スポンサーリンク

36歳会社員。娘が生まれた。保険を見直した。

現在最安の定期保険はどれか?

会社名条件月額合計金額
チューリッヒ生命非喫煙優良体、1年禁煙3,600円432,000円
メットライフ生命非喫煙優良体、2年禁煙3,600円432,000円
ライフネット生命4,747円569,640円
アクサダイレクト生命4,780円573,600円
楽天生命4,920円590,400円
オリックス生命4,976円597,120円
メットライフ生命非喫煙標準体、2年禁煙5,370円644,400円
チューリッヒ生命標準体型、1年禁煙5,670円680,400円

上の図は比較のため3,000万円、保険期間10年の定期保険で揃えて知らべた結果になります。定期保険は特定の期間で契約する保険なので、「一生涯」とかではないですが、料金が安いです。短期的なリスク回避としては定期保険がよいと思います。

細かい条件が異なるので一概に比較できないのですが、値段だけ見るとチューリッヒ生命の「定期保険プレミアム」とメットライフ生命の「スーパー割引定期保険」が最安です。両者とも喫煙をしておらずBMIや血圧が基準値であることが条件です。喫煙者であれば、ライフネット生命「定期死亡保険 かぞくへの保険」が最安です。

一昔前(とはいっても半年ぐらい前に調べたとき)はアクサダイレクト生命や楽天生命がしのぎを削っていましたが、うれしい価格競争でラインキングに変化がでていました。保険は入る(更新する)タイミングで、きちんと時間を取って調べたほうがいいですね。

現在最安の収入保障保険はどれか?

Screenshot_121414_054006_PM

定期保険は保障の期間中ずっと同じ保障額でした。しかし、上の図のように自分が生きている限り、必要保障額は減っていくので、「5年後、10年後も3,000万必要」ではないはずです。こういったニーズによって生まれたのが収入保障保険です。収入保障保険はだんだん補償金額が減っていく分、支払額が安くなっています。

収入保障保険は、もらえる金額ではなく月々の給付金額で料金が変わってきます。下の表では、収入保障年金月額15万、36歳から60歳までの24年保障で比較しています。今すぐ死んだ場合、15万x24年x12ヶ月=4,320万もらえる計算となります。

商品によっては収入保障年金月額を細かく設定できるので、必要額から逆算して月額を見つけてもいいでしょう(例:僕の場合、1860万必要 / 24年 / 12ヶ月 = 月64,000万円ぐらい)。

 会社名条件月額合計金額
T&Dファイナンシャル生命非喫煙者健康体保険料率、1年禁煙3,525円1,013,760円
チューリッヒ生命非喫煙優良体型、1年禁煙3,540円1,019,520円
AIG富士生命非喫煙者優良体、1年禁煙3,690円1,019,520円
ひまわり生命非喫煙者健康体、1年禁煙、平準払込形式3,795円1,092,960円
ひまわり生命非喫煙者標準体、1年禁煙、平準払込形式4,365円1,257,120円
アクサダイレクト生命4,440円1,278,720円
オリックス生命4,455円1,283,040円
AIG富士生命優良体4,710円1,356,480円
T&Dファイナンシャル生命健康体保険料率、1年禁煙4,770円1,373,760円
T&Dファイナンシャル生命標準体保険料率、1年禁煙5,010円1,442,880円
チューリッヒ生命標準体型5,520円1,589,760円
ひまわり生命喫煙者健康体、1年禁煙、平準払込形式5,265円1,516,320円
ひまわり生命標準体、1年禁煙、平準払込形式5,385円1,550,880円
AIG富士生命標準体5,520円1,589,760円
三井住友海上あいおい生命(収入保障保険)保険料払込免除特約付加しない、給付金なし5,340円1,537,920円
マニュライフ生命保証サイトから計算できず。AIG富士生命ぐらいの料金だった。

実際に商品を見てみると、第一位はT&Dファイナンシャル生命の「家計にやさしい収入保障」が最安の月額3,525円です。チューリッヒ生命の「収入保障保険プレミアム」が3,540円、AIG富士生命の「収入保障保険」が3,690円と続きます。

チューリッヒ生命は定期も収入保障もコスト面でとても優れています。ただし、健康優良体の条件が最高血圧は120mmHg未満、最低血圧は80mmHg未満と最近厳しくなっているので、これをクリアできるならおすすめの保険です。僕は今年の健康診断だと最高血圧が127だったので無理でした。残念。

禁煙していてもBMIや血圧でひっかかるなら、日本一長い名前の生保である損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社の「家族のお守り」が最安になります。ひまわり生命の場合、逓減方式で支払うとだんだん支払額が下がり、合計金額で考えると最安の保険といい勝負をします。ぜひ、保険ショップで確認してみてください。

ここまでは非喫煙者が対象の金額ですが、喫煙者であればアクサダイレクト生命の「カチッと収入保障2」が4,440円と最安になります。T&Dの合計支払額からアクサダイレクトの合計支払額を引くと264,960円。喫煙者であるかないかでこれだけの違いが出ます。

タイトルとURLをコピーしました