本当の限界を決めるのは誰なのか?

感想おまちしてます!

【中古】afb H2(32) 【メール便可】

【中古】afb H2(32) 【メール便可】
価格:100円(税込、送料別)

昨日、『H2』の1コマを思い出した。

『H2』はあだち充さんの野球漫画で、思い出したシーンはたしか甲子園で木根くんが完投するシーンだ。気になったので調べてみると、どうやら32巻のエピソードらしい。そしてこのシーンは結構話題のようだ。

記憶が曖昧なので間違っていたらごめんなさいなのだけど、木根くんはお調子者で、トラブルメーカーでもある。もともとサッカー部だった。しかし、運動神経がいいので主人公のチームのセンターをまかされ、ピッチャーとしてもセンスがある人物だ。漫画の最後の方までそういうキャラだった彼に、転機が訪れる。

たしか甲子園の大事な試合。主人公の力を温存するために、木根くんはマウンドに上がる。初回からピンチを招くが、なんとか切り抜け、回を重ねていく。そこで、監督は主人公を下げ、この試合を木根くんに託すという判断をする。もちろん、甲子園は負けたらそこで終わりだ。

「人は本当の限界より手前を限界だと思ってる」

木根くんは器用なので、何事もうまくこなすことが出来る。そういう人間は限界をしることがなく、成長するためには限界を知る必要が出てくる。上のセリフはそういう意味だと思う。そして木根くんは、大切な試合でチャンスをもらうことになったわけだ。

本当の限界を決めるのは誰なのか?最近、そういうの考える若者減ってないか?と思った。