2006-06

我思う

遠い日の歌 – パッヘルベルのカノンより

音楽を聴いていて頭の中が「うわー!」となる曲がある。 僕にとって「パッヘルベルのカノン」はまさにそんな曲だ。誰もが一度は聞いた曲だとは思うが、これに勝る音楽というものを探すのはとても難しい。 クラシックといえば敷居が高い感じがするが、CMやドラマ、映画なんかでよく使われる曲というものは、オリコンなんかでぱっと出てぱっと消えるような曲がもっていないもの...
我思う

願い

いつまでも、みんな一緒に、幸せに。 それはいつから幸福の第一位から滑り落ちてしまったのだろう?いつの間に、なぜみんな他のものを欲しがるようになってしまったのだろう。 (by 恩田陸 - 球形の季節) 僕はね。まー無理だとは思うんだけど、できればみんな幸せになって欲しいと思うんだよね。でも、現実的にはペンギン村みたいに太陽が「おっはよー」というぐらい不可能でも...
旅に出る

沖縄の日焼け対策について

旅のしおりがほぼ完成したので、持ち物を洗い出している。やっぱり気になるのが日焼け対策。去年は能登半島にいったんだけど、知らない間にすげー焼けてお風呂に入れなかった。これを防ぐためにもなんとかしたい。とりあえず調べた内容をメモメモ。
我思う

負け犬の遠吠え – 酒井順子

負け犬の遠吠え 「負け犬」という言葉が一世を風靡したのは記憶に新しいことだ。 この「負け犬の遠吠え」は女性ベースで語られているのだけど、負け犬には「負け犬のメス」と「負け犬のオス」というものがあるらしく、僕も読んでみることにした。 まず、女性の書くこういう「ぶっちゃけトーク」というのはとても面白い。女性の発想はとてもユーモラスでシビア。声を出して笑ってしまう...
我思う

永遠に

例えば永遠について。中国の言い伝えでは千年に一度天女が舞い下りてきて三千畳敷きの岩を桃色の絹の羽衣で一掃きする。そして、その巨大な岩が擦り切れてなくなるまでの時間を永遠と言う。 「へぇー、じゃあ永遠って無限じゃないんだ」 By パイロットフィッシュ
我思う

ミッション・インポッシブル – MI3

ミッション・インポッシブルは映画館でみるのが最高だ。 と思えるようなおなじみのテーマ音楽。スターウォーズのときも鳥肌がたったけど、こちらもまけてはいない。 映画としては、最期まで同じ力加減でいってないのが残念だったけど、悪役を演じたフィリップ・シーモア・ホフマンや、トム・クルーズのかっこよさがあるから、やっぱり楽しい。 でも、「特攻野郎Aチーム」みたいなチ...
我思う

それはどんな長い長い旅にも必ず終わるときがくるということに似ている

もう君が決めたことなんだろう。だったら、泣かずに自分を信じればいい。悲しいのは今だけだから。僕はいつだって君の味方だよ。 これは、僕が始めて言った別れの言葉だ。まーふられちゃった時のことなんだけど。その時、彼女は泣いて泣いて、僕はそういうときにくる思い気分を背負っていた。正直なところ、「なんじゃそりゃ」みたいな部分があったんだけど、彼女が車を降りるときにこれ...
我思う

現実逃避直視考察

明日は休む。 ずる休みのためだ。こそこそやるのはいやなので、ちゃんと上司、同僚には連絡。「もう決めた」のであれば、誰にもどうこういわれない。だってもう決めたのだから。 * 自分の発言には責任を持とうと思ってるけど、あまりよい表現が含まれる日記ではないので不愉快な思いをしたくないかたはここまでで。
思い出し笑う

日常で話されるような内容ですか

最近、通勤中はiPodでケツメイシとかHYを聞きながら谷崎潤一郎の「細雪」を読んでいる。 今日の帰り道に、電車にゆられながら本を読んでいると、後ろですごい大きな話し声が聞こえたので、ヘッドホンをはずしちょと耳をすませてみた。その内容は 神は存在するのか? ・ ・ ・ おもーい。 どうも酔っ払いサラリーマンとおばちゃん(多分他人同士)が議論しているみたいだった...
思い出し笑う

海外ツアーを探しているんですけど

藤原の今年の夏はとびっきりの夏になりそうだ。 旅行まで1ヶ月ぐらい前なんだけど、沖縄離島の航空券なんかはもう売り切れ寸前。こりゃツアーしかないかなーと思ったんだけど、それだとトータルで15万円ぐらいかかってしまう。 できれば宿泊と食事で10万ぐらいにおさえて、あまったお金を現地ツアーとかその他につかいたいなーと思っていた。 やっぱり個人旅行をしたい。そして、...
我思う

後記 ぼくのお父さん

歳をとることは悪いことではない。 あと2年で30になる僕だけど、やっぱりいまぐらい(24?28)の年齢でいたいと思ってしまう。最終手段としてドラゴンボールを探そうかと思っているぐらいだ。 しかし、絶対に歳をとる。なにがあってもだ。 そう思うと一年一年歳をとるということが、とても大切なことのように思う。 今日、もうすぐ夏至だという話になった。一年で一番昼間が長...
思い出し笑う

ぼくのお父さん – 父親への手紙

僕のお父さんはとても普通のお父さんです。 とても静かな人で、よくつまらない冗談をいいます。野球が好きで草野球チームに入っていました。僕は実際にみたことがないのですが、山がとても好きで家には山の写真がたくさんあります。若い頃はいろんな山を登ったと聞いています。 僕のお父さんは本当に普通のお父さんです。普通にサラリーマンで、普通に親父っぽくて、本当に普通です。 ...
我思う

7、8月で晴れる確立の高い日を探せ

というわけで気象庁の気象統計情報から地点ごとのデータを下に、7月8月で一番晴れる確率の高いときを探してみましょう。 ・気象庁 地点ごとのデータ 石垣島の「1ヶ月の毎日の値」をとりあえず1996年から2005年までの10年検索。それをExcelでまとめて降水量と日照時間のグラフを作成した。 結果としては3泊考えた場合、4日とも晴れる確立はかなり低い。どう...
思い出し笑う

俺の本気

内緒なんですけど、夏はある場所に行こうと思ってます。内緒ですよほんと。 旅行雑誌を買った。 今年の夏はここに決まりだ。ていうか決まりだ。決まり。決まり。決まり?。決め手はやはり会社の昼休みに見た海の青さ。海がやばい・・・。一気にテンション上昇。 年に数回。僕は本気になるときがある。その時の僕はとても愛想がよく、とても機嫌がいい。ハッピーな気分で過ごしている...
我思う

空に小鳥がいなくなった日

谷川俊太郎さんの詩集を読むと、雨がしとしと降っているときにようになる。 そして、その時だけ世界中の誰もが同じように空を眺め、 同じことを考えている気分になる。 その時間が終わると寂しくなるんだけど、すこしうれしい気分になる。 空に小鳥がいなくなった日 - 谷川俊太郎 ヒトに自分がいなくなった日 ヒトはたがいにとても似ていた ヒトに自分がいなくなった日 ヒトは...
思い出し笑う

会議室でおきてるんだ

事件が発生するとTVにはいろんな研究家や評論家があらわれるよね。ときどき「意味あるのかな?」って人もいるよね。 * 勤務先のビルには会議スペースが入っているらしく、エレベータホールには毎朝、その日の会議が掲載されていたりする。 僕はこれをとてもとても楽しみにしている。 経営効率向上会議 ・・・効率上げるための会議って効率悪そうだな。 ○○さんをしのぶ会 ・・...
思い出し笑う

月と太陽

修二と彰が歌った「青春アミーゴ」って曲があるじゃないですか。 前に先輩と関内を歩いていたときに「月と太陽」みたいな名前の店があったんですよ。僕はそれを見て 藤原「ねえさん、修二と彰って知ってます?」 先輩「しってるよー!」 藤原「あの店の名前ってそれに似てますよね」 先輩「雰囲気は一緒だね!」 という話になったんです。まー似てるのはゴロだけなんですけどね。 ...
思い出し笑う

いとこのおっちゃん

従兄弟のおっちゃんが、定年退職を迎えた。 うちのおやじより年上なので先に迎えたんだけど、本当にお疲れ様。定年まで働くなんて僕には想像できないから、とてもすごいことだと思うよ。 そのおっちゃん。陽気で酒好きな人なんだけど、なんとBlogを書いているらしい。本当に若いおっちゃんだ。 おっちゃんのBlog 「ブラリブラリ」 歴史大好きおっちゃんなので、定年後はいろ...
旅に出る

東神奈川の名店 – KUBOTA食堂

新人歓迎会。 新人が自分のユニットに配属されてきた。僕としては「エビちゃん」のようなプリティ、もしくは「シャーリーズ・セロン」のような美しさを持った新人を期待していたのだが、残念ながら夢かなわず。 よくよく考えてみると、うちのユニットでは一番下っ端が僕。恐る恐る聞いてみると 藤原「ねえさん、もしかして新人歓迎会をユニットでしないといけないんじゃないですか?」...
我思う

TRICK劇場版2

世の中の超常現象は全てトリックがある 「トリック」を劇場ではじめてみた。やっぱり面白い。 あの、どっとくる笑いと言うより「くくく・・・」とっくる笑いが連続でくる映画だった。 「Night Head」のような深夜ドラマから映画へと発展したトリック。僕はそういうドラマが結構好きなんだけど、共通するのは「後味の悪さ」だ。 トリックなどはねらってかねらわずかそうい...
タイトルとURLをコピーしました