娘よ、お金持ちになる本を22冊読んで学んだことを書いておくぞ

感想おまちしてます!

世間には「一億円を簡単に稼ぐ!」とか「これであなたもお金持ち!」という本が売られていますが。お父さんは「そんなうまい話を書籍化して売り出すなんて、阿呆か嘘つきのどっちかだ!」と思います。ただ、そんな本にも「お金についての知識」を学べる部分がある。役に立つ情報はどれだろう? そんなことを考えながら22冊読んでみました。

スポンサーリンク

誰も教えてくれないお金の話

誰も教えてくれないお金の話 (Sanctuary books)
まずはお金の不安について学びましょう。不安の理由を理解しないと、不安に打ち勝つことはできません。お父さんがリストラになった場合、かわいい娘を大学に行かせてやれるだろうか? お母さんが働くようになったら、娘は寂しい思いをしないだろうか? お父さんはそんな心配をしていました。

この本は、著者が経営していたカフェの話をベースに、「お金の不安の正体」を見つけ、「お金を心配せずに暮らす方法」を考えていきます(ちなみに、著者のカフェはすでに潰れたらしい)。

お金は結局、収入と支出の差額でたまったり、足りなかったりするもの。収入はなかなか増えないものなので、まずは固定費の削減からはじめるのが、お金を貯める第一歩です。スマホ代、保険代、家賃など、節約できる固定費を探してみましょう。

銀行員だけが知っているお金を増やすしくみ

銀行員だけが知っているお金を増やすしくみ

お金の不安について理解しました。次は、お金を貯めるための仕組みをつくりましょう。この本に書かれているように、お金を増やすために、給与振込口座、支払い口座、貯蓄用口座と3つの口座を作るのです。お父さんの場合は、給与振込口座&支払い口座(お金が動く口座)、貯蓄用口座(お金が動かない口座)の2つで運用しています

ネット銀行だと、自動で定期的にお金を振り込む機能があるので、貯蓄分を給与天引きみたいにして、確実に貯まるようにしておくと便利です。たまってきて、余裕ができてきたら、それを「増やすお金」へと変えていくのです。

クレジットカードを使うと、あとでまとめて支払いが発生するので借金ともいえます。でも、お父さんは水道・ガス・電気・電話・家賃などなど全ての固定費の支払をカードにまとめました。

たとえば、これが楽天カードだとすると、楽天での買い物がポイント2倍になり、家賃8万だとすると、支払いは年96万なので9,600ポイント返ってきます。年1%のリターンは今の金利を見る限りでかいです。

ポイントは楽天でしか使えませんが、米や君のオムツ、ミルクは必ず必要なモノなで、楽天カードのように、自分のお金の使い方にあったカードを選ぶと大きなリターンを得られます。

また、支払い用口座やカードは、マネーフォワードに登録するだけで、家計簿として活用できます。マネーフォワードだと自分の収入と支払いをアプリで簡単にチェックできるので、自分のまわりにあるお金の流れがよく見えるようになり、お金が身近になります。お父さんとお母さんは、このアプリを見ながら、お金の使い方を話しあっています。

金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術

金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術
確定拠出年金で支払ったお金は全額非課税なので、その非課税枠をうまくつかって年利15%節税しましょう! という運用方法が紹介されています。しかし、確定拠出年金は、老後の蓄えや退職金を自己責任で運用する仕組みなので、60歳をすぎないと引き出せません。

他にも、学資保険を見てみると、仮に100万円預けた場合、18年後に110万円ぐらいで返ってきます。1年毎の返戻率を考えると、10万 ÷ 18年 = 約5,555円。月で約462円。学資保険は途中解約すると損するので、18年動かせないお金を月500円以下の利子で貸してることになります

個人年金も同じ。30年積み立てて利回り0.7%とかなので、学資保険より厳しい戦いです。それだったら、お父さんは「ビール一杯、我慢したほうがいいな」って思います。

家計には「急に必要になるお金」と「必要になるのがわかっているお金」があります。事故や入院、学費など、急に(予定した時期に)必要になるお金は「すぐに動かせるお金」として、一定額を貯めておくといいです。生活費の3ヶ月分などよくいわれてますが、年収ぐらいの貯金があれば、ほとんどの不安は解消されると思います。

まずは「動かせるお金」を貯めて、その次に「動かさなくてもいいお金」で貯蓄を作っていきましょう

【新版】20代のいま、やっておくべきお金のこと

【新版】20代のいま、やっておくべきお金のこと
この本では、基本的なお金の使い方が説明されています。例えば、車のローン払いやカードのリボ払いは、使った以上にお金をとられる仕組みなので利用を避けましょう。また、「家族ができたら車がいる」といった先入観を捨てましょう。

車を買うと、軽自動車ですら年40万以上の維持費かかります。今だと約10万円でアジアのビーチリゾートに1週間行けるので、お父さんは車を持たずカーシェアを選びました。そして、君を連れて国内や海外旅行にたくさん行こうと思っています。思い出は自己投資にもなりますからね。

リーンな買わないカーライフならタイムズカープラス
関東に住んでいると車をほとんど使いませんが、最近だとカーシェアリングがリッチになってきたみたいで、買わずに車をつけるようになってきま...

それ以外だと、コンビニATMの手数料105円の価値をよく考えてみましょう。105円は10万円の年利0.15%と同じ。UFJやみずほといったメガバンクの普通預金の金利が0.02%ですから、見る角度を変えれば小さくても大きい数字です。コンビニATMを利用しまくっておいて、貯金を0.02%の定期貯金に入れてもお金は増えません。

最後に、はやめに親元を出ましょう。限られた予算で生活をすれば、お金のセンスが磨かれます。魔女の宅急便のキキちゃんは13歳で家を出ました。でも、お父さんはちょっぴりさびしい。

お金はこうして殖やしなさい

お金はこうして殖やしなさい[改訂3版]

君が生まれてからマイホーム購入や保険に誘われまくってます。君を抱っこしてお母さんと歩いていると、ニコニコした人がパンフレットをくれます。小さい子供を抱える夫婦はまさに絶好のターゲットだな! ってお父さんは思いました。

「家賃並みの返済でマイホームが持てます!」というお誘いは、先に書いたリボ払いと同じで、今払えないお金を将来長く払っていくだけなので、全然得ではありません。よく「将来、資産になるから」という人もいますが、ただでさえ人口の減っている日本で、その価値が上がっていくとも到底思えないので、買わずに借りて、好きな場所にすきな時間だけ住もうと決めました。

生命保険や医療保険に関しては、君のために書いた記事があるのでそっちを見ておいてください。

娘よ、保険の本を13冊読んでわかったことを書いておくぞ
あなたが生まれていろいろ変化がありました。自分の保険を見なおしたのもそのひとつです。お父さんは図書館で本を読みまくって勉強したのです...

ここまででお父さんはお金に関係する考え方を学びました。固定費を見直し、ほんとうに自分に必要なものにお金を使う基礎ができあがりました。そして、「大人になったのだから、マイホームを買うべきだ」「保険にはいるべきだ」といった価値観を捨てました。

次から「お金を活用する方法」を学んでいきましょう。「増やす」というより「活用する」のが大切ね。