スポンサーリンク

API経由でテスト実行!mablをCI/CDに統合する #mabljapan

テスト自動化の肝とも言えるのがCI/CDへの統合です。これによってテストが開発全体の流れに組み込まれ、開発関係者全員が意識せざるを得ません。ある意味で制約となるわけですが、この制約を乗り越えなければ、CI/CDを健康的に運用するのは難しいでしょう。

スポンサーリンク

Deployment Events API

API経由でのPlan実行は、CURLで行います。Settings > APISを開けば簡単にコマンドを作成できます。

ただ、説明欄にもあるように

Use the Deployment Events API to tell mabl when you deploy your application. This will trigger any test plans that you have configured to run when deployments occur. Though, it is best and easier to use mabl CLI to do this.

mablはCLIに力を入れているので、可能な限りCLIを使うほうがいいとおもいます。

テスト実行用APIは Deployment Events APIです。Environment、Applicationを指定し、実行したいPlanのラベルを選択します。

それ以外の項目は任意ですが、開始URLを指定したり、Credentialを選んだり、Planで設定できる内容が並んでいます。

さらに上記のような設定も可能です。設定を終えると、一番下にこれまで選んだオプションが入り込んだコマンドが表示されるので、コピーしてターミナルから実行するだけになります。

実行結果は上記のようになります。このIDはイベントIDをさしており、後述のテスト結果習得APIで利用できます。

Execution Result API

結果は Execution Result API から取得します。これも同じく Settings > APIS からコマンド生成できます。先程登場したイベントIDを指定しましょう。

実行結果はもちろん、失敗した場合の理由も返ってきます。もしすでに利用しているテスト管理ツールがあるなら、そこに結果を流し込むことも可能です。

タイトルとURLをコピーしました