スポンサーリンク

mablなら「メールの本文のリンクをクリック」するE2Eテストを実装可能 #mabljapan

mablの素敵ポイントの1つがメールのバリデーションができる点です。最近のアプリはアプリだけで完結せず、メール、SMSなどなどと連携するのは足り前。mablのメールテストとバリデーションは、まさにそういうかゆいところに手が届く機能と言えます。

スポンサーリンク

Email testing and validation by mabl

mablでメールアドレスを発行して、mablトレーナー経由でメールにアクセスできるようにするというアイデアはとてもシンプル。でもいいアイデアですね。

似たようなサービスで「Mailosaur」がありますが、こちらはライブラリベース。使い勝手はプログラミングに近いMailosaurですが、簡単さでいうとmablのほうが上ですかね。

まずは上記のようにmablトレーナーでメールアドレスを発行。変数に保存しておきます。メールアドレス更新とかであれば「current_email」と「new_email」みたいに変数定義すればいいと思います。

メールを送信すると受信トレイにメールが表示されます。

まずはメールのFromとSubjectをチェック。

受信したメールを開けるので、開いてみると・・・

簡易メールビューアが開くので、本文の文字列を読み込んだり、リンクをクリックしたりできます。画面キャプチャも撮ってくれるので、HTMLメールのレイアウト崩れも検知できそうです。

添付ファイルここで確認できますが、mablのダウンロード機能はmablでダウンロードしたファイルをチェックするでも調べたように中身まで確認できないので注意です。

mabl sandboxにはメール送信するミニアプリがあるので、それを使ってmablのメールボックスにメール送信して試すとかも可能。

このサンドボックスにはmablに関係するTIPSがつまっているので何かと重宝しそうです。

参考: Email testing and validation

タイトルとURLをコピーしました