スポンサーリンク

PICA富士吉田で娘と二人キャンプしてきたよ

もう20年以上の付き合いになる大阪の女友達が「女の子は必ずお父さんを嫌いになる」とLineで煽ってきたので、娘と二人でキャンプに行ってきました。嫁と息子は「家のほうが快適」ということでお留守番です。

スポンサーリンク

道の駅富士吉田へ

食料については、どこでも買えるものは家で準備し、それ以外は道の駅で探します。今回訪れたのは道の駅富士吉田です。

ここは食堂、物産販売所、モンベル、レストラン、アリーナ、富士山レーダー館と見どころ満載なので、土日は激混みするようです。

ハムとベーコンが少ししかなかったので、肉力より野菜力が高い。
ゆるキャンコーナーが充実。
ここにもあそこにもゆるキャン。
食堂のコップ。
道の駅の食堂とあなどっていたけど、ここの吉田うどんうまい!

買い物を済ませ、少し時間があったので、レーダー館の方に向かいます。駐車場もわかれていますが、歩いてすぐなので、車を止めたまま移動できます。

入り口には湧き水を汲む場所があり、たくさんのボトルを抱えた人で賑わっていました。試しに、もっていたマグカップで水を汲み、湧き水初めてな娘に飲ませてみると

娘「ただの水だな!」

と、場が凍りつく一言。子供は正直だなぁ。

レーダー館の手前は芝生が広がっており、富士山も見えます。手前には水遊び場もあるので、子どもたちが楽しそうに遊んでいました。

レーダー館もゆるキャン一色です。とくにグッズ数がすごくて、よくもまぁここまで集めたな!と思うぐらいたくさんあります。

レーダー館の展示はなかなかおもしろく、マイナス14度の世界体験もできて、身も心も親子で震えました。

グッズありすぎ。

PICA富士吉田へ

今回お世話になるのはPICA富士吉田です。林を抜ける道のとちゅうにぽつんとあるキャンプ場です。こじんまりしているので、歩いてすぐ回れます。

コテージ・フォレストキッチンに泊まりました。ちょっと贅沢ですが、娘とはもう一緒にお風呂に入っていないので、部屋にバスがある施設しか選べませんでした。さすがに共同浴場へ行かすにはまだちょっとはやいかなぁと。

室内にガスコンロが付いています。キッチンと外の間にカウンターがあるので何かと便利です。
娘はずっと地面に石で杭を打ち続けていました。楽しそうでなにより。
火起こしもだいぶ慣れてきました。鉄板はキャンプ用アルミホイルで十分。夕飯だけなら炭一袋と薪1束で十分ですね。

晩御飯は奄美大島名物の鶏飯を真似て作りました。鍋のスープをご飯にかけて、具はお好みで適当に。さらさらなんぼでもいけます。お出しが大好きな娘のリクエストです。

娘に「キャンプで食べるごはんは美味しいか?」と聞いたところ

娘「うーん。家の味と一緒」

子供は正直だなぁ。

フルーツポンチは富士山サイダーで作成。
t朝食はイワノのホットサンドメーカーを利用。鉄板2つに分離するので目玉焼きを焼いたりハムを焼いたりもできて便利。

さて帰ろう

なんとか無事にキャンプを終えたので、のんびり帰ります。

娘は最近、スワンボートにハマっているので、今回は河口湖に向かいます(前回は山中湖)。

mめめgめがめ目がハート。
うっすら富士山が見えます。

あとは山梨県のスタバで限定フラペチーノを探しましたが、どこも売り切れ! 静岡バージョンは飲めたけど、山梨は手強いですね。

今回は娘とふたりキャンプです。よって、食事の準備、お風呂の準備などの負担がすべてやってくるため、ゆっくり過ごすのが難しかったです。

ただ、ふたりで協力して布団を並べたり、食事を作ったりするのは、娘にとってもいい経験になったのではないかと思います。娘も「また行きたい」と言っていたので、今度は海の近くのキャンプ場にでもいってみようかしらね。

しかし、夜中寝ぼけて「ムクリ」と起き上がるたびに寝かしつける必要があり、寝不足になってしまいました。これを毎日こなしている嫁すげーな(しかもふたり・・・)。

タイトルとURLをコピーしました