Agile 2010 Keynote 「Agileの10年を振り返る」

感想おまちしてます!

詳細は@masayangさんのAgile2010 Day Twoがすばらしいです。
僕のは「適当に解釈」しています。

P1000889Dave Thomasさんによる「The Last 10 Years of Agile, a Retrospective」。「Agileの10年をふりかえる」がKeynoteでした。1000人規模の振り返りですね。@kuranukiさんが、今年、弊社で離してくださった内容にとても似ています。
アウトラインは以下。

  • 10年を振り返ってみましょう
  • The Grand Legacy Challenge
  • Lean Zen
  • Enterprise Agile – Agile in the large.
  • Beyond Agile 2010

10年を振り返ってみよう & The Grand Legacy Challenge

  • 2008年から2010年でアジャイルはキャズムを超えた
  • Agileツールが増えてきた
  • 職人主義に戻りつつある
  • 養成重要

重要と考えられる視点

  • ナレッジの共有
  • リスクを減らすこと
  • ストレスを減らすこと
  • 欠陥を防ぐ

これらのために、レビュー、インスペクション、ペアプログラミングという方法が使われているはず。

予測可能性(predictability)を成長させるために必要な要素は以下。

  • シンプルなワークフロー
  • 短いイテレーション
  • 協調的な見積り
  • シンプルで分かりやすい進捗管理

品質を上げるための要素は以下。

  • コミュニケーション
  • CI
  • TDD
  • まとまったチーム

生まれつきのリーダーシップ。

  • 自己組織化
  • リーダーシップ重要

生産性(productivity)。

  • MTGへらせー
  • 残業を減らす
  • コミュニケーション
  • ストレスを減らす

Lean thinkjing – The Zen of Agile

  • Leanはトップダウンアプローチ
  • 管理はバーンダウンチャート、UnitTestやストーリーの消化具合、ふりかえりレポートを利用
  • Testingはバグの欠如を知らせてくれるはず
  • テストをすることはお金の面でも経済的
  • ツールやメソッド以前にプラクティス = プラクティスファーストであるべき
  • Enterprise toolingではスケーラビリティが必要になってくる

Enterprise Agile – Agile in the large

組織構造の図が興味深い。
Management Leadership側は、従来の組織イメージに見えるけど、
Technical Leadership部分が重要になってきそう。これがクラフトマンシップ?

pic20100821A

  • 大規模への移行
  • アセスメント重要
  • 現実的な予想をしていく
  • システム変更計画ももりこんでいく
  • ガバナンス・キャリアもそろえていく
  • 基準の受け入れを考える
  • 大規模での見積り $ & days
  • アーキテクチャはロールやプラクティスであって職業ではな
  • インタフェースを設定する(APIやサービス化)

そういえば、Agile2010ではあまりアーキテクチャの話を聞かなかった気がする。テクニカルなセッションではかたられていたのかな?

Beyond Agile 2010

いよいよAgile2010の次を考えます。

  • 職人!
  • 教育とそのサポートが重要になってくる
  • ハイレベル言語をもっと表現豊かに利用する必要が出てくる
  • 変化のための設計 たとえばMore Data Drivenなど
  • リーダーシップと規律

*

キーになるノートというよりは、ふりかえりをもとに話をされているので、「じゃ次は?」というところがあまり見えてきてないです。Agile2010のTalkセッション全般に言えるのですが、事例紹介が元になっているため、それを持って返って自分なりに考えろということでしょうか?