恋の話

daipresents2004-04-01
(写真)18切符!!
昔々の恋物語。
友人に彼女がいて、友人は新聞奨学生しながら生活してました。
雪の降る寒いある日。
友人は新聞の配達を終え、雑務もすませて帰ろうと店をでました。
するとそこに彼女の姿が。
肩や頭には少し雪が積もり、寒い中友人を待っていたのです。
二人は目が合い、彼女は友人を見てニコっと笑いました。
そして少し間があり、
友人は突然逃げ出しました。
友人が後で言うには、
「寒い中彼氏を待っている姿」にちょっとよっている彼女をみて
ひいたそうです。そして目に見えぬ恐怖のすえ逃げ出しました。
友人は陸上部で長距離を走っていました。
普通追いつけるはずありません。
しかし彼女は、逃げ出した友人を見て、なにがなんだかわからず、
あわてて追いかけました。「なんでにげるの?」が彼女の
本心なのでしょう。気持ちわかります。
彼女は必死に追いかけました。
友人も逃げます。
「バタン!」
そのラリーがしばらく続いた後、彼女はつまずいて倒れてしまいました。
それにはさすがに友人は逃げるのをやめ、振り返りました。
すると道には彼女が倒れています。
友人は一瞬動揺しました。
彼女は痛そうに友人を見ました。
また二人の目が合いました。
すると友人はまた逃げ出しました。
これもまた友人に後で聞いたのですが、友人いわく
「こけて痛そうにしていたら助けてくれるだろう」という彼女の
思惑を感じたそうです。
助けに来てくれると思っていた彼女は、あわててまた友人を
追いかけました。
前にも言ったように友人は陸上をやっていた男です。
しかし、彼女は人間を越えた走りで友人に追いつき、
友人にタックルしました。
「ドーン!!」
そして友人の上にまたがり、
「バカバカバカ・・・」と泣きながら友人をたたいたそうです。
愛ってすごいですね。
今日は少しいい話をお届けしました。

タイトルとURLをコピーしました