WebLogic9.2のログ

ログ ファイルのコンフィグレーションとログ メッセージのフィルタ処理を見る限りではLog4jを使った実装に変えることもできるみたいなので、Loggerのカスタマイズも可能。

スポンサーリンク

一覧 

ログ単位設定箇所説明ローテーション世代管理備考
ドメインログドメイン毎管理コンソールドメイン内サーバ情報サイズ・時間
サーバログ管理・管理対象サーバ毎管理コンソール各サーバの詳細情報を記録サイズ・時間ログフィルタでフィルタリング可能。
コンソールログ管理・管理対象サーバ毎起動・停止スクリプトVM、起動ログなど標準出力・エラー情報不可不可独自に実装しなければローテーション世代管理はできない。
HTTPアクセスログ管理・管理対象サーバ毎管理コンソール各サーバのHTTPアクセス情報サイズ・時間
トランザクションログ管理・管理対象サーバ毎なし未完了トランザクション不可リカバリ用にWLが管理しているログ(DAT)。
JDBCログ管理・管理対象サーバ毎管理コンソールSQLやJDBC情報不可サーバログに出力される。
監査プロパイダログ管理・管理対象サーバ毎管理コンソールセキュリティイベント監査情報時間不可
JMSログ管理・管理対象サーバ毎管理コンソールJMSメッセージログサイズ・時間
プラグインログWebサーバ毎WebサーバプラグインWebLogicで使っているプラグイン情報不可不可

場所

ログ場所
ドメインログドメインの画面>ロギング
サーバログ環境>サーバ>サーバ名クリック>ロギング
コンソールログ起動スクリプト内でWLS_REDIRECT_LOGを設定すると出力される
HTTPアクセスログ環境>サーバ>サーバ名クリック>ロギング>HTTP
トランザクションログ「BEA_HOME/user_projects/domains/ドメイン名/servers/サーバ名/data/store/default」に「.tlog」というものが出る
JDBCログ環境>サーバ>サーバ名クリック>デバッグ>weblogic>jdbcにチェック
監査プロパイダログセキュリティレルム>セキュリティレルムの概要>myrealm>プロバイダ>監査>新規作成>作成後監査プロバイダをクリックしてプロバイダ固有。「BEA_HOME/user_projects/domains/ドメイン名/servers/サーバ名/logs/DefaultAuditRecorder.log」
JMSログサー
ビス>メッセージング>JMSサーバ>JMSサーバ名クリック>ロギング。「BEA_HOME/user_projects/domains/ドメイン名
/servers/サーバ名/logs/jmsServers/サーバ名JMSServer/jms.messages.log」
プラグインログプラグインの設定ファイルで設定
タイトルとURLをコピーしました