアップしていたリポジトリをもってくるとか、dumpしたデータを新しいリポジトリに流し込むとか。 svnsyncの場合は、スレーブが壊れた場合は新しくリポジトリを作ってsvnsyncしなおせばOK。 マスタが壊れた場合は、 スレーブのリポジトリをコピー hooksフォルダを元の奴に入れ替える db/uuidを元の奴で上書き でOKだった。 注意...
エンジニアの心

svnsyncでFailed to get lock on destination repos, currently held by・・・

svnsyncで以下のようなエラーが出た。 Failed to get lock on destination repos, currently held by '?\147?\161?\140?\180?\130?\179?\130?\241?\130?\204?\131?\137?\131b?\131v?\131g?\131b?\131v:a56cb94...
エンジニアの心

Subversion1.5のWebDAV transparent write-through proxy

svnsyncはミラーリングの仕組みなのだが、write-through proxyを使うことで、ApacheにくるSVNリクエストを透過的に転送する。わかりやすくいうと、svnsyncは同期のためのバックエンドの機能で、write-through proxyはSVNへのリクエストを振り分けを行うフロントエンドのもの。2つの技術を合わせて使うと、分散...
エンジニアの心

Subversion1.5のバックアップ

Subversionリポジトリのバックアップを参考にバックアップについて考察。なんかよくわからないけどSVN構築をまかされた僕には、このページはとても助かっています。感謝です。 考えること テーマとしては 信頼性をあげて故障する期間を短くしたい 可用性をあげてユーザから見て壊れにくくしたい 保守性をあげて運用しや...
エンジニアの心

svnsyncを使ってリポジトリレプリケーション

バックアップとして、もしくはバックアップからの復旧時間が嫌な場合は、リポジトリのミラーリングとしてsvnsyncがSVN1.4から使えるようになっている。 今回はsvnsyncの動作を確認してみる。 環境はWindows Vista、SVN1.5.3。 本当はリモートのリポジトリにミラーリングしたいんだけど、ローカルApacheで我慢。 Apacheは↓みた...
エンジニアの心

Subversionのシステム構成を考えてみた

全社的にSubversionを使えないか調べているんだけど、その構成に関する資料はとても少ない。 SVN1.5だとエンタープライズ環境におけるSubversionの複製アーキテクチャ by japan.internet.com デベロッパーとかSubversionを見直せ by プログラマの思索さんがとても詳しい。 そこで、Subversionのシス...
エンジニアの心

Subversion1.4から1.5への移行チェックポイント

Subversionのバージョンアップで必要になるチェックポイントを覚書。 環境は以下。 Windows XP Subversion 1.5.3 fsfs利用 mod_dav_svnつかってhttpアクセス利用 リポジトリ形式 Subversion 1.5.0 での新機能 (sharding)がすばらしいページで、確認してみると...
エンジニアの心

USVN 0.7.2を入れてみた

Subversionの管理を楽にするためと、ユーザやアクセス管理を楽にするために、いいアプリはないものかと調査。そこでUSVNというものがあったので、実際にWindowsに入れてみた。
エンジニアの心

Ruby1.8.7 SVNからチェックアウトしていらないファイルを削除する

SVNとかCVSからチェックアウトしたファイルのうち、javaとjspファイル以外はいらないので、削除するためのスクリプトをRubyで書いてみた。 クラスとか使ってないです。 今回成長したのは、「logger.debug("checkout #{dirname}")」のように変数を文字列内に埋め込めることがわかったことかなー(ちっちゃ!)。 ちょっとずつ成長...
エンジニアの心

Subversion1.5.2 apacheでのセキュリティ保護

Subversion1.5.2 svnserve.confでのセキュリティ保護と同じく、Apacheを使えばもっと高度な設定ができる。daily dayflowerさんの「Apacheで統合Windows認証を使う」みたいに統合Windows認証でNTLM認証とかを使えば、Windowsにログインするだけで簡単に使えるし。 前提条件としては、c:\...
エンジニアの心

Subversion1.5.2 svnserve.confでのセキュリティ保護

Subversionのセキュリティについて考えてみた。 まず、Subversionのサーバをどうするかで選択肢がわかれる。 svnserve 簡易サーバ。簡単な認証もあるため社内LANならばこれでも問題ない。 svn + ssh SSHで暗号化接続できる。 http Apacheと連携させてhttpで接続する...
エンジニアの心

Subversion1.5.2 リポジトリ構成を考える

リポジトリの単位とリポジトリ内のディレクトリ構成などをまとめてみる。
スポンサーリンク