ソフトウェアエンジニアが転職するときの面接質問例

感想おまちしてます!

面接

少し前に面接官としての経験をまとめたのですが、今度は、応募者の立場から、面接時の質問例を考えてみます。逆に言うと、面接する側はこれらの質問に答えられるべきだと思うのです。

スポンサーリンク

自社をどう思っているか?

どの会社もそうですが、採用ページにはいいことしか書いてなくて、中にはぜんぜんうまくいかなかった闇プロジェクトを、さも成功したかのように紹介するケースもあるそうです。おっかない。だから、採用ページだけでなく、最近出したサービスやプレスをチェックしておくとよいと思います。

僕は最近、競合企業を調べるときに、IR情報も見るようになりました。数値ももちろん面白いですが、未来あるプレゼンがされているか? 動画があるなら社長がどういう態度で話しているか? を見ています。発信するならわくわくする情報を期待するもの。最近だとmineoの資料はとても良かったです。

mineoの発表資料がサービス開発の成功秘訣とユーザー愛に満ちあふれている件
5月31日にmineoが新サービス記者会見を開催されました。気になって発表資料を読んでみると、そこらへんの有名企業の決算資料より面白...

これらをベースに、面接官から見た自社のイメージを聞いてみると、自分のイメージとの差分がよくわかるとおもいます。少なくとも、自社の良さを語れない人がでてくる会社はダメです。

技術に対してどう考えているか?

CTOや、いないなら現場のエンジニアリードぐらいには、技術に対する姿勢を聞いておくべきだと思います。逆に、経営陣と話せるなら、非エンジニア側の意見も重要です。

僕はCTOのいる会社で働いたことがないのですが、技術トップが、技術に対する明確な姿勢がない場合、そのエンジニア組織は「エンジニア = 人月でしかない」になりがち。トップだけの問題ではないですが、権力を持つ人間がしょぼいと、組織全体もしょぼくなると思います。

ビジネスと技術の両輪を回すためにどう行動しているか? ビジネスのビジョンをどううけとめていて、技術側としてどう答えていくのか? ビジネス側からの技術に対する信頼はあるのか? どういった技術組織にしたいのか?

最終的に「利益がすべてをうるおす」としても、「ビジネス側の要件に応えるのが仕事」の下請け開発部隊より、パートナーとしてのエンジニア組織のほうがやりがいがあります。どっちかといわれれば後者のほうがいい気がするので、正解は後者だと思うんですよね。共通解かはわからないけど。

あとは、外注していないか? しているならどのプロセスを外出ししているのか? 社員とそれ以外の人数比は? あたりを聞けば、自分たちで作る意識がどれぐらいあるのかわかります。外注やオフショアに頼っているなら、開発力がないってこと。開発力がない環境は、優秀なエンジニアには魅力がないので、成長できる機会も減ります。

こうなるともう、開発組織ではないですね。外注をハンドリングするだけなのに、手を動かしている人より高給取りとか、意味のわからんカースト制度もが世の中にはあるので、自分でハンドルを持ちたいなら確認必須だと思います。

どのようにサービスを作っているか?

誰が何を担当して、どういう流れでサービスを開発しているか? これを確認することで現場の雰囲気がよくわかります。どこがボトルネックになっているか? なぜか? どう解決しようとしているのか? いつ解決できるのか?

ウォーターフォールかアジャイルかというより、アイデアからリリースまでというバリューストリームを、どう有効活用しているかがポイント。ホワイトボードとかに書いてもらってもいいですね。 「ここから先は他部署だから・・・」とかいう箇所があるなら、間違いなくセクショナリズムがある。

おわりに

前に書いた面接官としての経験をベースに、応募者の質問例を考えてみました。

エンジニア採用における面接者の心得をまとめてみた
エンジニア採用面接の方法について、最近、どしどし面接するようになったという後輩どもと話したことを、自分の経験をふまえてまとめてみます...
構造的面接の質問例「PBI」をちょびっと翻訳してみたけどすごくいい!
『ワーク・ルールズ』で紹介されていた、面接の質問例である「PBI」を、ちょびっと翻訳してみました。ストーリー性が求められる質問なので...

ちょうど、そんなことを考えていたら、「ソフトウェアエンジニアが転職するときに気をつけること」で似たようなことを、僕より上手にまとめている人がいたので、こちらの記事をベースに、自分なりの考えをまとめています。この著者はとても優秀なんだろうな。