BacklogsプラグインをMac上のRedmineにインストール

感想おまちしてます!

Screen shot 2011-04-24 at 5.15.33 PM

以前、勉強会で知り合ったたかえすさんに「RedmineのBacklogsプラグインいいですよ!」と教えていただき、それからだいぶたったのですが、時間ができたので、どんなものか試してみました。

http://www.redminebacklogs.net/ をみてみると、プラグインの使い方がスクラムマスター、プロダクトオーナー、開発メンバーという役割にわけて説明されており、みためも洗練されてよさげですね。

MacBook Air環境で動かしてみます。

インストール

http://www.redminebacklogs.net/en/installation/をもとにインストールします。
MacBookAirだとデフォルトのgemsのバージョンが1.3.5なので、RubyGems User Guide | RubyGems Manualsを参考にBacklogsで必要なrubygems1.3.7にアップデートします。

あやまって以下のコマンドを打つと

最新のrubygemsになってしまい、のちに以下のエラーがでてしまう。

Redmineをバージョンアップしようとしてrake db:migrateしたら、rake aborted! (uninitialized constant ActiveSupport::Dependencies::Mutex)を参考に、以下でリカバリ。

次にBacklogs必要なgemを準備。

RMagickは先にportでライブラリを入れておく必要があるので、Installing RMagick on OS X using MacPortsを参考に以下を実行。

最後に、BacklogsプラグインをRedmineにインストールします。今回は、現段階で最新のRedmine1.1.2を使っています。gitを使っていれるとアップデートも簡単ですが、GitHubからダウンロードしてvendar/pluginに配置する方法でもOKです。

プラグインの前準備。

1.0.5, 1.1.2で以下のエラーが出ることを確認した。

「どれをStoryチケットして使うか」聞かれているところでAbortedしている。それ以外はうまくいっているようにみえるので一旦無視して、Redmineを起動。設定画面でBacklogsの設定を行い表示。

Screen shot 2011-04-24 at 9.11.36 PM
ストーリーとしてどのトラッカーを使うか?タスクとしてどのトラッカーを使うかを選択する。

Redmine BacklogsインストールでUnknown column ‘issues.position’のエラーが出たが「rake db:migrate:plugins RAILS_ENV=production」が抜けていたのが原因の模様。

Screen shot 2011-04-24 at 9.06.42 PM

上がBacklogsの画面。使い方はまた今度。

参考

コメント

  1. […] Backlogs公式ページ Redmine 1.1をCentOS5.5にインストールする手順 / Redmine.JP Blog BacklogsプラグインをMac上のRedmineにインストール / RedmineのBacklogsプラグインを入れてみた / […]