スポンサーリンク

Selenium IDE形式などテストケースのエクスポートも簡単にできちゃう。そうmabl CLIならね #mabljapan

前回書いたmabl CLI解説の続き。今回はめっちゃ期待できそうなエクスポートの仕組みを調べてみます。mablは「ベンダーロックしない!」と高らかに宣言するオープンを目指したサービス。テストケースもSelenium IDE形式でエクスポートできます。

スポンサーリンク

Selenium IDE形式でエクスポート

Selenium IDEは side 拡張子みたいなので、フォーマットを以下のように指定してCLIをたたきます。

$ mabl tests export <test-id> --format side

ダウンロードしたファイルを見てみると・・・

おおおお! できてる!

ただ、PDFやEmailのテストはSelenium IDEでは実装できないmablならではの機能なので、エクスポートできません。

$ mabl tests export help
mabl tests export <id>

Export a mabl test to Selenium IDE compatible format

Positionals:
  id  test id to export  [string] [required]

Options:
  --version, -v    Show version number  [boolean]
  --help, -h       Show help  [boolean]
  --format, --fmt  Specify a format for the test export  [choices: "json", "yaml", "csv", "side"] [default: "yaml"]
  --mabl-branch    Which branch of the test to export  [string]

フォーマットとしてjsonやyamlも選べるので、出力した内容をテスト管理ツールに突っ込んで管理・・・とかも簡単にできますね。すばらしい。

参考: Selenium IDE export

タイトルとURLをコピーしました