人生

我思う

人の人生を知る

昨日、友達のBlogを見た。人の日常が語られる日記を見るのは久しぶりだった。 そこでは、僕が知ってる時間もある中、喜んだり、悩んだりしている友達がいる。なぜかわからないがジーンとした。 僕とはまったく別の場所で、同じ時間に違うものを見ていたり、たまに同じものを見たり。人の人生って不思議だなーと改めて思った。 本当によかった。教えてくれてありがとう。 今月で、...
エンジニアの心

Amazonウィジェットデビューらしい

Amazonのアフィリエイトかなんかで使っているバナーが進化したみたいだ。 ↓みたいなタグクラウドもある。すげー。カスタマ向けサイトはこういう進化をするんだなー。 Amazon.co.jp ウィジェット
我思う

世界柔道

藤原は柔道がとても好きだ。 シドニーと時は連夜涙を流した。袖釣込腰すげーと感動した。 でも、今回の世界柔道ではあまりよくない結果になっている。 でもだ。 外国人選手は、朽木倒しとか肩車とか双手刈とか、レスリングみたいなことばっかり磨いてくる。 こんな柔道はつまらないし柔道ではない。 でも、そんな中勝ち上がる日本人の活躍には、毎回感動させられる。 中でも谷本選...
我思う

藤原の地図

今日は仕事中にGoogleMapで「藤原の地図」を作った。もう夢中。 拡大地図を表示 ・沖縄離島の旅 それ以外に作ったのが以下。 ・奈良明日香村石造物巡り・・・個人的にこの地図がとても好き ・旅の思い出(ちょっとした旅)・・・決行いろんなものをみたなー 過去に訪れてデジカメで写真を撮った場所。多分、3年ぐらい前からかな。そっからの足跡を辿るみたいで楽しかった...
我思う

ドルフィンスイムについての調査

来月の休み届けを出して、すっかり小笠原な気分だ。 どうも「ドルフィンスイム」が楽しいらしいけど、藤原はふと考えてみた。 オレはイルカと泳ぎたいのか? ダイビングというのは海の魚を見たりするものなので、ライセンスの講習でも、水中で「ほら、青い魚がいるよー」とかやったりする。そして、ログをつけるときに、「青い魚きれいだったよねー」みたいなやり取りをする。 でも、...
我思う

インド人と日本人である藤原

職場にインド人エンジニアがいる。あんまり関わりはないのだけれど、「誰でも仲良く」をポリシーとしているので、声をかけてみたらいいやつだった。 彼は半年ぐらい日本にいるらしく、日常会話は余裕でできるぐらいに成長している。昼飯をくった帰り道、彼は仕事について熱く語ってくれた。ちなみに彼らの母国では「英語」が使われている。 「日本語と英語をしゃべれるエンジニアは少な...
我思う

甲子園の夢

急いで戻って、後輩からワンセグ携帯を借りた。舞台はすでに8回の裏。広陵が4点リード。攻撃するのは佐賀北。1アウト1、2塁。舞台はすでにクライマックスへと向かっている。 満塁となって押し出しで1点。まだ満塁。そして。。。まさか。 準決勝で見せた、佐賀北の全力プレー。体がひっくり返るぐらいの勢いでホームベースへ突っ込む。1点が、1点が欲しい。その姿勢。 そのまま...
我思う

夏の星座にぶら下がって

夏です。熱くてたまんないです。今日なんて盆なのに働くってなものだからTシャツで出勤です。 後輩どもも夏なのに仕事なので、今週は花火大会にいこー!となりました。女子は浴衣を着てくるように指令を出しました。今日はビアガーデンを予定していましたが、藤原が寝坊して昼から出勤したこともあり、だめでしたー。 夏!といえばってことをたくさんやって、楽しく過ごせることを祈っ...
我思う

誰かが歩いて、誰かが続き、その流れが大きくなると道ができる。 今週は仕事が忙しく、自分以外のところのサポートに追われた。しかしながら、有能な後輩どもは教えれば教えるほどたくましくなっていくし、チームプレーができるようになってきたせいか、作業の頭で意思疎通を行い、取り掛かって終わるまでに生まれる成果が上がってきた。 これだから仕事は楽しい。 自分はダメな社会人...
我思う

でも結局同じだったと信じたい

「思い出は逃げ込む場所ではない」 というのはある映画のセリフだ。思い出に囚われた相手を哀しみ、主人公を巻き込もうとした相手に向かっていった言葉だった気がする。 じゃ、はじめよう。
我思う

みみのなか

ダイビングの海洋実習で潜ったとき。6メートルぐらいのところで耳が痛くなり、耳抜きをしても片方しか抜けなかった。あらゆる手段を講じてはみたが、結局うまくいかず、ゆっくりおりながら、なんとか痛みは消えた。 その後、耳に違和感を感じたので、耳鼻科で診てもらったのだけれど、先生の第一声は「ダイビングにむいていないんだよ」。昔から耳は弱かったので、ひょっとしてそうかも...
我思う

プロローグ

やっと週末。今週は嵐だった。 仕事で「お前らなめとんのか!」と激し、対応に追われて疲れ果てた。でもやっと週末。明日、明後日は久しぶりにジムに行って、石垣島の写真を整理しようと思う。 ようやく東京も夏がはじまろうとしている。石垣島の夏も「あの夏」になろうとしているのだ。 この前、会社の人間と「青春」について話した。僕はね、青春ってずっと続くものだと思っている。...
我思う

さよならの続き、自分らしさ

本当にお世話になったねえやん(先輩)がやめて、もうすぐ1月経とうとしている。 最期に、今働いている場所のメンバーから集めたメッセージを書いた色紙と、ささやかだが結婚祝いを。あと、感謝の気持ちを込めて手紙を書いた。 昨日、ねえやんから手紙が届いた。 今年はいろんな手紙が届く年みたいだ。なにかしら自分を知っている人がいる。このことを実感できるのはとても幸せなこと...
我思う

夏のはじまり

季節には匂いがある。 石垣島に行ったときは、夏の匂いがした。うだるような暑さなのに、木陰は涼しい。空気がゆらゆらゆれているようなのに、太陽はまっすぐ沈む。 東京はまだ梅雨なのかな?まだまだ夏の匂いがしない。 夜なのにドキドキする暑さ。それでいて静かで、熱気が肌にまとわりついて、寝るのがもったいなくなるような夏の夜。 はやくこいこい僕の夏。 今年は仕事でつぶれ...
我思う

請福と泡波

石垣島でのおみやげとして、実家に古酒を一つ。自分用に請福を一つ買った。八重泉より請福のほうがすっきりして好き。 マイグラスもかった。島ガラスの赤。 これで泡盛を飲むとすっげーうまい。またいきたいなー。 石垣島でラッキーなことに泡波のミニボトルを買うことができた。地元の人が言ってたけど、請福とかと飲み比べると違いがよくわかる。もわっとコクが広がる感じだっ...
我思う

不眠症

寝れない。 それもこれも動かないシステムのおかげだ。オフショアで開発したのはいいもの、手探りで動かそうとしている。頼れるのは直感と情熱。その情熱が消えてきたので、眠れなくなってきた。 やーばーい。 とりあえず、今週は旅行で疲れたのでゆっくり休もう。週末は面白そうな映画もなさそうだし、のんびりビデオ編集でもしようかな。あーでも、明日はスキューバのプール講習だ。...
我思う

帰ってきた。 去年、石垣島から帰ってきて2ヶ月ぐらいは何もできなかった。でも今年は違うみたい。さすがに仕事のテンションは低いだろうけど、やれないことはない。 沖縄はもう夏。夏まっさかり。こちらは曇り空。 詳しい思い出は写真ができてからにしようと思ってるけど、やはり旅はいい。離島には一人旅の人も多く、バックパックを背負った男性、女性が結構いる。彼らをみていると...
我思う

運命に抵抗

精一杯、運命に抵抗。 世の中は思い通りにいかないわけではなく、いきにくい。本当に生きにくいともいう。 世の中には、休みたくても休めない人もいるし、理不尽な暴力に苦しむ人もいる。それが運命だと言えば聞こえはいいけど、僕はその運命に抵抗したい。抵抗しなければならないと思っている。 これはとても生きにくいに分類され、実際にも生きにくい。しかし、抵抗は挑戦に似ている...
我思う

さよならさんかく

今週末は買い物にいったりして忙しかった。ダイビングの講習を忘れてしまったりするぐらい忙しかった。でも、その成果もあってか、来週末の沖縄石垣島旅行の準備もできたし、金曜日に退職する会社の先輩のプレゼントも用意できた。 誰かが前に、「なんで『さよなら』は三角なんだろう?」って言っていた。なんでだろう?さよならって聞く度に、その言葉を思い出したりしちゃう。 辞める...
我思う

永遠の過去からの手紙

見慣れた文字で君から手紙が届いた。(by HY - てがみ) 過去は永遠だと思う。 逆に未来に永遠などなくて、のちに過去となり、永遠になるかは自分の「ふるまい」次第だと思う。 メールを整理していると藤原mixiにメールが2つ届いていた。一つは、僕が「死にたいなー」とか思っていたときに、必死になって怒ってくれた人。もう一つは、僕が今までで一番好きになった人から...
タイトルとURLをコピーしました