これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ #uatagile

感想おまちしてます!

Snapshot 10-20-12 2-22 PMUltimate Agilist Tokyoソニックガーデン倉貫さんと「これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ」というセッションを開催させて頂きます。私は、倉貫さんと知り合ってからアジャイル開発を真剣に学ぶようになった人間なので、二人でインタビュー形式のセッションを行うことが決まって以来、ビクビクしています。

倉貫さんの最近は、MessageLeafのようなサービスを立ち上げたりされているため、経営者としての顔が強い印象があります。しかーし。今回はUltimate Agilist Tokyoというイベント名ということもあり、実践者としての倉貫さんを引き出し、ハードコアなセッションにできれば本望だぁーと思っています。

倉貫さんとの企画でお伝えさせていただいた内容を紹介させてください。

ソニックガーデンさんのやってることって、お客さんが喜ぶものを作りながら、いい関係を作っていく開発をする上で、アジャイル開発で言われていることが結構役立っているように見えています。
これは、受託でもサービス開発でもあんまり変わりがなくて、たしかに契約とかはあるかもしれないけれど、結局は契約どおりしてもうまくいかない場合はあるわけなので、どんな人でもソニックガーデンさんのやりかたは理解できるんじゃないかと。
だから、作るまでだった「これまで」から「これから」を考えていく必要が誰にでもあり、そのきっかけや手段として「アジャイル開発」があり、XPで語られた「ソーシャルチェンジ」は、このパラダイムシフトが実現したら出現するであろう未来の姿なんじゃないか?

私も新人でSIerと呼ばれている企業に就職した経験があるのですが、倉貫さんもSI出身。個人的にコンテキストが近いのか、倉貫さんの発信し続けるメッセージには共感を多く感じています。いつも、「すごいな。でも、すごいっていうだけじゃなくて負けてられないな」と思うのです。

今回はダイアログをベースとしたセッションなので、私が感じてきたことを倉貫さんに伺いながら、これからの開発を考えていく場になれば幸いです。

*

セッションの内容は現在考えているところなのですが、もし、興味やご意見があれば、右下にあるMessageLeafや@daipresentsまでご連絡ください。参加者のみなさんの意見もふまえながら、一緒に場をつくりあげていこうと考えています。