SIerで受託開発してたときに感じた絶望の扉

感想おまちしてます!

The Gates of Hell

The Gates of Hell

昔あるプロジェクトに参加していたときに、エンドユーザからこんなことを言われて「もしかしてこれが噂の絶望の扉か?」と感じたことがありました。そのときはたしか開発リーダーかなにかで受託メンバーをまとめながら開発をしてました。結構忙しかった記憶があります。

自分は2次受けにあたり、1次受けのお客さんが売り込んだシステムの開発をしていました。システムとしては「まぁ悪くない」ものだったのですが、開発が進むにつれて「ぜんぜんイケてない」状態になっていくパターンでした。そして、エンドユーザ側の担当者が代わったときに、その方がぽろっと漏らしたのがこんな言葉でした。

このシステムは前任者が考えたもので、自分は引き継いだだけだ。プロジェクトが始まってしまったので、もう止まることはできないが、これが終わったら私が再度考えて作り直したい。

まじかよー。(まじかよー、まじかよー、エコー)

SIerで開発をしてたときは、プロジェクトありきで人が集められるので、「このシステム、いるの?」なんて考えもしませんでした。与えられたRFPなりを読んで、作って完成すればそれで終わり。あとは運用専門の人たちががんばってくれる仕組みです。

こう書くと無責任に聞こえるかもしれませんが、それが当たり前のところに入ってずっと社会人しているとそんなことに気がつかないものです。もちろん、この仕組みのいい面もあるわけで。

そんな中、がんばって作っている最中に、エンドユーザから「欲しいものじゃない。作り直したい」と言われてみて、強豪との営業バトルで勝ち抜いた提案であっても、細かい契約が終わっていても、開発が始まっていても、自分が全力でかかわっているものが「欲しいものじゃない」という事実にびっくりしました。

このときに初めてSIerでエンジニアとして働いていくのは辛いなぁと感じました。SIerじゃなくてもこんなことは起きるかもしれませんし、この場合だとお客さんの都合が大きいかもしれませんが、誰が何が原因であれ「必要のないものを一生懸命作っている」わけですから。そしてコントロールしにくすぎるリスクだし。

ちょうど、橋頭堡の中から、ユーザーストーリーマッピング。でも書かれてる

では、何が揃っていれば、開発が始められるのか。

という問題意識はすごくわかる気がします。「はじまり」に時間をかけるのは難しいかもしれませんが、時間をかけずに開発をしても、短期的には誰かが潤ったり、誰かが満足できても、それが長期的な関係につながるのかには疑問が残ります。

一方で、インセプションデッキは「作らない」という判断をしてくれないでも書いたのですが、とびっきりのアイデアだという思い込みは大切な情熱でもあったりします。もちろん危険と隣り合わせですが。この判断はとても難しく、失敗してもそれ自体が成功の元になる可能性もあります。

よって、何かしら「確認し、進むか止まるか考えるための仕組み」は必要になってくるでしょう。それは、ユーザーストーリーマッピングかもしれないし、リーンキャンバスかもしれないし、それ以外の何かでもいい。

どの手段がいいのかはわかりませんが、何か考えたほうがいいのは間違いないでしょう。

*


余談ですが、ちょうどこれを書いているときに発見したデブサミ2013「サステイナブルなSIを実現する開発基盤のあり方」という資料では2007年からの情報サービスの売上げ全体が下がってるというデータとともに、これからを生き残るためのキーワードとして「サステイナブル」という言葉が使われてました。

僕がこの絶望経験をしたのが2006〜2007年ぐらいなのでなんとも言えない気分ですが、こうやって業界をちゃんと考えている人がいるというのは心強いものです。