ヤマハ音楽教室とカワイ音楽教室の1・2歳向けレッスンを体験比較してみた

感想おまちしてます!

娘

娘が木琴のバチをマイクにして、「おかあさんといっしょ」で覚えた歌を歌い踊り狂うようになりました。2歳になったばかりですでにAKB48の「365日の紙飛行機」をそらでフルコーラス歌えます(字よめないので)。その影響か、アパートの階下の住人から苦情を受けております。ありがとうございます。このエネルギーのぶつける先として、ヤマハとカワイという2大音楽教室に体験入学してみました。

スポンサーリンク

ヤマハ音楽教室

ヤマハ

ヤマハ音楽教室の幼児向けクラスの特徴は、「歌唱」、「リズム」、「鑑賞」。歌を通して心を豊かにし、両親と一緒のリズムで楽しい時間を過ごし、情緒を育む。さすが有名教室だけあって、安定感があります。

クラスは1歳からの「らっきークラス」と2歳からの「ぷっぷるクラス」があります。1~2歳の幼児は気まぐれで、人見知りもまだわからない年齢なので、1歳児クラスは「新しい環境に安心して参加できること」がメインになります。2歳児クラスは逆に、おともだちと関わり「音楽を通した遊び」へと進みます。

駅前にあるヤマハ音楽教室は、「音楽教室ですね」って感じの内装になってました。落ち着いた感じの女性が受付にいて安心感はあります。レッスンは先生1名で生徒は娘を含めて3名。ターミナル駅付近の教室だともっと多いかもしれません。

音楽に縁のない僕としては、久しぶりに聞いたグランドピアノの生音は迫力がありました。この空気が震える感覚は、実際のレッスンでしか体験できないものですね。歌やピアノ、マラカスやタンバリンといったいろいろな楽器を使って遊びます。

参加者で長いロープを持って「上げて! 下げて!」といった遊びもありました。こういうのは子供が喜ぶのでいいですね。小さい幼児クラスは、保護者の参加が必須なので、「お母さんとぎゅーってしてみよう」とかスキンシップも多めです。

全体的に安定感のあるレッスンで、娘も楽しそうでした。

レッスンは月3回で1回40分です。時間は平日の朝。4月開講とかありますが、開校月にあわせなくても体験は随時OK。期の途中でも入れるみたいです。小さい子が多い家庭が多いので、途中休学も期間が決まってますがOK。

クラス教材は、レッスンでやる歌などがはいったCD/DVD月絵本。タマゴ型シェーカー、出席シール手帳、出席シール、名札です。出席シールまで買うのか!

気になる費用は、入会金10,000円(割引きがあれば5,000円とか)、月謝5,000円(施設費込み)、教材費3,600円(半年分)です。初期費用を除くと、月々のコストは5,000円。6ヶ月で計算すると約7,266円/月(2,422円/回)。

公式サイト: ヤマハ音楽教室

カワイ音楽教室

カワイ

「個」と「表現」を大切にするカワイ音楽教室。「個」育ての場としての音楽教室という思想。リトミックといえばカワイが有名です。

こどものためのリトミックは、リトミック研究センターの指導のねらい『情操教育』、『音感教育』、『生活習慣』を、三位一体の一貫した指導システムとして、子どもたちが自然に身に付けられるよう開発された教育法です。 リトミック研究センターより

娘は踊り狂うので、運動にもなる「リトミック」が気になってました。

クラスは1歳児からの「クーちゃんランド」と2歳児からの「くるくるクラブ」です。1歳児クラスでは、感覚運動期と呼ばれる時期におもいきり5感を使い、様々な体験をしていきます。2歳児クラスは、あふれんばかりの好奇心に応えるための「あそび」を経験していきます。

駅からちょっと離れたヤマハ音楽教室は、開催時のみ開く施設なので、施設で言うとヤマハのほうが「学校ぽい」です。カワイの特徴は先生が二人というところ。ひとりがピアノを引いて、もうひとりが子供に向かって指導します。

生徒は娘を含めて3名。相鉄という田舎路線のため参加者は少ないですねぇ。人に慣れるために、もうちょっと人数がいたらいいんだけど。ひとつ上のクラスは5~6名でやっていました。

レッスンの構成はヤマハと似てますが、先生が二人というのはとてもいいですね。二人だから音楽に合わせて走り回れるわけです。マットや一本橋など、運動器具が多いのも特徴。それでもやっぱり、トライアングルやタンバリン、大きな太鼓は子供に大人気です。

体験を申し込んだ時に、先生の一人が「お母さんじゃなくてお父さんが参加ですか?」と、「お前、恥ずかしがらずに、ちゃんとしたノリでやれよ」と念をおされた感じがしましたが、「安心してください。本気で望みます」と意気込みを伝え、本気で歌い踊りました。疲れるまでは行かないけど、いい運動になりますね。

終わったあとに「楽しかったねー。また行こうねー」と、娘が自分から言ってたのが印象的でした。

レッスンは月3回で1回40分なのはヤマハと同じ。時間は平日の朝。こちらは、開講月に合わせて体験を募集しているので、それ以外だと「それまで待って」と言われました。途中休学も期間が決まってますがOK。

クラス教材は、CD。クーちゃんぬいぐるみ、親子のためのリトミックガイドブック1、絵本「クーちゃんといっしょにあそぼ!」、出席シール。親向けのガイドブックが入っています。

気になる費用は、入会金5,400円、月謝5,400円。管理費1,460円、教材費4,320円(前期)、季刊誌「音のゆうびん」1冊310円(年間4冊)です。初期費用を除くと、月々のコストは6,840円。6ヶ月で計算すると約8,563円/月(2,854円/回)。

公式サイト: カワイ音楽教室

おわりに

踊り狂う娘を見て体験レッスンに参加してみましたが、もともとそれ以外にもこんなことを考えてました。

  • 夏の暑い時期、冬の寒い時期に室内で遊べる場所を探していた。
  • 保育園に行っていないので、同世代の子に出会える場所を探していた。

娘と公園に通うようになって、ベストシーズンは冬のはじまりか春先だと気がつきました。夏は蚊がいますし、虫大嫌いな娘は虫が出てくると、泣きながら逃げ惑います。身近には室内で遊べる地区センターや区営の施設があるんですけど、結局おもちゃや積み木がおいてあるので、家にいるのと変わらんなと感じてました。

また、近所には同世代の子が多いのですが、遊ぶ時間が合わないのでなかなか絡めず。両親が人見知りなので、とてもとても心配しています。

結果的に子供の反応を見て、カワイ音楽教室に入学しました。やっぱり運動ができるレッスンはとてもよかったです。カワイのほうがちょっと高いけど、先生二人と考えると納得の価格かなと。

まだちびっ子なので、続けることにあんまり意味がないはず。嫌になったら辞めればいいかーと、気軽に通ってみます。