「 小説本 」こんな記事があります。

砂漠 – 伊坂幸太郎

砂漠 – 伊坂幸太郎

物語は主人公たちが大学に入学したところから始まる。歓迎会、サークル活動・・・、想像していた大学生活が始まるのだが、ある飲み会に現れた「西...

悪人 – 吉田修一

悪人 – 吉田修一

人間とというものを僕が語るのも変な話なのだが、人間は誰が悪いかをはっきりさせたい人間であり、かつ、誰が悪いかを口にしない人間でもある。 ...

ランドマーク 吉田修一

ランドマーク 吉田修一

俺が何したって誰も気がつかないんじゃねぇかって。たとえば、俺が急にいなくなってもさ、誰も気づきもしねぇで、俺が建てたビルだけが、そこにぽつ...

つきのふね

つきのふね

なぜならそれは、女優になっていい思いしてもすぐに掌を返したようにバッシングされるのがオチだし、今はまさかと思うような一流企業があっけなく倒...