メッセージを送ってみよう

感想おまちしてます!

Scratch Logo

この講座こうざでは、メッセージをつかったやりとりを勉強べんきょうします。

スポンサーリンク

メッセージを送る

スクラッチ Scratch

メッセージは、お手紙てがみのようなものです。「イベント」にある「メッセージをおく」と「メッセージをったとき」をつかうと、お手紙てがみをやりとりしているようにスクリプトがうごきます。メッセージは自分じぶんでつくることもできます。

スクラッチ Scratch

ためにし、プロジェクト「しろやぎくろやぎ」をつくってみましょう。スペックは以下いかです。

  1. やぎのかわりにネコをつかいます。しろやぎさんとくろやぎさんをつくっていろをかえてあげましょう。
  2. しろやぎさんが、「くろやぎさんにお手紙てがみおくるよ!」といって、くろやぎさんにメッセージをおくります。
  3. くろやぎさんがメッセージをうけとると「しろやぎさんからお手紙てがみがとどいたよ!」「しろやぎさんにおへんじだすよ!」といって、しろやぎさんにメッセージををおくりかえします。
  4. しろやぎさんがメッセージをうけとると「くろやぎさんからおへんじとどいたよ!」といいます。

まずは、自分じぶんかんがえてつくってみましょう。

スクラッチ Scratch

スプライトを複製ふくせい(コピー)して、いろをかえます。まず、しろやぎさんのスクリプトを、うえのようにつくりましょう。

スクリプトがはじまると、しろやぎさんは「しろやぎからのおてがみ をおく」をつかってメッセージをおくります。

つぎに、メッセージをうけとる処理しょりもつくります。「くろやぎからのおてがみ をったとき」をおいて、うけとったときに「とどいたよ!」というようにしておきます。

スクラッチ Scratch

くろやぎさんのスクリプトをつくります。

「しろやぎからのおてがみ をったとき」に「手紙てがみがとどいたよ!」といって、すぐにおへんじをしています。そうすると、うえでつくったスクリプトがメッセージをうけとり、しろやぎさんが「とどいたよ!」といいます。

このように、メッセージをつかうと、まるでお手紙てがみをやりとりしているようにスクリプトがうごきます。

れんしゅうもんだい1: なつのおもいで

ネコが質問しつもんをするスクリプトをつくります。プロジェクトめいは「なつのおもひで」です。スペックはしたのようになります。

  1. はじめると、「そういえば今年ことしなつはどこにいったの?」とネコが質問しつもんします。
  2. ネコは「しつもん」というメッセージをなげ、うけとったスクリプトが質問しつもんをおこないます。
  3. もとのスクリプトが、「□ にいったんだね! たのしかった?」といいます。

メッセージは「しつもん」だけをつかってください。

こたえは ↓ にあるけど、まずはみないで自分じぶんでつくってみよう!

れんしゅうもんだい1: 答え

スクラッチ Scratch

イベント」にある「□ をおくって」をつかえば、イベントをおくったさきの処理しょりがおわるまでまち、おわったあと、また処理しょりをつづけます。

スクラッチ Scratch

しつもんというメッセージをうけとったさきでは、「そういえば、今年ことしなつはどこにいったの? といて」だけです。いたあとにメッセージをげたりはしません。

スクラッチ Scratch

メッセージがなくても、すでに「しつもんをおくって」がうごいているので、処理しょりがおわるともとのスクリプトにもどります。うえのようなうごきをするのです。

とくべつもんだい1: さくせいちゅう

さくせいちゅう。

この講座で学んだこと

  1. メッセージをつかうと、まるでお手紙てがみをやりとりしているようにスクリプトが動きます。

メッセージをつかうと、スクリプトを自由じゆううごかすことができますが、つかいすぎると、どこになにがいったかわからなくなるので、注意ちゅうい必要ひつようです。