『ほったらかし投資術』を読んで、インデックス投資をはじめてみました

感想おまちしてます!

全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)

長期的な資産運用としてインデックス投資をはじめました。結婚してから嫁と貯金はしてきたのですが、お金の勉強をするうちに、お金をうまく使う・守る・あわよくば増やすことも覚えたほうがいいなーと感じたからです。

スポンサーリンク

きっかけはお金の勉強

去年、お金に関係する本を読んでいろいろ勉強しました。

娘よ、お金持ちになる本を22冊読んで学んだことを書いておくぞ
世間には「一億円を簡単に稼ぐ!」とか「これであなたもお金持ち!」という本が売られていますが。お父さんは「そんなうまい話を書籍化して売...

全面改訂 超簡単 お金の運用術

その中でも『超簡単 お金の運用術』がとてもわかりやすく、こういう「気長に気楽に考える資産運用っていいなー」と感じました。

さらに、最近発売された『ほったらかし投資術』を読んでみて、これだったら自分でもできそうだし、「リスクも運用の狙いもよくわかる!」ということで、まずはお小遣い程度から資産運用をはじめてみようと思いました。

運用商品

購入する商品は、『ほったらかし投資術』やインデックス投資ブロガーの情報をベースに考えました。まずは小さくはじめてみるところから。(情報はこの記事を書いたときに調べた情報&僕の拙い知識なので、最新情報はご自身でご確認ください)

国内株式

  • 日本株式インデックスe (信託報酬0.4%。実質0.4%、 純資産2,789百万円)
    • TOPIX連動型インデックスファンド。ブロガー所有率1位。
  • ニッセイ日経225インデックスファンド (信託報酬0.27%。実質0.28%、 純資産101,357百万円)
    • 日経平均株価連動型インデックスファンド。ブロガー所有率2位。
  • TOPIX連動型上場投資信託(1306、信託報酬0.12%。実質0.17%、純資産2,653,801百万円)
    • 東証ETF。ブロガー所有率3位。ETFは信託報酬が安いけど、積立自動購入できないので毎回自分で買うしかない。また、購入最低金額の単位が14000円ぐらいなので、細かい金額で買えない。
  • MAXIS トピックス上場投信(1348、信託報酬0.08%。実質0.13%、純資産378,515百万円)
    • 東証ETF。ブロガー所有率4位。ETFは上と同じ課題がある。

「TOPIX連動型上場投資信託」は『超簡単 お金の運用術』、「MAXIS トピックス上場投信」は『ほったらかし投資術』で紹介されていた商品ですね。さすがに人気らしい。

外国株式

先進国、新興国、グローバル・・・といろいろあるみたい。

SMTグローバル株式インデックス・オープン 」は『超簡単 お金の運用術』、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」が『ほったらかし投資術』で紹介されていた商品です。時間がたつにつれておすすめの商品が変わってますね。

確定拠出年金

前職から加入しているので、こちらはこちらで運用を継続。

 EXE-iシリーズが信託報酬低め。

ポートフォリオ

方針としては、資産の半分を無リスク投資(すぐ使える現金+国債など)。リスクはないわけではなくとても低い。残りの半分をリスク投資。リスクはそれほど高くはないが、リスクはある。
  • 無リスク投資(50%)
    • すぐ使えるように数カ月分の生活費はキープしておく
    • のこりは個人向け国債(変動10年)とか。1年たてば解約できる。
  • 有リスク投資(50%)
    • 下を参考のこと。

有リスク投資のポートフォリオ

これも『ほったらかし投資術』のとおり、国内4:海外6ぐらい。DCがまざってるのでわかりにくい。それぞれの割合はやりながら調子していこうと思っています。

  • 国内株式(31.9%)
    • MAXISトピックス上場投信(1348)
    • 日本株式インデックスe
  • 外国株式(62%)
    • 先進国(91%)
      • ニッセイ外国株式インデックスファンド
      • EXE-i 先進国株式ファンド(DC)
    • 新興国(9%)
      • EXE-i 新興国株式ファンド(DC)
    • グローバル
      • EXE-i グローバル中小型株式ファンド(DC)
  • バランス (6.1%)
    • SBI資産設計オープン スゴ6(DC)

運用手順

1日でまとめて購入したほうが手数料が安いので、月一で購入手続きをしていきます。ETFも自動購入できたらいいんですが。

  • 現金移動
    • 年に1回口座にまとめて振りこむ
    • DCは、銀行の毎月自動振込みを利用。
  • 購入
    • 月1回まとめ買い。
  • 定期的な運用
    • 半年に1回(6月, 12月)にリバランスを実施。予定した金額ちょうどで買うのは難しいので、そこで調整をする。NISAの残額もそこでチェック。ただ、将来的には年1回に減らしたい。

まずはやってみながら勉強です。

おわりに

全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)
ほとんどが『ほったらかし投資術』のまんまですが、きっとそのうち「あれ? これってどうなんだろ?」って思うときが来るはずなので、そのときにやりかたを検討しようと思います。

山崎さんの本はとてもわかりやすく面白いのですが、ネットでも記事を書かれているのでそちらも参考にどうぞ。

また、年末や年初にふりかえりをしようとおもいます。