天体観測していた少年が宇宙飛行士への手紙を贈る

感想おまちしてます!

トリケラトプスに触りたい ふたご座でのんびり地球が観たい
笑った時間でできるかな 長いのかな短いのかな

世の中は思い通りにはいかない。わかっているけど、それがとても嫌なときがある。今はそんな時期だと思う。

BUMP OF CHICKENはとても好きなバンドで、最新アルバム「COSMONAUT」は毎日聞いている。
このアルバムを聞けば聞くほど、「天体観測」「プラネタリウム」「orbital period」と空を眺めていた少年たちが、宇宙へと旅立ち、愛する人へ手紙を送るという壮大なストーリーを感じてくる。

週末に、ある人にこんな質問をした。

「僕達がやるせない思いをするかわりに、僕らはそれ以上の数の誰かを幸せにしているのでしょうか?」

その人は「してないと思う」と言った。僕もそう思った。
ただ単純に、大切な仲間を守りたかったり、世の中をあっといわせるようなことをしたかったり、ただ単純に楽しみたいだけのことなのに、なかなか世の中はうまくいかない。「そいういうもの」だとはわかっていても「しかたない」というのにとても抵抗を感じてしまう。

そしていつか星になって また一人になるから
笑い合った過去がずっと未来まで守ってくれるから

それでもがむしゃらに何かに抵抗するような、BUMP OF CHICKENはそんな曲を奏でているから好きなんだろう。