スポンサーリンク

育児雑誌を嫁とその旦那視点でガチ比較してみた

AERA with Baby(朝日新聞出版)の感想

AERA with Baby 2015年 06 月号 [雑誌]

年齢層は他の雑誌と比較して少し高めです。AERAというだけあって、他の雑誌に比べると流行に左右されない真面目な読み物(他の雑誌も真面目に作っているのでしょうが特に)という感じが強いです。

読み応えがあるので、雑誌でありながら読むのに時間がかかります。スキマ時間にちょっとだけ・・・という感じではないですね。もちろん、読み物は面白いテーマが多いですが。

SAKURA(小学館)の感想

SAKURA(サクラ) 2015年 07 月号 [雑誌]

記事の内容からして、0歳のママにはあまり向いてない。幼稚園くらいの子のママ向けですね。そのため、年齢もちょっとだけ高いです。

子育てより、ママのファッションがメインです。モデルさんが出てくるのがほとんどなので、「こんなおしゃれなママ本当にいるのか?」と疑っています。

mamagirl(エムオン・エンタテインメント)の感想

mamagirl 夏号 2015 2015年 07 月号 [雑誌]: andGIRL(アンドガール) 増刊

「girl」とつくので、20代後半から「女子」って言いたくない嫁にとっては買うのに抵抗がありました。でも、調査してみると平均年齢は他の雑誌とあまり変わりません。

ただし、ファッションは若いなーという印象ですので、「こんな若く見える30代すごいな」と思いました。ファッション強めですが、育児についても割と記載されています。

また、主婦が読む雑誌ということで、節約志向なのか、ファッションについてはプチプラ(安い)のファストファッション(UNIQLO、GU、ZARAなど)推しです。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

まとめ

育児雑誌は参考になる情報も多く、勉強にもなるし息抜きにもなります。男性が読んでみてもけっこう楽しめるんじゃないかな?

僕も一通り読みましたが、よさげな育児グッズ(エイテックスのキャリフリーチェアベルト)を見つけたので買おうと思っています。

あと、出産祝い何にしよう? と思ったときに参考にしてもいいかもしれません。人気で実用的なお祝いを送るときっとモテます。

最後に、雑誌に出てくる読者モデルさんは、すげー広い家に住んでいて、すげー高そうな家具で、すげーきれいな人がいっぱいです。リア充ってうらやましい。

タイトルとURLをコピーしました