ブロックで処理をまとめてみよう

感想おまちしてます!

Scratch Logo

この講座こうざでは、ブロックをつかって処理しょりをまとめる方法ほうほうまなびます。

スポンサーリンク

ブロックのつかいかた

ブロックをつかうと、処理しょりをまとめることができます。処理しょりをまとめると、おな処理しょり何回なんかいもつかうときに便利べんりです。

スクラッチ Scratch

ブロックは「その」の「ブロックをつく」をつかいます。

スクラッチ Scratch

ブロックに名前なまえをつければ完成かんせいです。

引数ひきすう追加ついかすると、ブロックに引数ひきすうをわたすことができます。引数ひきすうとは、ブロックのなかでつかいたいデータです。

スクラッチ Scratch

たとえば、「ニャー」という処理しょりをブロックにまとめてみましょう。ブロックの名前なまえを「ニャーという」にして、文字列もじれつ引数ひきすう「なきごえ」を追加ついかします。これで、なきごえというデータをブロックにわたすことができるようになりました。

スクラッチ Scratch

つぎに、ニャーちょいうブロックに「なきごえ と」をおきます。ブロックのなかで「なきごえ」というデータがつかえるのがわかるはずです。このように、ブロックにわたすデータを引数ひきすうといいます。

れんしゅうもんだい1: ねこがテクテクあるく

プロジェクト「ねこがテクテクあるく」をつくってみましょう。スペックは以下いかです。

  1. 「がんばるぞ!」といって、ネコがテクテクあるいていきます。
  2. 100あるいたら。「ちょっときゅうけい」といって、きゅうけいします。
  3. 「もうちょっとだ!」といって、ネコがテクテクあるいていきます。
  4. 100あるいたら。「ちょっときゅうけい」といって、きゅうけいします。
  5. 「あとすこし!」といって、ネコがテクテクあるいていきます。
  6. 100あるいたら。「ちょっときゅうけい」といって、きゅうけいします。
  7. 「ゴール!」といいます。

スクラッチ Scratch

このスクリプトをブロックをつかわずにつくると、うえのようになります。「10 回繰かいくかえす」ループのなかみは全部ぜんぶおなじですね。スクリプトのなかに、同じおなじ処理しょりが3つあります。

これをブロックをつかって整理せいりしてください。まずは、自分じぶんかんがえてつくってみましょう。

れんしゅうもんだい1: 答え

スクラッチ Scratch

左が、ブロックをよびだすスクリプトです。みぎが、ブロックになります。それえぞれみていきましょう。

スクラッチ Scratch

まずは、ブロックです。ブロックのなかでは、これまで何回なんかいもやってきた、「ネコがテクテクあるく処理しょりがあります。一番上いちばんうえでは、引数ひきすうでうけとった「かけごえ」を1びょういっています。

スクラッチ Scratch

ブロックをよびだすスクリプトはとてもシンプルになりました。引数ひきすうをかえるだけで、おな処理しょり何回なんかいもつかいまわせて便利べんりですね。

スクラッチ Scratch

ブロックをつかうときと、つかわないときをくらべてみましょう。

このように、ブロックによって処理しょりをまとめることを共通化きょうつうかといいます。そして、何回なんかいもつかいまわすことを、「スクリプトを再利用さいりようする」といいます。

とくべつもんだい1: さくせいちゅう

さくせいちゅう。

この講座で学んだこと

  1. 処理しょりをまとめることができます。処理しょりをまとめると、おな処理しょり何回なんかいもつかうときに便利べんりです。
  2. ブロックにわたすデータを引数ひきすうといいます。
  3. ブロックによって処理しょりをまとめることを共通化きょうつうかといいます。
  4. 何回なんかいもつかいまわすことを、「スクリプトを再利用さいりようする」といいます。

これで、基本的きほんてきなコマンドと、ちょっとむずかしいコマンドの勉強べんきょうはおわりです。ここまできたら、いろんなスクリプトをつくれるはず! いろいろつくってあそんでみましょう!