娘よ、保険の本を13冊読んでわかったことを書いておくぞ

感想おまちしてます!

Photo 2014-07-22 21 20 41

あなたが生まれていろいろ変化がありました。自分の保険を見なおしたのもそのひとつです。お父さんは図書館で本を読みまくって勉強したのですが、せっかく得た知識なのでわかったことや考えたことをまとめてみます。

スポンサーリンク

これまでの保険はボッタクリ

まずは、お父さんの入っている保険の内容を確認しました。それは特約がたくさんついて契約がわかりにくいものでした。自分でわからないものにお金を払うのは変ですよね。しかし、当時は「社会人になったのだから」「これからに備えて」という聞こえのいい言葉にのせられていました。

また、お父さんの保険は、お父さんのお母さん(あなたのおばあちゃん)の友人からおすすめされて入った保険でした。そのまま引き継ぐのではなく、どこかのタイミングで今の自分にこの保険が必要なのかを考えるべきでした。

さらに、現在の値段が高いのか安いのかがわかっていませんでした。今だとネットで気軽に試算でき、比べてみると割高感がありました。

そして、自分の保険を払い続けると、トータルでいくらになるかを調べてみました。結果は、47歳ぐらいで保険料がはね上がるため、トータルで1,100万円にもなります。お父さんにはこんな高い買い物をした感覚がありませんでした。反省です。

トータルで金額を考えるのはとても重要です。たとえば、前にケーブルテレビの勧誘が来たときに、「代金は1日120円!ジュース代ぐらい!」とおすすめされました。しかし、1年365日で計算すると43,800円になり、これだけのお金があれば大阪のおばあちゃんの家に行ける金額じゃないですか!

自分にとってどちらに価値があるのか? 広い視点で納得できる判断ができるようになろうね。

保険ショップはあてにならない

最近、保険ショップのCMが増えてきました。これまでの保険がわかりにくく、効果も不明確だったため、「高い保険」を買わされた人がたくさんいるからこそ生まれたサービスです。参考までにお父さんも保険ショップには何回か行ってみましたが、たいていはこういう流れでした。

  • 保険の種類をわかりやすく説明
  • 今の保険を確認してボロクソに言う
  • でも安心してください。みたいな感じで収入保障保険をすすめられる

CMでも「たくさんの保険の中から選べて、公平に説明できる」と言ってたりしますが、そんなのうそだと思います。

まず、すべての保険から選んでいるわけではありません。提携している保険会社の商品からしか選べないのです。たとえば、死亡保険だと禁煙者の場合、チューリッヒが安かったのですが(調べた当時のデータ)、取扱商品に入っていないため、おすすめも比較もしてくれません(保険ショップだとライフネット生命扱っていませんね)。

次に、公平性も怪しい。結局、紹介ビジネスなので、紹介料が高いものが「おすすめ商品」になるそうです。二俣川のドン・キホーテ内にある保険ショップに行ったときは、スタッフのおすすめをゴリ押しされて、質問すると「だからー」みたいな言い方をされました。人の話をきちんと聞くことができる大人になろうね。

保険ショップはうのみにするのではなく、きちんと質問に答えてくれるところを選ぶんだぞ。

コメント

  1. […] 娘よ、保険の本を13冊読んでわかったことを書いておくぞ […]

  2. […] 娘よ、保険の本を13冊読んでわかったことを書いておくぞ […]