デブサミ2011に初参加 day2 – Developer’s Summit 2011

感想おまちしてます!

DSC_0055

二日目もデブサミ2011参加しました。

本日参加したセッションは3つ。

  • 【18-C-1】なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか ~未知なるソフトウェアに形を与えよ~
  • 【18-A-2】次世代ジオロケーションサービスの開発手法
  • 【18-A-3】スマートフォン向けソーシャルアプリケーション開発の現在

【18-C-1】なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか ~未知なるソフトウェアに形を与えよ~

  • ソフトウェア製品の品質 第1部 品質モデル
  • 利用時には利用者によっていろいろな味方がある
  • プログラマの視点だと、最近では、クラスをテストする形ではなく、インスタンスをテストする形になってきている(UT、自動テスト)
  • アーキテクチャとは何か? 基本は分割と統合
  • 様々な人のビューポイントは異なるため、それらをつなぎ矛盾なくモデリングしたものがアーキテクチャ

概念がまだわかりにくい部分があるのだけれど、とても整理されていてすごくわかった気がしている。

  • マネージャとは「物事を正しくする」
  • リーダーシップとは「正しいことをする」
  • アーキテクトの記事よりも、PMの記事のほうが多い。PMは、火事場に飛び込んで何とかした・・といったヒーロー像があるが、アーキテクトは「そもそもそうならないように」するので、PMのほうがモテるのかも
  • 正しい方向に進めるのではなく、調整しながら真っ直ぐ走る by 母ケント
  • どのようにつくっていくかを考えると、「プロセス>構造>つくりたいもの>要求」と要求にいきつく
  • プロセスはガントチャート、構造はWBSにあてはまるはず
  • アーキテクチャ設計をしながら、実行と調整という形。アーキテクチャ設計部分はアーキテクト、実行と調整はPM
  • アーキテクチャが安定するとマネジメントが安定する
  • 最近では、同じアーキテクチャを使いまわすより、新しい技術で作り直したほうが効率的になる場合がある
  • Ajaxなどが難しい部分。テストがしにくい技術にはリスクがつきまとう

このあたりの説明で、アーキテクトとPMの役割が見えてきた。「ソフトウェアアーキテクトがいないと計画を立てられない=何をしていいかが分からない」というのは、逆に考えると、ソフトウェアアーキテクトなしの計画づくりは危険ということだろうか。

WBSを作るときに、PMとアーキテクトが一緒につくるほうがいいとのこと。また、「マネージャ作ったWBSからモノを作っていくのはフレームワークアーキテクト」というのもわかりやすい。一番印象に残ったのは「アーキテクトは父、マネージャーは母」。身近に母キャラの先輩がいらっしゃるのであとで共有。

  • アーキテクトは中立であり誰の味方でもない。その立場でバランスを取る
  • チーフアーキテクトの場合は、販売台数まで考える必要があり、全世界にアピールしてまわるという
  • スクラムやDDDで使うことと作ることをつなげることができる
  • マネジメントとしてのスクラム、アーキテクチャ設計としてのDDD

感想。

@yusuke_arclamp さんの発表はいつも面白い。そしてすごく面白くて、言語化出来ていない部分が整理されていく。毎度毎度ですがすばらしい。

【18-A-2】次世代ジオロケーションサービスの開発手法

Yahoo! Open Local Platformの話。

  • 国内の店舗は1/5が一年で入れ替わるため維持が困難。しかし、正確な情報も求められる
  • TextでもMapでも、IFがかわっても探されるジオロケーション情報は似ている
  • 探されるのは、やはり建物ばかり
  • YOLPは情報基盤。情報を入れることも取り出すことも可能
  • みんなで見れて、みんなで使える
  • 今は1100万レコード

感想。

位置情報にもとづいたメディアとして使えそうなAPI。Googleプレイス、foursquareなどいろんなサービスがあるけれど、まだどれが最強!とまで入っていないイメージ。そんな中、Yahooさんはプラットフォームを用意し、情報を集めようとしている。とても機能豊富なプラットフォームなので、今度いじってみる。

【18-A-3】スマートフォン向けソーシャルアプリケーション開発の現在

Andoroid、iPhoneといったアプリケーションの今を語るセッション。情報量がすごかった。いつ調べているのだろう・・・。

  • 年末のAndroidアプリは、去年のパソコン並みのCPUを積んでいるという。すごいスピードでスペックが上がっている
  • 今年一年がいろいろなわかれめになりそう
  • ゲーム要素のあるソーシャルアプリがトレンド(4sqなど)
  • アーキテクチャ比較の図が素晴らしい
  • GreeだとWebの更新が多いので、ネイティブアプリでWebをくるむかたちで作っている
  • Titaniumを使えば、Web技術でネイティブアプリを作ることができる
  • PhoneGapを使えば、Web技術でAndroid、iPhoneといったアプリを作ることができる。すごいな
  • Webに特化したものだとjQuery Mobile
  • クロスプラットフォームのデファクトがないので、今後の動向を見ていく必要がある
  • アプリのマネタイズについては、ダウンロード型から、アプリ内で課金>定額課金といろいろ増えてきた
  • 長期に考えるとHTML5だが、短期をみるとネイティブアプリがよさそう

@naoya_itoさんの発表をはじめてきいたけど、面白かった。ソーシャルアプリユーザしかない僕でも、作りたくなってきたもの。

今回は、ボリュームのある情報提供だったけれども、まだ「これきた!」というのがない状態でも、いろいろなTryをリリースしているGreeのエンジニア力を感じた気がする。