2007-09

旅に出る

一人旅の準備

寒くなってきました。年々、秋が消えていくのが寂しい。 20代最期の夏もここでは終わった。しかし、来週はいよいよ小笠原なので、まだ夏は終わらない。いよいよ最期の夏がはじまるのです。 ガラガラを引いて荷物を持っていこうと思ったけど、やっぱり一人旅なのでバックパックだなーと思った。しかし、藤原銀行はもう火の車。どうしようかなーと思って後輩に相談したら、 「バックパ...
思い出し笑う

お見舞いに行く場合の注意点

後輩が体の調子を崩しているので、お見舞いに行くことにした。 相手は箱入り乙女なので、さてどうしようと考えたが、逃げ惑うもう一人の乙女後輩をチョコでおびき出し捕獲に成功(本当は快くOKしてくれた)。バタバタ暴れるところに縄をつけて(ウソ)連れて行くことにした。 とりあえず、コンビニでゼリーやスポーツドリンクを買占め、さてはいざ向かわん! 後輩「家どこかしってる...
我思う

人の人生を知る

昨日、友達のBlogを見た。人の日常が語られる日記を見るのは久しぶりだった。 そこでは、僕が知ってる時間もある中、喜んだり、悩んだりしている友達がいる。なぜかわからないがジーンとした。 僕とはまったく別の場所で、同じ時間に違うものを見ていたり、たまに同じものを見たり。人の人生って不思議だなーと改めて思った。 本当によかった。教えてくれてありがとう。 今月で、...
エンジニアの心

Amazonウィジェットデビューらしい

Amazonのアフィリエイトかなんかで使っているバナーが進化したみたいだ。 ↓みたいなタグクラウドもある。すげー。カスタマ向けサイトはこういう進化をするんだなー。 Amazon.co.jp ウィジェット
思い出し笑う

旅の期待

朝、後輩と電車内でおしゃべりをしていた。 今度、彼女も草津に一人旅に行くと言う。「かっこいいね!」と藤原も草津に一人旅したことがあるので話が盛り上がった。 波照間でバックバックの女性を見かけたが、かっこいいんだよなー。俺ももすこしでかいバックパックを買おうかな・・・お金ないけど買うか!と妄想した。 途中、後輩はこんなことを言った。 「私も仕事の合間に色々調べ...
我思う

最近の本棚

最近のりにのっている。のりにのっているときは、問題がたくさんやってきたり、勉強していたフレームワークの魅力に取り付かれたり、欲しかった本が古本屋にあったりするものだ。今日は、最近読んだ本たちをメモ。のっているときは1日1冊ぐらいのペースなのがのっている。 #こういう日記って他人にしてみればつまんないんだろうなー。
思い出し笑う

地球の夕焼けは美しい

僕が働いている場所は眺めがよくて、関東平野の西のはずれに立っているので、見渡せばいろんなものが見える。 新宿の都庁や六本木ヒルズ、東京タワー。なかでも夕焼けがとてもきれいで、これから寒くなると空気が澄んで富士山がきれいに見える。僕は大阪で育ったので、富士山が手ごろに見える風景にびっくりする。 今までは新幹線からしか見えなかったのになー。 あるとき、僕は窓の外...
我思う

古道具 中野商店 – 川上弘美

藤原は「古道具 中野商店」を読み終えたばかりで、なんだか古いものを見たくなった。思い立ったら即行動する藤原は、初めて神田神保町の古本屋街へ行った。しかし、藤原は町の片隅でつぶやいた。 ここは古すぎる! 藤原は、自分が過ごしている時代にあった本が一番体に合うと思っている。例えば、好きになりそうな作家を探すために、過去の直木賞、芥川賞など、主要な本の賞を取った...
思い出し笑う

片思いと乙女と私

話は藤原が結婚式で歌ったというエピソード(参考:結婚式で歌う)から始まる。 藤原はとても暇なので、メッセで後輩仕事を邪魔をしているのだった。 アッサム:アウェイで歌歌わせる新郎と新婦ってすごいですね。 藤原さん:そやろ。5回ぐらいしか遊んだことないしね。不思議なものです。 アッサム:すごいですね。5回しか遊んだことない人を結婚式に呼ぶなんて。 藤原さん:思い...
我思う

チーム・バチスタの栄光 – 海堂尊

ひとつだけ、ヒントを差し上げましょう。ルールは破られるためにあるのです。そしてルールを破ることが許されるのは、未来に対して、よりよい状態をお返しできるという確信を、個人の責任で引き受けるときなのです。(第一部ネガ ゆりかごより) 「このミス」作品を久しぶりに読んだ。続編と思わしき本がたくさんでていたので、面白いのかなーと思ったんだけど、これはすごい。 久し...
我思う

他人とうまく付き合う方法についての考察ファイナル

後輩から「働きマン」関連書籍を借りた。みんな働きマンが好きになっていくのはいいことなのかもしれない。 その本の中でこういう言葉があった。 闇雲に厳しくするべきじゃないのはもちろんだけど、傷つき易い人に合わせてゆくのがやさしさだとは到底思えない 仕事中に読んでぐっときた。 僕はあれからいやというほど考えたが、どうしても人の言うことが正しいと思えなかった。しか...
思い出し笑う

メッセから届いた「にしこり」

タバコを吸ってPCを開くと、メッセがちかちか光っていた。21歳のキュートなちょいワル後輩が差出人だ。なんか、いやな予感がする。そこにはこう書いてあった。 にしこり 何だ・・・。何をオレは試されているんだ?これでオレにボケろと言っているのか?どきどきしながら、すごしていると、続いてこんな文字が送られてきた。 「よく見ると松井です。」 なんだ?どきどき。「にしこ...
我思う

命短し恋せよ乙女 – 映画「生きる」より

胃がんで余命を知った役人が、何も残して来れなかった人生を悔やみ、公園を作ろうと奔走する話。 最近、TVでリメイクされていた。前々から黒澤明さんの映画を見たいみたいと思っていたが(藤原は「夢」しかみたことがない)、「生きる」を見てフランス映画みたいだなーと思った。 この映画は、死をかけた働きマンの話だと思う。 なぜ、この映画を見ようと思ったかというと、「生き...
思い出し笑う

後輩の脳みそ

最近よく登場する21歳の後輩について。 年齢が離れているせいなのかどうかわからないけれど、彼女の話を聞くととても面白い。僕は個人的に、「男性は100人に1人面白い奴がいるけど、女性は100人いたら90人ぐらい面白い」と思っている。彼女の持っている世界観は、それぞれにふさわしい理由があって、聞いているととても面白いのだ。 彼女はとてもキュートなエンジニアだ。の...
我思う

世界柔道

藤原は柔道がとても好きだ。 シドニーと時は連夜涙を流した。袖釣込腰すげーと感動した。 でも、今回の世界柔道ではあまりよくない結果になっている。 でもだ。 外国人選手は、朽木倒しとか肩車とか双手刈とか、レスリングみたいなことばっかり磨いてくる。 こんな柔道はつまらないし柔道ではない。 でも、そんな中勝ち上がる日本人の活躍には、毎回感動させられる。 中でも谷本選...
我思う

藤原の地図

今日は仕事中にGoogleMapで「藤原の地図」を作った。もう夢中。 拡大地図を表示 ・沖縄離島の旅 それ以外に作ったのが以下。 ・奈良明日香村石造物巡り・・・個人的にこの地図がとても好き ・旅の思い出(ちょっとした旅)・・・決行いろんなものをみたなー 過去に訪れてデジカメで写真を撮った場所。多分、3年ぐらい前からかな。そっからの足跡を辿るみたいで楽しかった...
我思う

映画「ナイロビの蜂」

アフリカ。 白人によって食い物にされるアフリカの暴力の話。 「ホテル・ルワンダ」を見たときは、「なんだこりゃ?」と思った。「部族が違うから殺す」という論理のもと、人々が大虐殺されてしまう。でも、よくよく考えると、結論が「殺す」というだけで、日本でも同じようなことが起きている。 「シティー・オブ・ゴッド」の監督が撮っただけあって、この無常さがすごくでていた。...
我思う

ドルフィンスイムについての調査

来月の休み届けを出して、すっかり小笠原な気分だ。 どうも「ドルフィンスイム」が楽しいらしいけど、藤原はふと考えてみた。 オレはイルカと泳ぎたいのか? ダイビングというのは海の魚を見たりするものなので、ライセンスの講習でも、水中で「ほら、青い魚がいるよー」とかやったりする。そして、ログをつけるときに、「青い魚きれいだったよねー」みたいなやり取りをする。 でも、...
我思う

リロ&スティッチをみたら絶対泣く

会社の後輩で21歳の小娘がいて、藤原はいいように扱われ手を焼いていた。その小娘はだいの「スティッチ好き」らしく、2年ぐらい前まで、リロとスティッチを間違えて逆に覚えていた藤原は、ディズニーランドのパレードで、スティッチのことを「リロだ!」と言ったことがあった。 それ以来、藤原はできるだけ「リロ&スティッチ」を避けて通ってきたのだが、小娘は藤原の古傷を知るよ...
我思う

他人とうまく付き合う方法についての考察 Season2

連絡:コメント投稿できなかったんだろうけど、コメントしてくれてありがとう。「どうやってやったんだ!?」と思いましたが、昔のエントリは投稿できたのかな?迷惑をお掛けしてごめんなさい。ブログの設定を直しました。 * 僕は自分で言うのはなんだけど、ものすごく勘がいい。嫌な予感は結構当たるし、それで自然と「なんかへんだ」と思ったら、徹底的になんとかしようとしている。...
タイトルとURLをコピーしました