2004-03

我思う

夢の世界を

(写真)戦慄のブルー >微笑み交わして語り合い 落ち葉を踏んで歩いたね。 >並木のイチョウもあざやかに いつかも夕日が映し出したね 夢の断片。 世の中には私には理解できない部分がたくさんあって、 それらに答えを求める私はまちがっているのかもしれない。 それぞれの価値観、それぞれの感情が描くものなんて夢物語。 どうしようもないダメ男を好きになる女。 そんとき...
思い出し笑う

日本電気株式会社

(写真)空が落ちてくる 日常の会話シリーズ 僕 「いきなりクーイズ!」 相手「はーい」 僕 「日本電気株式会社の略称はなんでしょうか!!」 相手「・・・」 僕 「多分しってるとおもいますよ?」 相手「・・・」 僕 「でっかい電気屋さんですね?」 相手「!!」 僕 「!!」 相手「わかった!!!」 僕 「おおー!答えをどうぞ!」 相手「でんこちゃん!」 で...

足りない部品

(写真)私が自分を追い込んだときに、いつも来ていた公園のベンチからの風景。ここで「ほら、みちゃいけませんよ!」と子供づれのお母さんにいわれそうなぐらい、死んだ目ですごしていたことを思い出す。 ここには片足のもげた鳩がいた。そいつはいつも堂々としていて、えさをあげたときに他の鳩もやってくるのだが、そいつらを蹴散らしながらえさをたべるのだ。 そういう強さが欲し...

幸せを配るヒト

(写真)花が咲く 思いつきで六本木ヒルズにいったのだが、東京の平野にそびえたつ巨大なビルは、天に向かって伸びるバベルの塔のようだった。 お店が閉まる頃だったので、土曜日ながら案外すいている。 途中「花とアリス」をみようとおもったが、終電で帰れないことが わかり断念。でもどんな映画館かワクワクだったので、いつか いってみたいな。 ぐるっと一周して近くのカフェ...
我思う

オー・ブラザー! ノー・マンズ・ランド

■ オー・ブラザー! 21:45 脱獄兵3人が隠し財産を手に入れるために脱獄し、珍道中を 繰り広げるストーリ。ジョージクルーニーブームが僕に来ていた ときにみたのだが、コーエン兄弟の作品らしく、色々なところに しかけが隠されていた。この兄弟が作るものってみていてワクワクする のがいいね。 また、この映画で3人が「ずぶ濡れボーイズ」と名乗ってレコードを とる...
我思う

アップルシード

この映画は戦争映画だ。 数年ぶりに試写会に行ってきた。 予告編なしで始まる試写会の雰囲気はたまらない。 10年以上前の漫画が映画化されたのだが、その10年前に買った漫画は、 いきなり物語がはじまり、内容が全然わからず、 当時中学生だった僕には「?」なものだった。 フルCGで描かれた世界なのだが、現実と非現実の境目が、 オープニングからわからなかった。映像は限...
我思う

グッバイ、レーニン!

(英題:GOOD BYE, LENIN!) 社会主義の崩壊。 冷戦と言う言葉をぎりぎり学校でならったきがするが、 私にとっては「歴史」といった感が強い。 アレックスは、社会主義にのめりこんでいく母親の息子。 母親が植物状態になっている間、東西の壁は崩壊し、母親を 支えていた物も消滅してしまう。そんな中、母親は目をさますのだが。。。 この映画を見たときに、「...
我思う

陽のあたる坂道

Yahooで「蛇使いが蛇に噛まれて死亡」というニュースがあった。 また、国民年金のCMにでてた江角マキコが保険料未納。 まさに。。。 リフレク!(魔法) 今日は「陽のあたる坂道」をききながらねようっと。
思い出し笑う

衝撃の出会い

運命の出会いなんて、そうないと思ってましたよ。 でもね、もしかしたらそういう奇跡は結構あって、 気がついてない人間が多いのでは?って思うことが あったんです。 たしかあれはおととしのクリスマスシーズンだったかな。 梅田から難波へバイトへ行く途中に、大きなアーケードが あるんですけど、そこをいつものように、ふふふ?んと歩いていると、 !! ああああああーーーー...

春 はじめました。

(写真)つくしものびる。 桜のつぼみも大きくなり、フライングで花を咲かせるものもあった。 川原は冬の名残が残る中、上書きするように緑が塗られている。 たまに差し込む太陽の光で、葉を透かせながら光る土手の中に、 土筆がのびていた。
我思う

湘南さむすぎ

ちょっと晴れてきたので湘南にいってきた。 で、その写真を編集してここに載せたり、スタイルシートにこだわったりしていて、 夜遅くなり、今日は14時におきてしまった。天気悪い4連休も3日目が半分すぎている。 よって今日はとても不機嫌。 FTRのパイロットである僕にとって、曇りや雨の日は致命的。 しかも半ヘルしかもってないので、雨が降り30キロ以上だすと、 雨は凶...
我思う

12人の優しい日本人

ならべてみた 「12人の優しい日本人」を見た。 以前、オウムサリン事件松本被告の判決が出たときに、友人と 裁判について、陪審員制について話していたのだが、 そのときに友人からこの映画を教えてもらったのだ。 三谷幸喜脚本。 12人の陪審員が、裁判について無罪か有罪かを部屋で話し合うのだが、 皆が個性的なメンバーな為、なかなかまとまらない。 断片的だった人々の...

雨の有給

(写真)いろんなものがつながってる。 せっかくの休みなのに、雨が降っていた。 でも、雨の日も悪くない。 のんびり歩いて出かけるのもわるくないな。

空を飛ぶ

(写真)朝、バイクを降りて見上げた空 暖かい朝だったので、バイクで会社まで飛んできた。 事故をして以来、乗っていなかったバイクを買ったのは去年の 夏の終わり。 エンジンの焼ける匂い、ギアがかみ合う振動、 バイクは僕の「どこでもドア」なのだ。 唄を歌いながら走る、走る、走る。 360°フルビューの景色がどんどん流れ、それを追い越していく。 環2の下り坂を走る...
我思う

ソラアイ

(写真)週末はこういう空を見に行こう Every Little Thingの「ソラアイ」「commonplace」を聞いた。 晴れるわけでもない空を それでも僕は 今日を期待して生きてみる 大桟橋で空を見上げた。 横浜の空は広い。 闇に沈むまで 空は徐々に青く落ちていく 澄んだグラデーションを変えながら そしてまた 今日を期待して生きてみる そんな僕がいる...
我思う

写真を見た

今日は写真を載せているサイトを見てまわった。 やっぱりデジカメは弱いのかな?。 ブログ書く人の写真はとてもよい。 なんか思ったことがつたわってくるもんな?。 携帯の思い出画像を多く載せているが、デジカメよりよく取れている 気がする。デジカメもってから、天気悪い日が多いせいか、 なかなか感動する風景がない。 ようは自分の気持ちしだいかもね。 ...
我思う

青い春

MICHELLE GUN ELEPHANTの音楽が鳴り響き、バカみたいな会話、 バカみたいな連中が物語の主人公。 皆が協調性のないまま、己自身の思い描く未来へと進んでいく。 友情とかそんなものもなく、皆が互いを避けるように。 九条が必死になって走るシーンが好きでした。 青木の声も好きです。
思い出し笑う

はるうらら

まずは、愛をみなさんにあげます。 ・ ・ ・ ・ ・ 僕の認識 今日はデジカメを持って、なんとなく海へ行きました。 HPのトップの写真を撮ってみたのですが(参考:daipresents!!) この写真を撮るのにかなりの時間がかかりました。 場所は「鳥浜堤防」という場所。ベイサイドマリーナというアウトレットモールの 奥にあるのですが、柵を越えて防波堤の通路?...
思い出し笑う

創造主

中学の修学旅行で萩にいった。おそらく、広島以上西へはいったことがないので、 この旅行によって、本州の最西端の山口県まで制覇することになる。 そこで体験したのが「萩焼」の体験コーナー。 こねた土から好きなものをつくっていいと言う、夢のような企画である。 とはいっても、「ろくろ」で映画「ゴースト」のように作るのではない。 土をガーン。と渡される。 以上。 後は作...

おめでとう

(写真)バニラスカイ(明け方の朝と夜との境界があいまいな空の状態) 友人が結婚するらしい。 結婚。。。。 お祝いの言葉をと、友人にメールを送った。 その内容は僕が昔見た夢の話。 僕はなぜか家族が集まる居間にいる。 周りは皆世間話をしていて、疎遠の人もいるせいか、なぜかよそよそしい。 そんな中、僕は一人黙っていた。 少しはなれたところに、女性が座っていた。 ...
タイトルとURLをコピーしました