大阪にある「たこ焼き」の名店を一日でまわってきたでぇ

道頓堀「くくる」

道頓堀くくる

なんばからプラプラと歩いて道頓堀へ。新幹線で新大阪駅くるとついつい寄ってしまう「くくる」。

R0012194.JPG

みての通り、まんまるたこ焼きと言うより、柔らかすぎてデプーンとしているのが特徴です。くくるは地元石橋駅に昔あって、バイトの休憩に食べた懐かしい味です。最近だと蒲田とか東京にも店舗を出してます。

公式サイト: くくる

道頓堀「十八番」

道頓堀「十八番」
道頓堀はたこ焼き屋がたくさんあります。その名でも目立つのが「十八番」。

道頓堀「十八番」

特徴は天かすの量。鉄板から大量の天かすがこぼれ落ちていて、たこ焼きもゴツゴツした形です。
道頓堀「十八番」

天かすが一味違った触感を生み出している一品。ごつごつしたフォルムが印象的ですね。

公式サイト: 十八番

道頓堀「大たこ」

道頓堀「大たこ」

かつて道頓堀には、たこ焼き屋が二つならんでる場所があって、どちらの店にも「日本一」の文字が。これを見るたびに「大阪っていいな」って思ったものです。

そのひとつのお店がこちらの「大たこ」。もう一つのお店は「たこ八」は向かいにありましたね。

道頓堀「大たこ」

そとはカリカリ、中はとろとろ、タコは大きめのたこ焼き。カリカリ度が強めですね。こちらも奥に座って食べられる場所があります。

タイトルとURLをコピーしました