ジオロケーション(位置情報)界隈の2011年の技術トレンドやトピックス

感想おまちしてます!

オライリーの”Where 2.0 Conference”は、ソフトウェア開発のロケーションテクノロジーやトレンドの交わりを探検します。

ジオロケーションカンファレンスのUSTREAMを見ていて、Yahooの村田さんが紹介していたオライリーの”Where 2.0 Conference 2011 “がおもしろそうだったので調べてみました。

トップページにある”Where 2.0 2011 trends and topics”でトレンドが語られていて、これらを探求するイベントのようです。ちょっと行ってみたいなぁ。以下、適当翻訳。

Where 2.0 2011 trends and topics

HTML5 – ロケーションアプリケーションは地図を必要とします。JavacriptマッピングフレームワークであるPolymapsCartagenのリリースは、近代的なブラウジングを提供し、HTML5は、Flashのように使え、ジオアプリケーションを簡単に構築できます。これは次のキラーテクノロジーになるのではないでしょうか?
Future of Mapping – 地図は、Where2.0でも盛り上がっている技術です。新たしいイメージ、記録方法、コレクションといった、来年にはマッピングそのものを変えてしまうようなテクノロジーは何なのでしょうか?

Data Collection – モバイルアプリケーションはチェックイン機能だけではありません。それらはユーザ情報やデータにかかわってきます。もっとユーザが集まれば、よりリアルタイムのデータを扱うようになります。いったいどのように、新しいユーザのリアルタイムデータを獲得していくのでしょうか?

Users vs. Features – ロケーションアプリケーションは、ユーザは自分の情報をつねに意識せずに活用できる、とてもパワフルな機能を持っていたりします。どこまでサービスはユーザを守る必要があるのでしょうか?だれがそれを成功させているのでしょうか?あなたはどんな訓話を知っているのでしょうか?

Ads vs. Subscriptions – すべてのアプリケーションはお金を稼ぎだす必要があります。広告と定期課金では、いったいどちらのビジネスモデルが、ロケーションベースのアプリケーションにとって良いのでしょうか?

Interfaces – ARは”de jour”インタフェースです。なぜ、3Dを越えて2Dを選択するのでしょうか?またその逆はどうでしょうか?

Public vs. Private – ジオデータは”この家はここにある”や、”この人物はその時間その場所にいた”といった事実でもあります。しかし、トラッキングや記録できるからとはいえ、公開していい情報というわけではありませんよね?

Government & Humanitarian – どのロケーション技術が、生活に役立つのでしょう。そして、世界中に透明な政府を作りだすかを学びます。