元トヨタのエリート社員がおすすめするプロセス改善や業務改革を学べる13冊

感想おまちしてます!

By: Daniel

最近知り合った方がプロセス改善にとても詳しかったので、どこでそんな勉強したのかを聞いてみました。すると、その人の上司が元トヨタのエリート社員で、「改善って言う前にこの本を読め!」と12冊オススメされたそう。どれも面白い本だったので、読んだ感想をそえてまとめてみます。

スポンサーリンク

トヨタ生産方式 導入の奥義

トヨタ生産方式 導入の奥義

「トヨタ式最強図解」だけあって、A3一枚にまとめるトヨタメソッドで各ページ紹介されています。製造業じゃない僕でもよくわかりました。

「こういうことがあってこうした」という、著者の経験が語られている部分が一番面白く、トヨタの改善マインドが、長い年月をかけて練られてきたものだと改めて感じました。

トコトンやさしいコストダウンの本

トコトンやさしいコストダウンの本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)

コスト削減がメインの本。工場の話なんだけど何かとヒントになる事例が詰まっています。表紙を見ると「大丈夫か・・・この豚さん・・・」って思うかもしれませんが、中身はとても硬派です。

リーン・シックス・シグマによる業務改革の推進(PDF)

リーン・シックス・シグマによる業務改革の推進

ファイルはこちらから確認可能です。

PDF(約2.8MB): http://www-06.ibm.com/services/bcs/jp/solutions/sc/pdf/leansixsigma.pdf

書籍『ザ・ベロシティ』にも登場するシックスシグマによる業務改革に関するミニドキュメント。キャタピラー社やボスコ社の事例が面白いです。

トコトンやさしいトヨタ生産方式の本

トコトンやさしいトヨタ生産方式の本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)

バイブル『トヨタ生産方式』が読みにくい人でもすんなり頭に入ってくるわかりやすさ。でありながら、見開き2ページで解説されているので読みやすい一冊。

仕組みや改善本にとっつきにくい方は、このトコトンやさしいシリーズから入るのがオススメです。

トコトンやさしい作業改善の本

トコトンやさしい作業改善の本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)

面白いポイントが結構みつかった良書。

  • もともと100の成果を出していた作業を、10人で120に上げるのと、8人で100を維持するのとどっちが重要か? ひとりあたりの生産性を上げても、ムダに多く作っては意味がない。
  • 作業改善を徹底的にやらないで設備改善を実施してしまうと、ムダがそのまま機械化されてしまう。「せっかく設備導入したしー」ということで、設備中心で考えてしまいがち。

Running Lean ―実践リーンスタートアップ

Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)

個人的にはこの本は全然面白くなかったんだけど、唯一いいところは「リーンキャンバス」というツールが紹介されているところだと思う。

アジャイルサムライ』のインセプションデッキに似ているけど、アイデアをグラフィカルに整理できる点でいうと、こちらのほうがわかりやすく感じます。

それにしても、海外版TPSであるリーンを、元トヨタ社員が紹介するって面白いですね。