Agile2011のスペシャルイベント – Attendee Conference Guideより

感想おまちしてます!

Agile Conference 2011のサイトAttendee Conference Guideの翻訳続き。

キーノートスピーカー

三人のすぐれたキーノートスピーカーが彼らのユニークな見解や視点を共有します。

注意:ここはスピーカーの肩書きが分かりにくかったので訳すのはあとまわしー。

Tuesday August 9th at 9:00am: Barbara Fredrickson

Dr. Fredrickson is the Kenan Distinguished Professor of Psychology and Principal Investigator of the Positive Emotions and Psychophysiology Lab at the University of North Carolina. She is a leading scholar within social psychology, affective science, and positive psychology. Her research centers on positive emotions and human flourishing and is supported by grants from the National Institute of Mental Health.

Barbara’s research and her teaching have been recognized with numerous honors, including, the 2000 American Psychological Association’s Templeton Prize in Positive Psychology. Her work is cited widely and she is regularly invited to give keynotes nationally and internationally. She lives in Chapel Hill with her husband and two sons.

Friday August 12th at 9:00am: Kevlin Henney

Kevlin is an independent consultant and trainer based in the UK, known internationally for his speaking, writing, incidental humor and occasional insights. His software development interests are in patterns, programming, practice and process.

Kevlin is co‐author of A Pattern Language for Distributed Computing and On Patterns and Pattern Languages, two volumes in the Pattern‐Oriented Software Architecture series, editor of the 97 Things Every Programmer Should Know site and book, and has written many articles and columns..

Friday August 12th at 11:00am: Linda Rising

Linda Rising has a Ph.D. from Arizona State University in the field of object‐based design metrics and a background that includes university teaching and industry work in telecommunications, avionics, and strategic weapons systems.

An internationally known presenter on topics related to patterns, retrospectives, agile development approaches, and the change process, Linda is the author of numerous articles and four books‐‐‐Design Patterns in Communications, The Pattern Almanac 2000, A Patterns Handbook, and Fearless Change: Patterns for Introducing New Ideas, written with Dr. Mary Lynn Manns.

SPECIAL EVENTS

新しいTIPSやテクニック、プラクティスを学ぶよりも、あなたのキャリアが前進するものがあります。Agile2011の経験は、セッションを越え、カジュアルでオープンな環境で参加者は発表者が交流する手助けとなるすばらしい特別なイベントとともに、より広がるはずです。

First Time Attendee Orientation ‐ Sunday, August 7th at 3:15pm & 5:15pm

カンファレンススケジュールを少しでもよりしりたいのであれば、Agile2011のオリエンテーションセッションに参加してください。オリエンテーションは、初めての参加者に”101ガイド”を提供するようにデザインされています。ガイドには、経験を越えたものを手に入れる方法が入っています。また、何か見逃してしまったことも考え、Q&Aセッションも最後にはあります。参加には事前登録は必要ありません。そして、幾人かの参加者が出席されています。

The “Big Park Bench” Event ‐ Monday, August 8th at 6:00pm Reuniting and Celebrating the Authors of the Agile Manifesto

アジャイルマニフェスト誕生10周年を祝い、祝福するため、カンファレンスではとても特別なイベントを用意しました。アジャイルマニフェスト署名者16名が歴史的再開を行い、”The Big Park Bench Event”ステージに集まります。そして、彼らは観客の質問に答えたり、彼ら自身の視点を共有します。さらに、1週間のカンファレンスを通し、OpenJam内の”The Park Bench”において、署名者たちに会うことができます。

Open Jam ‐ August 7 – 12th, All Day and Night Producer: Steven “Doc” List and Rachel Davies

日曜日3:00PMから金曜日の12:30PMまで開催されます。Open Jamは、新しいアジャイルプラクティスやアイデアが集まり、質問や悩みを共有したり、エキスパートと話したり、ソフトウェアのデモを行ったりする場所です。

セッションは、一つのプログラムのように、フォーマルである必要はありません(実際に、OpenJamのセッションはとても楽しくできます)。あなたにとって極めて重要な問題や、アイデア、熱意、責任をOpen Jamに持ち込みましょう。今日のあなたに関係のあるトピックスに、新しい価値のある視点を与えてくれるはずです。だれでも情熱や責任がベースとなっているOpen Jamでセッションを開催することができます。

“The Park Bench” at Open Jam with Agile Manifesto Signatories ‐ August 9 – 12th

アジャイル開発のオリジナルビジョンは、1週間にわたる参加者の中に生まれると思います。そして、Open Jamの”The Park Bench”に、あなたと共に、彼らの視点やアイデアを残していきます。カジュアルでオープンな環境での、影響者であるリーダーたちとの出会いや交流といったユニークなチャンスを持ってかえりましょう。さらに、彼らのユニークな視点や歴史や経験を学び感じ取りましょう。

LiveAid Lab ‐ August 9 – 12th Producer: Bob Payne

リアルな成果物のある、ユーザプロジェクトのユニークなラボ体験を作ることを決めました。

高い品質を求めているコミュニティと共に、プロフェッショナルのアジャイル開発テクニックのような経験に、一緒に打ち込み努力することによって、小さなポジティブなチャンスを願っています。

LiveAidラボは、見返りなしのリアルなアジャイルプロジェクトに参加することを許しています。ラボは経験のあるメンターを配置しており、ラボに寄与し学ぶために、あなたの能力を最大限にサポートします。

全員招待します。

  • 1日10分の時間を参加によって寄付してください。LiveAidラボにあなたのスキルを提供してください。そして、非営利の組織のプロジェクトに協働して必要なだけ満たしてください。
  • 実行中のアジャイルプロジェクトを間近で見てください。プロジェクトの発展を一週間を通して、見て、学んでください
  • 目的のために寄付をお願いします

LiveAidラボの間、コードは開発されていき、プロジェクトの最後にデプロイされます。

Agile Alliance Members Meeting ‐ Wednesday, August 10th at 6:30pm

一年に一回のアジャイルアライアンスメンバーMTGがカンファレンス内で階差入れます。メンバーは招待され、出会い、聞いたり、アライアンスのビジネスについて、役員たちと討論します。ドリンクや飲み物も提供されます。

あなたが非会員でカンファレンスに登録したならば、1年のメンバーに登録されます。そして、われわれのNPO法人のプロジェクトやプログラムについて知るため、MTGに招待されるはずです。

SOCIAL NETWORKING EVENTS

In today’s market, networking has become more important than ever. Meet, interact and have fun with fellow conference attendees at the many social networking events.

Opening Reception ‐ Monday, August 8th at 7:00pm

Agile2011のオープニングナイトレセプションに参加しましょう。食事やドリンク、そして楽しさにみたされた夜になるでしょう。新しい参加者との会話や、古い友人との再会の後、産業の新しいニュースを知ることができるはずです。

Dinner with a Stranger ‐ Tuesday, August 9th at 7:30pm

交際やネットワーキングは、Agile2011全体を指しています。登録デスクに立ち止まり、8/9火曜日の”Dinner with a Stranger”にサインしましょう。用紙にある、近くのレストラン名の横に、あなたの名前を書き、”I’m a stranger”リボンをとってください。その夜、夕食で仲間となる参加者と出会い、すばらしい会話を楽しめるはずです。カンファレンスに毎年参加していたり、初めて参加しているなどは関係ありません。ディナーでは、リラックスし、一緒にあたらしい出会い、友人を作りましょう。このディナーは昨年素晴らしくヒットしたため、席数が限定されています。お早めに登録してください。

Sponsor Reception ‐ Wednesday, August 10th at 6:30‐9:30pm

商品を勝ち取りましょう!

今年のスポンサーレセプションで、ハンコが押されたAgile2011の参加賞を手に入れましょう。われわれのスポンサーは、アジャイルリーダーであり、産業のイノベーションを生み出しています。彼らの責任はカンファレンスの成功に必要不可欠です。そして、勉強会、地域のカンファレンスや学術的リサーチといった、アジャイルアライアンスのたくさんのプロジェクトを彼らはサポートしています。だから、そのかわりに彼らの出店をサポートします。彼らのブースを訪れ、最近の偉大なアジャイル開発を見つけ出してください。食前酒やお酒も楽しんでください。そして、パスポートスタンプを受け取り、豪華賞品を手に入れましょう!

Conference Party ‐ Thursday, August 12th at 7:00‐10:00pm

このパーティーは見逃さないでください!カンファレンスでは最後の夜にAgile2011パーティーを開催します。おいしい夕食や飲み物、ソフトウェアカンファレンスでは珍しいエンターテイメントと一緒に、驚くべきカンファレンス週間が終わります。

新しい友人や、古き仲間とリラックスして楽しんでください。