Letter to an Agile Samurai – アジャイルサムライへの手紙 #agilesamurai

感想おまちしてます!

Screen Shot 2011-09-16 at 12.29.59 AMAgile Samurai”  has affected the agile movement of Japan.

I participate in Agile 2011 Conference this year. The report of conference was written at a site called EnterpriseZine.

While looking for the session to report, I got to know the session “Agile in a Nutshell” which is Mr. Jonathan Rasmusson’s session, he is author of “Agile Samurai”.

I don’t write about Agile Samurai’s impression now because there are a lot of article about “Agile Samurai” on Web in Japan. However, since my articles have introduced by his blog when the report written about Jonathan’s session was published, I want to write a meeting with him in gratitude for him.

He had two session in Agile 2011. One of them was the title “Agile in a Nutshell”. And when I met him, Jonathan gave me a following message.

The work which agile one or a water fall also organizes a task, considers a priority, or considers a scope is the same.

Maybe he wanted to tell me  “software development aims the same goal which is customer’s value”, “Agile is not special”.

I greeted him at that day of the session. He was a very gentleman person. And his session was filled with passion.

I learned and felt from “Agile Samurai”.And I met him and heard his session, I was able to feel it deeper. I think that this meeting and discovery are the real value of Agile Conference.

If this encounter or discovery did not act, they studied not obtaining. Going to meet someone who is the person I want to meet,  it is a special meaning for me.

I had the heart struck to his passion and an earnest posture. I am thankful to a wonderful session and Jonathan sent the wonderful book.

Thank you Jonathan!

***

Following article is Japanese version. 下書きなので内容が結構違います。

アジャイルサムライ』が、日本のアジャイルムーブメントに影響を与えています。

私は今年、Agile 2011 Conferenceに参加し、EnterpriseZineというサイトで、カンファレンスのレポートを書きました。

レポートするセッションを探しているときに、「Agile in a Nutshell」というセッションを知り、『アジャイルサムライ』の著者Jonathan Rasmusson氏のセッションということを知りました。

『アジャイルサムライ』に関する感想や読書会のレポートは、Web上にたくさん公開されているため、ここには書きません。
しかし、ジョナサンのセッションについてかいたレポートが公開され、それを彼に伝えたところ、彼のブログで紹介してくださったので、ジョナサンへの感謝の気持ちを込めて、彼と出会い、話したことについて、少し書かせていただこうと思います。

Agile 2011での彼のセッションは2つあり、その1つはアジャイルサムライに通じる「Agile in a Nutshell」という発表でした。
ジョナサンは「Agile in a Nutshell」について、以下のような話をしてくれました。

アジャイルでも、ウォーターフォールでも、タスクを洗い出したり、優先度を考えたり、スコープを考えたりする作業は同じです。

きっとジョナサンは、「ソフトウェア開発の目指すところはみんな同じであること」、「アジャイルは特別ではない」ということを
伝えたかったのかもしれないと感じました。

私はセッションの当日に、彼にあいさつをしました。彼はとても紳士な人でした。
そして、彼のセッションは情熱にみちあふれていました。

私は『アジャイルサムライ』から学び、感じました。そして、本人に会いに行き、本人の話を聞くことで、より深く感じることができました。この出会いや発見は、行動しなければ手に入らないことを学びました。会いたい人に会いに行くということは、それだけで特別な意味を持ちます。

私は彼の情熱と、真摯な姿勢に心を打たれました。すばらしいセッションと、素晴らしい本を送ってくれたジョナサンに感謝します。

ありがとう。ジョナサン。