エンジニアは歯が命!虫歯リスクを見える化するPCRとは

感想おまちしてます!

DSC_0122

僕は歯の専門家ではないのだけれど、生きて行く上で必要な知識がとても好き。
前に虫歯になってしまったことがあり、会社の近くにある品川シーサイドEAST TOWER歯科に緊急で治療に行った。

この歯医者はとても親切で、虫歯になってしまうときの原因の話や、対応策についていろいろ教えてくれた。そのなかで、プラークコントロールレコード(PCR)というものがあり、それが中々面白い。

PCRは、歯に付いている歯垢の割合を表した指数で、O’Learyさんががんばって統計を追い、虫歯になる過程を見える化したらしい。これは、歯垢に付着する赤紫の液体で見える化し、指標化する。今度、来日してセミナーが開かれるそうだ(O’Learyさんなのかは不明)。

先月、通院したときに「藤原さんは、PCRが70%」といわれたのだが、具体的に数値を言われるととてもうれしい。一般的には、20%~30%で虫歯にならずに生活できるとのこと。僕は、歯磨きが下手くそで、何よりも気が短い。よって、急いでわーっと歯磨きをするときがあるので、ちょっと対策を考えてみた。

これからブラッシングを学んでも、せっかちな僕が続けられる気がしない。でもよくばりな人間なので、歯ブラシの時間を有効に、短縮するため、電動歯ブラシを調べてみた。間違いだらけの電動歯ブラシ選び高いほうから売れていく?! 高級電動歯ブラシの賢い選び方 – トレンド – 日経トレンディネットなど、参考になりそうなところを確認したところ

  • 電動歯ブラシは、大きく分けて「音波」「電動」があるということ
  • 歯ブラシの形状は「通常のもの」「丸っこい物」があるということ

を知った。そのなかで、ブラウン オーラルBのページにもあるのだけれど、歯垢除去に効果があるのが丸型回転らしく、これだと楽天でブラウンしか見つからない。確かに、歯科の歯ブラシって丸いのが多くて、歯科助手さんも回転させながら磨いてくる。

というわけで、オーラルBを購入。ちょっとブラシ部分が太いけど、歯科助手さんの磨き方に近い気がする。そして、1ヶ月間つかって、歯医者さんにいくと「50%まで下がってます」と褒められた。

人の体はコストがとても掛かるものなので、大切にしなくてはならない。