第11回すくすくスクラムに行ってきた

感想おまちしてます!

第11回すくすくスクラム?ユーザーストーリーはこう書け!?
社内ではなぜか「お前話せ」みたいな感じで発表したり、勉強会行った事ないのに勉強会をとりまとめたりしていますが、ちまたでいわれているモノホンの勉強会に行ってきました。
ワイクル角さんがスピーカーでした。
(動画:http://www.ustream.tv/recorded/4993458)
*
・ATDP/ATDD(あとで調べる。TDDだけではない)
・BDD(あとで調べる)
・TiDD(チケット駆動。これ日本初なのか)
・3C・・・カード、会話、確認
・ストーリーカード
・・以下で考える
・・・役割
・・・機能、性能
・・・ビジネス価値
・「役割として、機能や性能が欲しい、ビジネス価値があるから」で考える
・・役割から考える方法
・・・私は○○なので・・・から考える
・エレベーターテストステートメント(あとで調べる)
・・エレベータ内のわずかな間で交渉。これぐらいの単位がわかりやすい
・ODSC+RR(あとで調べる)
・・リクエストが大切そうだな
・エピック
・・このへんでよくわからなくなった
・・分解>それを実現してもうまくいかない
・・そのままがよい?
・・そういうときは、一回提案から離れる
・命令的ストーリー(うちの会社これだ)
・対話的ストーリー(こうなりたい)
・オープンクエスチョン
・アジャイルにおけるテストの図
・・これはわかりやすかった

・・↑の本がよいらしい>お気に入りした
・角さんはRedmine派らしい
・・バーンダウンチャートプラグイン真面目に作ろうと思ったりした
・・その前に社内に乱立したRedmineのデータ移行だ・・・
・その他気になったこと
・・小さなチーム、大きな仕事(Rails作った会社の話。へー本になったのか)

・・パワポの下にでていたRabbit0.6.2
・・同じ机の自然体の人
・・・アジャイルな見積りと計画づくり翻訳の角谷さん > 有名な方なんだー

・・川口さん
・・・動画の人(オギー以外ではじめてみた)
・・・多分、来週お会いするんだろうけど、川口さんであっているかは明日会社にいかないと分からない・・・
*
初めての勉強会感想。
・いきなりワークショップが始まるのでびっくりした > 自己紹介とかするかなーとおもったけど懇親会なのかな?
・参加者は勉強会慣れされているのか、なんかすごく違和感のある感じだった > これは自分の力不足
・久しぶりにすっごくおとなしく過ごした気がする。慣れなのか!?勉強会は不思議な感じ
・勉強会の常連さんは、人が話している時にiPhoneとか平気で触るんだな > これ嫌い
内容の感想。
・認定スクラムマスターまでくると、プロの臭いがする
・内容が難しくて、自分の中に落とせなかった。自分の特徴として理解するまでに時間がかかるので勉強不足
・よって、ワークショップと説明のつながりが見えにくかった > 続けて参加ですね
・ワークショップごとの振り返りもやってほしかった
人生、経験ですな。
面白い本や参考文献を教えてもらったから、それを読んでもう一度話を聞いてみたい。
アジャイル探しはまだはじまったばかりという感触。
がんばって勉強しようとこころに誓うのだった。

コメント

  1. ebacky より:

    すくすくスクラムに参加して頂き、ありがとうございます。
    すくすくスクラム主催者 ebacky です。
    >> いきなりワークショップが始まるのでびっくりした > 自己紹介
    そうですね。今回は角さんの希望で、自己紹介を割愛しました。
    理由は、その場だけの即興チームで、自己紹介している時間が勿体ない。それより、学ぶ時間を増やそうという観点で、割愛しました。
    >> 参加者は勉強会慣れされているのか
    そうでうかもしれません。案外、外の勉強会も世間が狭く、どこかの勉強会でお会いした事があります。みたいな感じになったりしています。
    すくすくスクラムの場合は、いつも半分くらいは常連の方で、半分くらいが新しく参加して頂く方になっています。
    >> 久しぶりにすっごくおとなしく過ごした気がする。
    居心地が悪かったでしょうか?
    「ここ配慮しろよ!スタッフ」みたいなご意見がありましたら、ご教示下さい。
    今回は、いつも以上に配慮がたらなかったので、スタッフも猛省しています。
    >> 勉強会の常連さんは、人が話している時にiPhoneとか平気で触るんだな
    私も同感です。なんだか適当に話を聞き流されているように感じて、私もあまり好きではありません。
    でも、これは人によると思います。勉強会常連の方でも人と対話している時は携帯を全く触らない方もいらっしゃいます。
    >> 内容の感想
    全ての方にご満足いく内容にするのは難しいので、ご容赦下さい。
    これは私の勝手な考えですが、講師やスタッフが勉強会の場で細かい事に時間をさかないように構成しています。
    なので、勉強会の場では、重要事項を伝えたり体感・体験して頂く事に注力しています。
    細かい疑問などは、懇親会や別途、講師やスタッフを捕まえて、お聞き下さい。というスタイルにしています。
    私も含めすくすくスクラムのスタッフの大半が、CSM(認定スクラムマスター)です。
    もし、今回のことやスクラムの事で、聞きたいんだけどなー。と思われたら、捕まえて聞いてみて下さい。
    私の知る範囲ですが、みんな優しく丁寧に説明して頂ける方ばかりです。
    ほんの少しの勇気を持って行動してみて下さい。みんなもあなたの声を待っていると思います。
    Best regards.

  2. ふじはら より:

    ebackyさんこんにちは。
    御丁寧なお返事ありがとうございます。
    スクラムの勉強をしはじめたばかりで、用語はしっていてもプラクティスや考え方、価値などのつながりがまだみえず、「ううう」という感じでした。
    ただ、居心地が悪いわけではなく、質問したいけど何を質問したらいいんだろう?何を自分はわかっていないんだろう?というところで悩んでいます。むーという感じですが、私の性格上、理解するまで考えるクセがあるので、もうちょっと勉強しよう!と思って、アジャイル本を買いあさっています。
    そして、面白い会だなーとも思いました。ワークショップ形式は一体感がありますし、やってみよう感がとてもよくわかりました。藤原も去年イベント開催を手伝うはめになって初めて気がついたのですが、開催側の配慮ってとても大変。その配慮をとても感じましたので。
    開催おつかれさまでした。またこりずに参加させていただこうと思っています。
    わざわざコメントありがとうございます。
    藤原も認定スクラムマスターを目指そうと思います。