TextMateがオープンソースになったのでMountain Lionに入れてみた

感想おまちしてます!

TextMateがオープンソースになったそうなので、Moutain Lion環境に入れてみました。

インストール方法はgithubに書かれているのですが、ちょっと手順で躓いたのでメモ。

./configureでコケました。ninjaを入れないとダメなんですね。パスは通らないけど使える状態にするならgithubに書かれていた手順を実行すればOK。

MacPortを使って入れることも可能。MacPort自身のインストールはこちら。今回はじめてインストールしたなら「sudo port -v selfupdate」を忘れずに。

ここまできたら、textmateのディレクトリに戻って依存を解決してビルド。

ビルドに成功すると以下に.appファイルが「Users/daipresents/build/TextMate/Applications/TextMate」にできるのでApplicationフォルダにコピーすればDONE。