テスト要件管理もできる「TestLodge」を試してみた

感想おまちしてます!

TestLodge

海外のテスト管理TaaS主要4サービスで紹介されていたテスト管理ツール「TestLodge」を使ってみました。

スポンサーリンク


TestLodgeでのテストケース管理

TestLodgeでは、以下のような階層でテストを管理します。TestRailと同じく「テストラン」が登場。テスト業界では標準の言葉なんですかね。

  • テスト計画(Test Plan)
  • テストスイート(Test Suite)
  • テストケース(Test Case)
  • テストラン(Test Run)

さらに以下の関係性があります。

  • テストスイートには、テスト計画を紐付けられる。
  • テストケースには、要件を紐付けられる。
  • テストランには、テスト計画を紐付けられる。

TestLodge

これらをまとめるとこんな感じ。TestRailと比べるとちょっとわかりにくい感じがします。特に、テスト計画からテストランが見えないので、画面上からはその関連がわかりにくいです。

ただ、テストケースと要件がセットになっているのがとてもいいですね。要件作成でリッチな入力ができないのですが、ストーリーレベルの書き方であればよさそう。逆に言うと、日本で一般的な詳細な仕様書だとつらそうです。

テスト計画書のコンテンツ

テスト計画では以下のような情報が自動的にテンプレートが作成されるので(Content areaと言う)、それにしたがって入力するだけでテスト計画ができます。

  • このテスト計画の概要(Introduction)
  • テスト対象のシステム(Test items)
  • テスト対象の機能(Features to be tested)
  • テストしない機能(Features not to be tested)
  • このテスト計画でのテスト戦略(Approach、プロセスやルールなど)
  • OK/NG基準(Item pass/fail criteria)
  • テスト停止・再開要件(Suspension criteria and resumption requirements)
  • 成果物(Test deliverables)
  • テストのための実タスク(Testing tasks、備品など)
  • 環境面の準備(Environmental needs)
  • 責任範囲(Responsibilities)
  • 必要なスキルセット(Staffing and training needs)
  • スケジュール(Schedule)
  • リスクや不確実性(Risks and contingencies、リスクの高い箇所や遅延原因になりうるものなど)
  • 誰が完了を承認するか(Approvals)

おわりに

これ使うならTestRailのほうがわかりやすそう。

テストを育てるためにテスト管理ツール「TestRail」を使ってみた
テストケースの管理は、テスト自動化云々の前になんとかしておきたいところ。テストケースはExcel管理することが経験上多いですが、世の中に...

ただ、テストケースと要件のリンクはとてもいい仕組みだと思います。