スポンサーリンク

2014年にもっとも読まれた記事ベスト10!

第5位 ソフトウェア開発会社に未来なんてない、つーか滅びろ

第5位は尊敬するアジャイル実践者である倉貫さんの本について書かせていただいた「ソフトウェア開発会社に未来なんてない、つーか滅びろ」。

僕は納品ビジネスが嫌でWebサービスの仕事を選んだので、業界の非常識な常識について書かれたこの本にとても共感しました。問題を悩むだけではなく、ちゃんと一歩進もうとしているところがいいんですよね。また、ソニックガーデンに遊びに行こう。

第4位 チームとタワーを創造せよ!マシュマロチャレンジでチームビルディング

第4位はワークショップを解説した「チームとタワーを創造せよ!マシュマロチャレンジでチームビルディング」です。

TEDの動画が最高なので、日本語で解説するとどうすればいいか考えながら書きました。でもみんな、ワークショップばっかやってると「自分は仕事でもできる」みたいに勘違いする奴いるから気をつけろ!

第3位 3年使ったRedmineの使い方について共有したい10のこと

orcmid via flickr

3位は「3年使ったRedmineの使い方について共有したい10のこと」。

これも息が長い記事です。人気の記事に仕上がったのは、実際に経験して試行錯誤しながら、「ツールを使う本質」を考えることができたからだと思ってます。ブラウザでURLを見ればわかると思いますが、実は当初考えていたタイトルは「redmineの使い方について試行錯誤した10のこと」でした。

第2位 娘よ、保険の本を13冊読んでわかったことを書いておくぞ

Photo 2014-07-22 21 20 41

第2位は愛する娘を思いながら書いた「娘よ、保険の本を13冊読んでわかったことを書いておくぞ」です。

娘のために書いたやさしい父親の記事に見えますが、実を言うと二俣川のドン・キホーテ内にある保険ショップ店員の説明や態度の悪さにあまりにも腹が立ち、復讐のために勉強をはじめたのがきっかけです。

この記事はデイリーで2.5万PV。はてブが2000ついて、はてなブックマーク年間ランキング24位になったので、その保険ショップ店員の態度の悪さを、たくさんの方に伝えることができたみたいなので大成功だ!

第1位 新生児用の紙おむつ6種類を男目線でガチ比較してみた

新生児用おむつの比較

そして栄光の第一位は「新生児用の紙おむつ6種類を男目線でガチ比較してみた」でした。

娘にちゃんと選んであげたかった・・・というのもあったのですが、それよりもオムツの柄でおしっこラインが見えにくいのはどういうことだ!? という怒りから比較をはじめました。

結局、親の好みを子どもに押しつけてるだけなんじゃないかな? って思い、僕も娘の気持ちになって考えるように気をつけないとと思うようになりました。

2014年の感想

いかがでしたでしょうか? 個人的にはふたつ思うことがあります。

ひとつは、エンジニアの技術&日常ブログだったのが、去年娘が生まれてから育児&便利グッズサイトになってしまったところが気になっています。ちゃんと技術ネタも書いていくと心に誓う藤原でした。

もうひとつは、自分の思ったことよりも、何かや誰かのために書いた記事のほうが人気になっていますね。相手のことを考えながら、伝える工夫をして書いていこう。

去年は育休中にたくさん考え事ができたので、102件の記事を書きました。さらに、72万人の方が来てくれたそうです。今年もたくさん書いて、100万人の人に会いに来てもらいたいな。

タイトルとURLをコピーしました