ビーチリゾートだ!世界遺産だ!海外旅行に持っていくと便利な持ち物まとめ 2016年版

感想おまちしてます!

ピピ島

ここ数年、気の知れた友達と毎年海外に行くようになりました。同じメンバーで何回も旅行にいくと、持ち物もだんだん洗練されてきます。そんな絶対おすすめベストアイテム! 買って後悔しない便利グッズをまとめてみました。

スポンサーリンク

ソフトのスーツケース・キャリーバッグ・キャリーケース

スーツケース Accord2トローリーケース

なめらかなキャスターが有名なソフトキャリーケース Accord2。引っ張らずにキャリーをたてたままでもすっと押せるので、使ってみるとその滑らかさにびっくりするはずです。

日本でポピュラーなのはハードタイプのスーツケース(ですが、ちきりんさんの話にもあるように、海外ではソフトキャリーが定番。これだと空港やホテルで荷物整理するときに、片面の蓋をぱっかりあけられるので、半分のスペースで作業できます。今までハードを使っていたのはなんだったのだと思うほどの利便性です。

気になる耐久性ですが、ハードで綺麗な塗装であっても、一回の旅行で傷だらけになります(特に海外は扱いが雑)。ソフトだと素材の柔らかさがクッションになるので、痛みはしますが目立ちません。ハードだから丈夫ということもなく、ソフトでも十分荷物を守ってくれます。

サイズは二人で1週間ほどの旅行であればMで十分。子どもがいるならもうひとつ上のLが必要です。僕の場合、荷物を最小限に抑えるので(パンツもホテルで洗うし)、荷物量は半分ぐらいになり、余った空間にはシュノーケリングのフィンといった海グッズを積んでます。おみやげも十分入ります。

寒さ対策としてフーディニジャケット


海外のホテルは冷房ガンガン。省エネとか温暖化とか考えろよと言いたくなる寒さです。そこで持っておきたいのがコンパクトにしまえるジャケット。パーカーもいいのですが、かさばるのでポケットに入る大きさまで小さくなる「パタゴニアのフーディニジャケット」がおすすめ。

自分も愛用していますが、ランニングが寒い時期やダイビング後の寒いときに羽織っています。朝寒い場合に羽織って会社に行っても、帰り暑ければ小さくたためるし、防水性はないですが小雨であれば防げるので、1年を通してかばんに入れているお気に入りグッズです。

ウエストバッグ・ショルダーバッグ

世界一周してきた女の子が絶賛していた「solo-tourist ソロツーリスト ジャーニーポーチ」。ショルダーバッグにもなり、ウエストバッグにもなり、両方使えば防犯はばっちり。

ソロツーリストは安くて機能性の高い旅行グッズを開発するブランドなので、よく考えられて設計されているため、機能面は最高です。

ダイアルロックとワイヤー

solo-tourist ソロツーリスト ジャーニーポーチ」をおすすめしてくれた女性が教えてくれたのが「ダイヤルロック」による防犯です。面倒かもしれませんが、かばんのチャックにダイヤルロック錠を付けておくだけで、世界一周中スリやひったくりには一切会わなかったそう。面倒なかばんより楽そうなかばん狙いますからね。

また、「Crops クロップス Q3」のようなワイヤータイプだと、乗り合いのボートなど、貴重品を預かってくれない場所で活躍します。貴重品を持って行かないのが1番ですが、スマホで写真とか撮りたいですよね。財布だけでなくスマホやカメラなど、かばんまとめて入れて、チャックに鍵を通して柱に巻きつけておけば、ダイビング中でもかばんを守れます。

母艦としての財布と普段使いの財布

財布は二つに分けるのが基本。ひとつは、パスポートなどの貴重品をまとめた母艦。もうひとつは普段使いとして少しの紙幣と小銭用です。こうすることで、盗難時のリスクを分散します。「ソロ・ツーリスト ウォレット18」はパスポートが入るサイズなので(2つも!)、母艦として機能してくれます。

僕はこれまでMilletの財布を使っていたのですが、マジックテープタイプで外側に小銭入れが付いていると不便でした。なんでか考えてみて気がついたのは

  • 小銭だけで支払いするケースが海外では少ない。
  • お札で支払うとほとんどの場合、お釣りが小銭でくる。
  • お札を出すたびにベリベリ音がするので、お金の場所を知らせるみたいでなんか嫌。

という点です。お札を出すためにマジックテープをはがし、財布を開いてお札を出します。お釣りがお札と小銭の場合、まずお札を入れて、裏返してチャックを開けて小銭を入れる・・・と手間がかかるんですよね。

ソロツーリスト 財布

ソロ・ツーリスト ウォレット18」だと、小銭入れが中にあるので、わざわざ財布をひっくり返さなくても収納可能。この1手順が減るだけでかなりのストレスが減りました。収納力・機能性抜群なので、革財布使わない休日に普段使いしています。

ポッケにいれる普段使いであれば、下のようなチャックで開き、ズボンの前ポケットにはいる小さめの財布が便利です。安く済ますのであれば100均で買えば、パクられても諦めつきます。

モンベルのロールアップ マップケース M

旅行の行程表を印刷して持っていくと、お世話になるのがA4のクリアファイルです。ですが、あれってカバンでじゃまになるし、折りたたみにくいですよね。ペットボトルのしずくで印刷がにじんで読めなくなったり・・・。

そこで新しく使いはじめたのがこのモンベル ロールアップマップケースです。山の地図などを入れて使うタイプなので、ジップロックがついているため中身を水から守れます。そして、横のボタンを使えば、2つ折り、3つ折りも簡単。カバンでかさばらずとても便利でした。

ドライ マップケース」だと、ツアーでも配られる旅のしおりやチケット、入国の書類を書いたりするのでボールペンもまとめて入れるおきますし、雨やかばんにいれたペットボトルで書類が濡れてもインクが滲んだりしません。しかも、まるめたりたたんだりもできるので、好きな場所に好きな形でしまうことができます。

酔い止め

乗り物に乗らない人でも、持っておくといいと思います。飛行機、車、船だけでなく、ダイビングやシュノーケリングも波でゆらゆら揺れます。

いろいろ種類がありますが、1日1回のものが便利。ツアーに出かけるときは、ピックアップ時間ぐらいに飲んでおけば、船でちょうどいい感じに効いてくれます。

流せるウェットティッシュ

特にアジア圏でトイレが発達していない国では必須です。フィリピンのセブやタイのプーケット、アユタヤでは大活躍しました。トイレットペーパーでもいいのですが、ウェットティッシュだと机や手を拭くのにも使えます。

トラベルネックピロー・エアピロー

沖縄ですら東京から3時間のフライトなので、飛行機で快適に過ごす便利グッズも重要です。ネックピローは必需品。最近だとイギリス全国発明表彰受賞商品に選ばれた「Wow Pillow(ワウピロー)」が熱い。確かに、横にもたれたくなるんですよね。個人的にはタオル地がおすすめ。

電子書籍リーダー

Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ホワイト、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

飛行機だけでなく、ビーチやプールサイドでも活躍する電子書籍リーダー。個人的にはセールを頻繁にやっているKindleがおすすめ。技術書が安くなるときが多いのでプライベートでも重宝します。


ポイントを活用するならKoboも捨てがたいと思います。漫画を読む場合はこちらを使ってますね。

大容量モバイルバッテリー

cheero Power Plus 3 DANBOARD version

スマホやポケットWifi用モバイルバッテリーも必需品です。海外でポケットWifiを使っているとすぐにバッテリーがなくなったり、店を探したり現在地を確認しようと思って、スマホの順電が切れそうだと致命的! グループでシェアすれば1日快適に過ごせます。

こちらの「cheero Power Plus 3 13400mAh DANBOARD version」はファンシーすぎて買えない? 「ダンボーのモバイルバッテリー」を検証したら10000mAhクラス最強だったでも紹介されているように、かわいいだけじゃないすぐれもので自分も愛用しています。

変圧器と変換プラグ

 BESTEK 海外旅行用変圧器

電子辞書をアメリカで壊して、しこたま嫁に怒られた経験があるので、変圧器を持って行ってます。「BESTEK 海外旅行用変圧器」のすごいところは、コンセントだけでなくUSBの口が4つもあるところ。

友人と旅行に行くとスマホやカメラの充電で、電源の取りあいになっていましたが、これだとスマホ4台。コンセントも3つ(カメラ、Wifi、予備とか)あるので、4人でも快適に使えます。プラグ付きなので変換プラグを持っていく必要もありません。難点はちょっとファンの音がきになるところ。それ以外は文句のつけようがない一品です。

携帯ハンガーと洗濯ロープ

水着やタオルを乾かさないと、「朝、水着を着用して集合」のときにひんやりしてしまいます。ホテルのハンガーだと足りなかったり、干す場所が足りなかったりすることが多いので、携帯ハンガーや洗濯ロープがあると便利。

この商品は、ハンガーは小さくたためてコンパクトに収納可能。調整すれば子供用のハンガーサイズにもなります。ロープは網の目になっているのでハンガーがズレ落ちず、柱やカーテンレールにくくりつけなくても引っ掛けるだけで固定可能。通常の洗濯ロープと比べると「これまでの苦労はなんだったんだろう」レベルの神アイテムです。

おわりに

便利グッズは発見次第、随時更新していきます。

ビーチリゾートにいくならこちらもあわせてどうぞ。僕がいつも持っていく、海遊びを楽しむグッズをまとめています。

夏だ!海だ!沖縄に持っていくと便利な持ち物まとめ 2017年版
沖縄には離島巡りや海でのアクティビティを楽しむために何回も行っています。何回も旅をすると、だんだんその持ち物が洗練されていくもので、...

ビーチリゾートを探すならこちらも。いつか行ってみたい島やビーチばかり。

近場から世界の果ての島まで! 世界のビーチリゾートの予算と距離とベストシーズンを比較してみた
天気のいい季節になると、なんだかとっても海に行きたくなりますね。逆に夏が過ぎると海が恋しくなる。今回は、そういうときのために、海外の...