[告知]Agile Japan 2012で「楽天での実践から学んだアジャイルのはじめ方」を発表します #aj12

感想おまちしてます!

アジャイルジャパン 東京サテライト

Agile Japan 2012が、来月3/16に開催されます。

今回はメイン会場が大阪ということもあり、ちょっとまえに大阪の勉強会に遊びに行ったときは、すごい話題になっていました。なにしろ『アジャイルサムライ』の著者Jonathanがキーノートです。

スポンサーリンク

アジャイルはロックだったんじゃなかったか?

東京はサテライト開催です。

AgileJapan東京サテライトでは「モノ作り・製品作り・サービス作りへの原点回帰」をテーマに【アジャイルmeets スタートアップ!】として開催します。

今回のイベントのメッセージについては、アジャイルはロックだったんじゃなかったか〜アジャイルジャパン2012東京サテライトを開催しますで、実行委員のソニックガーデン倉貫さんが語られています。この中の、「アジャイルジャパン2012 東京サテライト開催に向けて」部分は、イベント案内のメールにも書かれており、自分の周りではかなり話題になっていました。

本来のアジャイルは既成概念や体制を批判し、新たなムーブメントを作ろうとするロックだったんじゃなかったか。だからこそ惹かれたんじゃなかっただろうか。(中略)
どうすれば大規模の人数でもアジャイルっぽくするか、よりも、小さなチームで大きな成果を出すのにどうすれば良いかを考えたい。
情熱のない人たちの多い会社を変えるにはどうすればいいか、よりも、自分の人生を捧げるほどの情熱を仕事にぶつけることを考えたい。
変わってくれない他の誰かを変えようとすること、よりも、自分自身がアジャイルであり続けるために挑戦していくことを考えたい。

倉貫さんのコンテキストをちょっとだけ知っていると、この言葉は倉貫さん自身のマニフェストのように感じますね。

私は、2009年は初参加2010年はポスターセッション参加させていただいたのですが、今年は入門セッションで「楽天での実践から学んだアジャイルのはじめ方」を発表させて頂きます。発表の詳細は妄想中ですが、アメリカのAgile Conferenceから世界の動向を感じ、楽天という現場で導入してよかったこと、いまいちだったことを元に、アジャイルになるためのヒントをさぐってみようと思っています。

また、去年はマネージャを2名、エンジニア1名をつれていくことができ好評だった(本間先生を紹介できた)ので、今年はスタートアップにふさわしいサービスプロデューサを連れていこうかと企んでいます。

今年のAgile Japanでは、新しい発見を体験できる予感がします。皆様とお会いできることを楽しみにしています!