スポンサーリンク

成功には理由がある! 有名企業の本13冊を読んでみた(Webサービス企業多め)

パタゴニア – 『社員をサーフィンに行かせよう』

社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論
「ロイヤルカスタマーに妥協のない品質の製品を販売することが最も利益に結びつく」というパタゴニア創業者の信念がとてもすばらしく、売る商品にこだわる姿勢は、ショップオーナーの参考になるのではないかと。

ユナイテッドアローズ – 『ユナイテッドアローズ 心に響くサービス』

ユナイテッドアローズ 心に響くサービス(日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫 ブルー ま 8-1)

UAもZapposによく似ていて、接客へのこだわりと育成に強みを持っています。「創造的商人」って言葉がUAのポリシーを表していてステキ。

ANA – 『どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ』

どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ (単行本)
ANAは強い。なぜなら、この地味で粘り強い改善が彼らの翼を鍛えていて、それを魅せつけられたような気分になる良書。

鎌倉シャツ – 『鎌倉シャツ 魂のものづくり』

鎌倉シャツ 魂のものづくり
コンパクトで小奇麗な店舗。その販売力とモノづくりにかける意気込みはパンパない。

タイムズ24 – 『なぜ、いまカーシェアリングなのか』

なぜ、いまカーシェアリングなのか―「タイムズプラス」が提案するヒトとクルマの新たな関係
最近、ネットと関係ない企業が、自社サービスを活かしたWebサービスを展開して成功しているのが面白い。もう、ネットはネット起業だけのものではないってことだろう。

ルーム・トゥ・リード – 『マイクロソフトでは出会えなかった天職』

マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった
社会起業家へと転身した著者の物語。人生の教訓がちりばめられていて一気に読んでしまう。

無印良品 – 『無印良品は、仕組みが9割』

無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい (ノンフィクション単行本)
徹底したマニュアル化によって、社員の知識を標準化し、品質を高く揃えていった事例。マニュアルといえば聞こえは悪いが、ここまで徹底するとそれをこえた価値を生み出すのだなぁ。

おわりに

尊敬される企業に共通するものが何なのか? それはいろいろあるのでしょうが、やっぱり「誰に向かって仕事をしているか」が大きい気がします。株主しか見ていない企業もあれば、ユーザーにこだわりすぎてしまう企業もある。ビジネスと理想のバランスの取れた企業は、やはり強いなぁと感じるばかりです。

ただ、どの企業も死ぬほど働いてる時期があるので(今もそうかもしれない)、最近流行りのブラック企業たたきも、間違えると急成長する企業の芽をつぶしかねないのかなと。

どちらにせよ、自分が共感できる企業で働いたり、サービスを購入したいものです。

タイトルとURLをコピーしました