Agile2011の開催概要から登録方法まで – Attendee Conference Guideより

感想おまちしてます!

Screen shot 2011-02-27 at 5.29.13 PM
Agile Conference 2011のサイトに、Attendee Conference Guideというものがありました。

昨年、Agile Conferenceに言ったときは、調べる時間が全く無く、見に行くセッションすら調べていなかったため、いろいろ苦労をしました。今年は、このガイドを読んでおきたいと思います。

登録方法

Agile Conference 2011のサイトから登録ができます。トップページ右にある”REGISTER NOW FOR AGILE2011″から登録ができます。カードが使えるはずです。登録は4種類から選べます。

  • Alliance Member ($1549-$1999) — Agile Allianceメンバ−の料金で、一番これが安いです。Non-Memberで登録するぐらいであれば、Agile Allianceのページから年会費$100を支払うほうが、面倒ですが安くなります
  • Non-Member ($2149) — 上に書いたとおり、Agile Allianceメンバーになって登録するとよいでしょう
  • Group Pack ($1749) — 5人で登録する場合です
  • Academic ($899) — 学生の場合です。限定で$500の助成金もあるみたいですね

Super Early Birdは、期限はありませんが埋まり次第なくなっていくので、早めの登録がやはりお得です。

Agile2011について

Agile2011は、ユタ州スノーバードで書かれたアジャイルマニフェスト10周年を祝うというアジャイルソフトウェア開発において、とても特別な年を迎えます。アジャイルアラインアンスは、世界規模となったアジャイルプラクティスへの移行を祝うために、ソルトレイクシティにて、1600人の参加者を集め、Agile2011を開催します。

アジャイルカンファレンスは、年々成長しており、産業界をリードするイベントへと成長していきました。そして、このイベントは、世界中のAgileの実践者や学生、ビジネスマン、ベンダー、コミュニティメンバー、産業を牽引するアナリストを引きつけています。昨年は39カ国から1400人の参加者が集まりました。

アジャイルアプローチは、プロジェクトの期間中に素早くビジネスバリューを送り出すことに焦点をおいています。そして、緊急の要件を組み込むことを可能にします。1週間に渡るカンファレンス中、Agile2011は、最新の理論や、実務への適用、アジャイルメソッドの意味を探求します。

カンファレンスは、単に一つの方法論やアプローチではなく、XP、SCRUM、リーンやかんばん、同等にTDDやBDD、ペアプログラミング、ふりかえり、CIなどといった、アジャイル開発テクノロジーに関する情報交換の場を提供します。

我々のカンファレンスセッションは思想的リーダーやイノベーター、実践者、影響者、経験を共有する著者によって、知識や熱狂を積み重ねています。今年は、17のステージでスピーカー、クラス、ワークショップや特別なイベントを開催します。そして、毎日、毎夜、1週間を通して、広くオープンな、ユーザ主導のオープンジャムステージも設置します。オープンジャムに参加し、質問したり、論点や問題を解決したり、意見交換したり、、エキスパートや著者と会話したり、ソフトウェアのデモンストレーションしてください。そして、テクニック、経験など、あなた自身でセッションを開催してください。

そして、価値のあるコネクションやネットワークをを築くため、学ぶこと、コラボレーションすること、ブレーンストーミングすること、問題や解決方法を共有することといった刺激的な一週間をぜひ楽しんでください。同僚や上司、あなたのチームを誘って来て下さい。もちろん一人でもかまいません。古い友人や新しい仲間に会うことができるはずです。

グループで来ても一人できても、必ず初参加者ディナーに参加してください。地元のレストランでのディナーを通して、新しい友人や毎年参加している人に会うもっともいい方法です。そして、あなたがこの一年に一度のアジャイルカンファレンスに初めて参加するなら、たくさんのカンファレンス活動をナビゲートし、あなたの経験を最大限に生かせることができるように、オリエンテーションセッションもあります。

今年もたくさんの参加者が集まると予想されるため、お早めに登録をお願いします。

Agile Alliance について

Agile Allianceは世界中に6000人以上のメンバーを有するNPO法人です。Agile Allianceは、1年に1回のAgile Conferenceやワークショップ、会議、学術的リサーチを通して、アジャイル開発の原則やプラクティスの促進に全力を尽くしています。我々は、アジャイルアプローチが高い価値を早く提供し、ソフトウェア産業がもっと生産的、人道的、継続的になっていくと信じています。我々のプロジェクトやメンバー資産についてもっと知りたい方は http://www.agilealliance.org/ にアクセスしてください。

続く・・・